楽天モバイルは審査落ちのない緩い格安SIMって本当?端末料金の分割も審査がないの?

格安SIMには審査がきつく通りにくい会社もありますが、楽天モバイルはクレジットカードがなくても申込みができると公言している珍しい会社です。

携帯ブラック…、クレジットカードが持てない…できるだけ安く月々の料金を抑えたい…人によって事情は様々ですが、楽天モバイルの詳細みていきましょう!

josei

楽天モバイルは3拍子揃った格安SIM!

楽天モバイルが格安SIMとして大人気を誇っているいる理由がわかります。

料金が安い
クレジットカードがなしでもOK(口座振替OK!)
審査がない

という3拍子揃った”来るもの拒まず”の懐の広い格安SIMだからです。

これは携帯電話会社をどこのしようか困っていた人には本当に助かることですよね。

ただし、ちょっとした気をつけるポイントや注意点などもあるのでしっかり確認しておきましょう!

arrow32-001楽天モバイル公式サイト

楽天モバイルの申込み条件って?審査はないの?

楽天モバイルには審査がありません。

公式サイトにあるチャットからでもいいのでカスターズセンターに問い合わせてみるとわかるのですが、「楽天モバイルでは審査を行っていません」という回答が返ってきます。

審査を行っていないというのは大げさかもしれませんが、審査が緩く申込みやすいというのを表しているのだと思います。

ただ、過去にひどい料金の滞納や未払いがある場合は断られることもまれにはあるようですが、ほとんどの場合は審査に問題なく通るようです。

しかし、審査ではなく申込み条件で引っかかってしまうと契約ができなかったり、楽天モバイルより問い合わせがあることがありますので以下を注意しておきましょう!

複数回線契約での申し込みには注意

楽天モバイルでは複数回線での申込みでは契約の前に問い合わせがある場合があります。

楽天モバイルでの複数回線での申込みで以下のような場合問い合わせがあることがあります。

point8_4キャンペーン等の特定期間において、同一名義による複数枚(最大5枚)の申し込みをした場合
point8_4また同一住所での異なる名義による複数のお申し込みについても、同一のユーザーとみなされる場合がある

つまり、複数回線を申し込む際には、キャンペーン時には同じ名義では最大5回線までで、同じ住所に住まれている人の申込みだと合計されることがあるということです。

楽天モバイルで過去に色々あった場合

規約などに違反してもそうですが、楽天モバイルを過去に申し込んで利用金の支払いを滞納したり、何らかの問題を起こしたことがある”前科”のある人は契約に至らない場合があります。

ただ楽天モバイルのような格安SIMでは過去の滞納は対象とはしていなく、あくまでも楽天モバイルでの滞納を対象としています。

ですので過去に楽天モバイルでサービスの停止を受けたり不正利用をしたことのある場合は審査に通らない可能性が高いということです。

利用できるデビットカードは以下の2種類

楽天モバイルでは格安SIMでは珍しく支払いに利用できるデビットカードは次の2種類です。

point8_4楽天銀行デビットカード

point8_4スルガ銀行デビットカード

これは公式サイトでしっかりと明記されている情報で、格安SIMとしては珍しいですよね。

この二つのデビットカード以外のデビットカードであれば申込みはできない可能性があるので注意が必要です。

josei

デビットカードでは口座に残高を入れておきましょう!

デビットカードでの申し込みの注意点として、利用している銀行の口座内には預金残高を入れておく方がいいでしょう。

最低でも初期費用・1〜2ヶ月分の月額利用料金・端末を購入費用ぐらいは入れておくといいでしょう。

というのもデビットカードは銀行口座からの直接引き落としになるので、引き落とし日に口座に残高がなければ料金の滞納扱いになってしまいかねません。

より確実に申し込むには、そういった部分にも対策をしておく方が後々面倒なことにならないのでおすすめです。

arrow32-001楽天モバイル公式サイト

楽天モバイルの審査に落ちた人っている?その理由は?

では楽天モバイルでは本当に契約条件を守れば絶対に審査に落ちないのでしょうか?

実は既に紹介して注意事項を守ったのにもかかわらず、審査に落ちて契約に至らなかったケースがあるのですが、多くの場合では「なんだ、そんなことで申し込めなかったのか」というのがほとんどなので理由を確認して再チャレンジすれば審査に通ったいう例は珍しくありません。

審査に落ちてしまう考えられる可能性のあるものを紹介していきます。

①20歳未満の未成年の申込み

楽天モバイルでは20未満の方の未成年者の名義での申込みができません。

審査が通らないというよりは申込み自体できなくなっています。

未成年の方が成人と偽って申し込んだ場合でも、本人確認書類やクレジットカード情報との照合で不備となって審査には通りません。

②支払いカードの情報の不備や誤入力

楽天モバイルではクレジットカードやデビットカードでの支払いが可能です。

本人名義のクレジットカードやデビットカードでの申し込みのみ可能となっています。

ですので申込者の名義と支払いクレジットカードの名義が一致していなければいけません。

例えば申込み名義を自分にしておいて、支払いのクレジットカードを保護者名義のものにしてしまっては審査には通りません。

必ず申し込み名義とクレジットカード名義を一緒にして申し込みましょう。

また、すでに紹介しましたが、楽天モバイルでは楽天銀行デビットカードとスルガ銀行デビットカードのデビットカードでの契約も可能ですが、それ以外のデビットカードでは申し込まない方がスムーズに契約が行えます。

これらのお支払い情報は特に虚偽記載、誤記他、手続き上不備がないようにすることがポイントです。

③申込者の入力ミス・楽天モバイル側のミス

申し込む段階で入力情報にミスがあると審査には通りません。

名前や住所、生年月日や性別など普段入力しなれている項目であっても確認を怠ってしまうと審査の段階で不備になってしまいます。

人間ですからミスはあって仕方のないことですが、これから申し込もうとお考えであればキチンと確認しておきたいですよね。

これはあまりないことですが、楽天モバイル側のミスというものもあります。

特にCMでのキャンペーン告知やたくさんの人が携帯電話をのりかえたり新しく購入する混雑期には、多くの申込み者が殺到するので、楽天モバイル側での審査のミスが落ちてしまいます。

これまで紹介してきた審査基準や落ちてしまう理由に該当しないのであればもう一度申し込むことで審査に通る可能性は大です。

josei

ほとんどの場合は情報の入力ミス!

楽天モバイルで申込みに至らなかったりするケースでは、お支払い時に利用するクレジットカードがマズかった以外では、ほとんどが情報の入力ミスです。

ネットで申込みを行う際は、パソコンでの入力に慣れていない場合であればゆっくりと何度も時間をかけて入力を行うようにするとミスも減るはずです。

また記載がないクレジットカードの種類やデビットカードの種類では申し込まないようにするのがいいでしょう。

未成年の方は残念ですが、親御さんに申し込んでもらうか20歳にになったら申し込むようにしてください。

arrow32-001楽天モバイルの一番お得な公式サイト

楽天モバイルには端末の分割払いに審査があるの?

楽天モバイルではセット販売されている端末の支払いに関してはちょっと注意が必要です。

分割払いに審査があるのではなく、分割払いのできる支払い方法が限られているということです。

楽天モバイルではクレジットカード・デビットカード・口座振替での支払い方法がありますが、端末の購入代金の支払いは口座振替ではできません。

残りのクレジットカードかデビットカードでのみ分割払いに対応してくれています。

その中での分割払いが可能なカードは

point8_4楽天カード
point8_4MASTER(マスター)カード
point8_4VISA(ビザ)カード
point8_4楽天銀行デビットカード(JCB)

となっています。楽天カード以外のJCBカードでは利用できませんので注意してください。

実は以前は楽天モバイルの端末料金の分割に対応しているのは楽天カードのみでした現在では上記のカードで端末の分割金を支払うことが可能です。

これで大丈夫!楽天モバイルに確実に申し込む方法

josei

楽天モバイルは審査が通る!申し込みできなかった場合は再度申し込んでみましょう!

今回ご紹介した契約基準や申し込みができないような理由に気をつければ楽天モバイルの審査に落ちてしまうことはほとんどありません。

手違いやミスはどの格安SIMにはよくあることなので、寛容に受け止めて新たに申込みましょう。

またご自身の誤入力や、支払い方法などはしっかりと確認するようにしてください。

一度申し込みを断られた場合でも審査に通った事例は非常に多く、「もう一度申込んでよかった」という意見は本当のよく聞かれます。

しっかりとルールを守った上で正しく申し込むようにしてくださいね。
arrow32-001楽天モバイル公式サイト


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。