革命的!楽天モバイルなら格安スマホ初の通話定額でデメリット解消!

格安スマホデメリット

格安スマホのデメリット!

はっきり言っておきましょう!
キャリアのスマホと比較して格安スマホ・格安SIMを使う際のデメリットは通話料金で高くなるという点です。

ほとんどのMVNO業者(つまり格安スマホ会社)は20円/30秒の通話料がかかります。

au・ドコモ・ソフトバンクではかけホーダイなどのプランがおよそ2700円で用意されていて、通話に関しては料金の加算がない特徴があります。

通話料に関しては月67.5分以上、1日1分以上電話する人にとってはキャリアの方がお得になる計算になります。

「なんだ、結局格安スマホは通話代で損するのか…」
そう思う人もいるかもしれませんがちょっと待ってください!

楽天モバイルが、通話定額を出しているのです!

楽天モバイルの通話定額

楽天モバイル通話定額

これを見た時私は初め、
「どうせIP電話で電波も安定してなくて聞き取りづらい通話が定額になっただけでしょ?」と疑いの眼差しでした。

IP電話っていうのはインターネット回線を使って通話を行うので、品質も良くなく通信環境によっては途切れ途切れで、ストレスたまるやつです。
LINEの無料通話が代表的で使えなくはないけど、普通の通話の方が絶対いいっていうあれです。

正直は私は絶対にMVNOで通話定額なんてでてこないよな〜って思ってました。
だって格安スマホの唯一の弱点なくなったら、こぞってみんなそっちに変えてしまうのでキャリアがそれは許さないだろうと思っていたからです。

ところがどっこい!
この革命的なMVNO初の通話定額が楽天モバイルで開始したのです!

これ正真正銘の音声通話で音声品質の保証もされています。
これキャリアでの今まで通りの通話が、定額でできると思っていただいて結構です。
楽天モバイルさんさすがっす!!

MVNO業者ではこれ初めてで唯一っていうことは頭の中に入れておいてください(現在)

5分かけ放題オプション

楽天モバイル5分かけ放題

ではこの通話定額はどんなオプションなのか確認しておきますと、

音声SIMを申し込んでいる人が選べる通話定額で
楽天でんわを使った5分以内なら国内ではであれば850円で使えるオプションになります。

他社からののりかえならもちろん電話番号はそのままですし、5分以降の通話料金も30秒10円と従来の格安スマホ各社の半額です。


他のMVNO業者を調べていると、
通話料は電話アプリを使って節約!とか言っちゃってますけど結局IP電話の通話だし、
同じ業者同士なら安くなったりするけど固定電話に電話するときは本当に不便ってことがあります。

例えば、デートで使うお店の予約したい時や、
実家の固定電話に電話するときなんていうのは本当にこのオプションは役立ちます!

そしてなんといっても「通話料気にせず電話ができる!」
っていう精神的苦痛が取り除かれることが一番のメリットではないでしょうか?

リミットは5分間っていうことだけ気を使えておけば料金加算されることは一切ありません。

肝心の料金ですが、楽天モバイルでお選びの通話SIMに+850円するだけです。
合計月額料確認しても10GBプランで4000円きっちゃってますからね。

楽天モバイル料金

一般的なユーザーは5GBで十分すぎますから、月額3000円。
同じ水準でキャリアで使おうとなると月額約7000円です。

その差額は月4000円!年間で何と48000円です!

楽天モバイル比較

浮いたお金で旅行に行こうがおいしいもの食べようが、貯金をしようがこれが全部あなたのお金になります!
もう一度言っておきます、格安SIM+通話定額は楽天モバイルだけなのです!

越えるべきハードルは通話が5分以内に収められるかどうかという点だけです。

まとめ

格安スマホ選びで、多くのぶちあたる壁は電話代です。

結局通話料が高くついて損するんでしょう?と思って泣き寝入りする人は本当に多いのです。

楽天モバイルはそんなデメリットを解消した唯一無二のMVNO業者です。

格安スマホを使って節約したいけど今まで通りに使いたいっていう人には一歩も二歩も抜きん出いているのが楽天モバイルです。
かゆいところに手が届くをまさに体現化しているありがたい業者なのではないでしょうか!

スマホ代を安くしたくて通話が5分以内でおさまるなら楽天モバイルで間違いありませんよ!

お申し込みはこちら→【楽天モバイル公式サイト】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。