mineo(マイネオ)ってSIMロック解除はいる?必要な場合と不要な場合の詳細

pak85_cutsaretasim20141025171502_tp_v

mineo(マイネオ)のSIMカードを利用して乗り換えるときって、スマホのSIMロック解除って必要なのでしょうか?

いままでauやドコモ、ソフトバンクのキャリアと呼ばれる大手携帯電話でスマートフォンを使ってきた方の場合、SIMロック解除などしたこともなければ聞き慣れない言葉かもしれません。

混乱してほしくないので結論から先に言っておくと、mineoの動作確認確認済み端末であればSIMロック解除は必要ありません。

mineoと現在のSIMカード挿し替えて設定を行うだけで使用することができます。



mineoでSIMロック解除の不要な場合とは?

josei

動作確認済み端末ならSIMロック解除不要!

mineoの動作確認済み端末であればSIMロック解除は不要です。

しかしここで気をつけておきたいのは、マイネオにはドコモの回線を利用したDプランと、au回線を利用したAプランがあるということです。

後ほど解説しますが、auの動作確認済み端末はauプラン(Aプラン)、docomoの動作確認済み端末はドコモプラン(Dプラン)での利用が原則となっています。

ですので基本的には、auで使っていたスマホをmineoでそのまま利用する場合はAプラン、ドコモで使っていたスマホをmineoでそのまま利用する場合はDプランということになります。

ここを勘違いしてしまう人も多いようなので注意してください。

arrow32-001D(docomo)プランの動作確認済み端末はコチラ

arrow32-001A(au)プランの動作確認済み端末はコチラ

arrow32-001お得な申込みページからも一括で確認できます。

SIMロックが不要のmineoの動作確認済み端末とは?

では、そのもそも動作確認済み端末とは何なのでしょう?

動作確認済み端末とは、mineoのSIMを挿しても利用できることを確認できた端末のことです。

mineoなどの格安SIM(MVNO)と呼ばれる会社は、ドコモやauから電波を借りて私たちにサービスを提供しています。

その格安 SIM(MVNO)が利用している電波の周波数と、利用する端末が対応している周波数が一致していないとその端末は使えないということになってしまうんですね。

せっかくmineoのSIMカードを契約して手元に届いたのに、持っている端末には未対応だと使えないなんてことになりかねません。

だからこそmineoのSIMカードを申し込んだあとには、動作確認済み端末にSIMカードを挿し込まないといけないというわけです。

SIMロック解除が不要な場合のメリットは?

SIMロック解除が不要な場合のメリットは、いま使っている機種(スマートフォン)をそのまま使えるので、面倒な引き継ぎ作業が必要ないということです。

たとえば、電話帳やLINE、そのほかアプリなどを再ダウンロードする必要はありません。

端末はそのままでSIMカードのみを入れ替えるだけなので、現在の仕様と全く変化なく利用できるということです。

mineoにのりかえた際に LINEや電話帳やゲームアプリなどの引き継ぎが不安で躊躇している人も多いようですが、「これでのりかえられたの?」というほど簡単です。

また中古端末を購入した場合であっても、SIMロック解除不要な動作確認済み端末であればそのままの利用が可能です。

だからこそ今、ドコモやauなどのキャリアからmineo(マイネオ)に乗り換えている人が多いんですよね。

arrow32-001mineo(マイネオ)のお申込みはコチラ

mineoでSIMロック解除の必要な場合とは?

ではmineoのSIMカードを挿して端末を使う際に、SIMロック解除が必要となる場合はどういったケースなのでしょうか?

①auVoLTE対応のSIMをご利用の場合

auでVoLTE対応のSIMを利用している場合は、SIMロック解除が必要です。

どうしてVoLTE対応のSIMだけがSIMロック解除が必要なのかははっきりとはしていませんが、auがMVNOと呼ばれる格安SIMにのりかえられないためのささやかな抵抗といわれています。

VoLTE(ボルテ)は、”Voice over Long Term Evolution”の略称で、LTE(データ回線)で「高音質通話」や「高音質高画像のビデオ通話」ができる技術・サービスです。

mineoでVoLTE対応のSIMを利用する条件

point8_4auにてSIMロック解除の手続きが必要

point8_4SIMロック解除手続きは、2015年5月以降販売されたものが可能

point8_4さらに購入から180日以上経過したものが可能

※注意:SIMロック解除の条件に関しては2017年8月1日より変更がありましたので後ほど記載させていただきます!

つまりmineoでVoLTE対応のSIMを利用するには、auで条件にあてはまった状態でSIMロック解除をしてからではにないと利用できないということです。

②ドコモからau(A)プラン、auからドコモ(D)プランを利用する場合

次にSIMロック解除が必要なケースは、docomoからののりかえでmineoのauプランです。

A)プランもしくは、auからののりかえでmineoのドコモ(D)プランにのりかえる場合です。

はっきりいってこののりかえ方法はよっどの理由がない限りおすすめはしません。

というのも当たり前のことなのですが、mineoでは、動作確認済み端末での利用が推奨されていて、この方法での乗り換えはあまり歓迎されていません。

動作確認端末以外での利用については動作保証されないため使えなくても誰にも文句をいえないということになります。

面倒なことはせずにストレートにのりかえる方がおすすめです。

③SoftBankからmineoにのりかえる場合

ソフトバンクで購入したスマートフォンは原則的にそのままmineoでは使えません。

これにはSIMロックがかかっているため、auやドコモではもちろんmineoではつかえません。

ですので、ソフトバンクからmineoに機種そのままで乗り換えるにはSIMロック解除が必要となります。

SIMロック解除ができる条件と大手キャリアのSIMロック解除方法

au、NTTドコモ、ソフトバンクの大手キャリアと呼ばれる携帯電話会社のSIMロック解除の方法を確認していくのですが、その前にSIMロック解除できる条件も確認しておきましょう。

auでのSIMロック解除の条件と方法

・auでのSIMロック解除の条件

SIMロック解除をする前に確認しておかなければいけないのは、お使いの機種がSIMロック解除機能を搭載した製品かどうかということです。

auのSIMロック解除の条件が変更になりました!

auでのSIMロック解除の条件は2017年から次のように変更になっています。

対象 変更後の条件 変更実施日
分割払いで機種を購入 機種購入日より101日目以降より手続き可能 2017年
8月1日(火)〜
一括払いで機種を購入 一括払いの支払い確認後より手続き可能 2017年
12月1日(金)〜

※一括払いの場合、2017年8月1日〜2017年11月30日までは機種購入日から101日目以降より手続き可能
※契約者本人の購入履歴がある場合のみ手続き可能(2017年12月1日から)

つまりSIMロック解除の条件が緩和されたということですよね!

過去に対象回線でSIMロック解除の経験がある場合には、2017年12月1日(金)以降であれば、前回のSIMロック解除受付日から101日目以降である場合は、機種購入日から100日以内でもSIMロック解除が可能となっていますよ!

ただし、機種一括払いや機種代金の分割払いの残債を全て清算した場合でも支払いが確認された以降の手続きが可能となります。

またau購入サポート等が適用されている機種では、2018年1月以降(予定)、購入日から100日以内の場合はSIMロック解除の手続きができないので注意が必要です。

なお、上記の変更は2015年4月23日以降に発売された機種のみで、2015年4月までに発売された機種は、SIMロック解除機能搭載であればが購入日可能です。

auでは解約済み製品のSIMロック解除の手続き可能期間は、解約後100日以内となっていますので注意してください。

・auでのSIMロック解除方法

手続き方法 料金 手順や受付時間
Webから 無料

auお客さまサポートから手続き

受付時間:24時間

auショップにて 3,000円
(税別)

対象端末とご本人様確認書類を持参。

受付時間:店舗営業時間に準じます

NTTドコモでのSIMロック解除の条件と方法

・ドコモでのSIMロック解除の条件

ドコモでのSIMロック解除の条件が変更になりました!

ドコモでのSIMロック解除の条件は2017年から次のように変更になっています。

対象 変更後の条件 変更実施日
分割払いで機種を購入 機種購入日より100日が経過した日より手続き可能 2017年
5月17日〜
一括払いで機種を購入 機種購入日から手続き可能 2017年
5月17日〜

※一括払いの場合、2017年8月1日〜2017年11月30日までは機種購入日から101日目以降より手続き可能
※契約者本人の購入履歴がある場合のみ手続き可能

つまりSIMロック解除の条件が緩和されたということですよね!

過去に対象回線でSIMロック解除の経験がある場合には、2017年12月1日(金)以降であれば、前回のSIMロック解除受付日から101日目以降である場合は、機種購入日から100日以内でもSIMロック解除が可能となっていますよ!

ただし、機種一括払いや機種代金の分割払いの残債を全て清算した場合でも支払いが確認された以降の手続きが可能となります。

また端末購入サポートなどが適用されている機種では購入日から100日以内の場合はSIMロック解除の手続きができないので注意が必要です。ただし端末購入サポート解除料を支払えばSIMロック解除が可能となります。

なお、上記の変更は2015年5月1日以降に発売された機種が対象で、2015年4月までに発売された機種は、SIMロック解除機能搭載であれば購入日から可能です。

ドコモでは解約済み製品のSIMロック解除の手続き可能期間は、解約後100日以内となっていますので注意してください。

・ドコモでのSIMロック解除方法

手続き方法 料金 申込み方法
Webから 無料

My docomoから手続き

受付時間:24時間

電話から 3,000円
(税別)
ドコモケータイから:151
一般電話から:0120-800-000
受付時間:9:00~20:00
ドコモショップにて 3,000円(税別)

対象端末とご本人様確認書類を持参。

受付時間:店舗営業時間に準じます

ソフトバンクでのSIMロック解除の条件と方法

・ソフトバンクでのSIMロック解除の条件

SIMロック解除の条件が変更になりました!

ソフトバンクでのSIMロック解除の条件は2017年から次のように変更になっています。

対象 変更後の条件 変更実施日
分割払いで機種を購入 機種購入日より101日目以降より手続き可能 2017年
8月1日(火)〜
一括払いで機種を購入 一括払いの支払い確認後より手続き可能 2017年
12月1日(金)〜

※一括払いの場合、2017年8月1日〜2017年11月30日までは機種購入日から101日目以降より手続き可能
※契約者本人の購入履歴がある場合のみ手続き可能

つまりSIMロック解除の条件が緩和されたということですよね!

過去に対象回線でSIMロック解除の経験がある場合には、2017年12月1日(金)以降であれば、前回のSIMロック解除受付日から101日目以降である場合は、機種購入日から100日以内でもSIMロック解除が可能となっていますよ!

ただし、機種一括払いや機種代金の分割払いの残債を全て清算した場合でも支払いが確認された以降の手続きが可能となります。

また一括購入割引などが適用されている機種では購入日から100日以内の場合は、SIMロック解除の手続きができないので注意が必要です。

なお、上記の変更は2015年5月1日以降に発売された機種が対象で、2015年4月までに発売された機種は、SIMロック解除機能搭載であれば購入日から可能です。

ソフトバンクでは解約済み製品のSIMロック解除の手続き可能期間は、解約後90日以内となっていますので注意してください。

・ソフトバンクでのSIMロック解除方法

手続き方法 料金 手順や受付時間
Webから 無料

My SoftBankから手続き

受付時間:24時間

ソフトバンクショップにて 3,000円
(税別)

対象端末とご本人様確認書類を持参。

受付時間:店舗営業時間に準じます

josei

できればSIMロック解除不要のプランを選んで仕方ない場合ははSIMロック解除!

ややこしい手間や面倒な手続きが苦手な人はできれば、SIMロック解除の必要のないプランへのりかえましょう。

mineoにはau回線でもdocomo回線でも契約できるマルチキャリアというメリットがあります。

その利点を生かしてどうしても、回線を変更したければ端末を機種変更するタイミングに合わせてプラン変更なんて手もあるんですよ。

なのでとりあえずはストレートに同じ回線のプランでのりかえてみてはいかかがでしょうか?

またauのVoLTE対応SIMを利用したい場合やソフトバンクからの乗り換えではSIMロック解除は避けては通れません。

やってみると意外に簡単だったりするのでチェレンジしてみてくださいね!(お近くの店頭に行くとしてくれます)

arrow32-001mineo(マイネオ)の一番おトクなお申し込みはこちら


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。