一番お得にソフトバンクの解約やMNP転出のベストなタイミングを徹底伝授

%e3%82%bd%e3%83%95%e3%83%88%e3%83%90%e3%83%b3%e3%82%af%e8%a7%a3%e7%b4%84%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0

ソフトバンクの解約は他のキャリア(auやドコモ)と違って特殊です。

SoftBankをベストなタイミングで解約したり、そのまま他社へののりかえ(MNP)を検討している方は多数いらっしゃると思います。

「ソフトバンクを変なタイミングで解約すると、違約金が発生しちゃうんじゃないの?」

「解約して乗り換えた方がお得だってわかっているけど、そのタイミングですれば損しないのかわからない…」

「そもそもMNPって難しそう…」

といった色んな疑問や不安が浮かんでくると思います。

でも実際は全く難しくもめんどくさくもないんです。

むしろこんな単純な作業で携帯電話代が安くなるんだ!と楽しくなるぐらいです。

私の場合もSoftBankからMVNOと呼ばれる格安SIM(格安スマホ)にのりかえましたが、私の場合は全てウェブ上で行うことができました。といってもパソコンが苦手な人でも簡単にできる作業のみです。

コツとタイミングさえ掴んでしまえば、料金の高いソフトバンクを卒業して損をせずにのりかえることができるのでぜひ確認してみてくださいね。

そしてソフトバンクユーザーがもっとも頭を悩ます、ソフトバンクから格安SIMへのもっともおすすめの乗り換え先もご紹介したいと思います!

ソフトバンクを解約するベストなタイミングとは?

ソフトバンクを損をせずに解約をしようと思うと、「契約更新月」と「締め日」「契約解除料金」というものをまず覚えておく必要があります。

STEP1:2年縛りを確認して契約更新月をチェック

ソフトバンクでベストなタイミングで解約をしようと思うとまず、契約更新月がいつなのかをチェックしておく必要があります。

ソフトバンクをはじめとするキャリアとの契約には、長期割引を受けられる代わりに途中解約時には違約金が課せられるいわゆる「2年縛り」があります。

2年間つまり24ヶ月間はソフトバンクを利用し続けて、25ヶ月目に解約しなければ違約金が発生するというものです。

この違約金の発生しない月のことを、契約更新月といいます。

SoftBankでは契約が満了した翌月の25ヶ月目に加えて26ヶ月目の2ヶ月間が契約更新月となっています。

契約更新月の確認の方法

この契約更新月はMySoftBankよりログインして確認することができます。

1.My SoftBankへアクセス

2.「料金プラン」欄の下に「更新月」欄がないかを確認
※「更新月」欄がない場合は、「料金プラン」欄内に更新月が記載されています。
※「更新月」欄がなく「料金プラン」欄にも更新月の記載がない場合は、契約更新月がない(契約解除料が発生しない)契約です。
softbank%e5%a5%91%e7%b4%84%e6%9b%b4%e6%96%b0%e6%9c%88

STEP2:締め日はいつなのかをチェック

次にSoftBank特有なのが、締め日がそれぞれユーザーによって異なるということです。

締め日は3種類にわかれていて、10日締め、20締め、末日締めがあります。

例えば11月から12月の1ヶ月間の利用分の場合だと以下のようになります。

締め日 利用期間
毎月月末 11月1日〜11月30日
毎月10日 11月11日〜12月10日
毎月20日 11月21日〜12月20日

ソフトバンクの中ではこの締め日は「ご請求締日」とされていてMySoftBankから確認することができます。

締め日の確認方法

1.締め日を確認したい携帯電話番号で MySoftBank にログインします。

2.サービス一覧から「ご請求書(内訳)の確認」を選択します。

3.「請求締日」で確認ができます。

STEP3:契約更新月以外には契約解除料がかかることを知っておく

そしてソフトバンクをベストなタイミングで解約するために覚えておきたいのは、すでにチェックした契約更新月以外の解約では契約解除料と呼ばれる解約金(違約金)がかかるということです。

この2年契約の場合の契約更新月以外での契約解除料金は以下のようになります。

iPhone 9,500円(税抜)
SoftBankスマホ
ケータイ
iPad/タブレット
モバイルデータ通信
みまもりケータイ
フォトビジョン 9,334円(税抜)
その他の製品 9,500円(税抜)

josei

結局SoftBankのベストな解約タイミングは?

以上のことを確認できたら、ソフトバンクのベストなタイミングを導き出すことができます。

まず月単位での期間としてのタイミングとしては、契約満了の翌月からの契約更新月にあたる2ヶ月間ということになります。

この期間は契約解除料金である違約金の9,500円はかかりません。

また日単位での期間としてのタイミングは、余裕をもって締め日の5日〜10日前ということになります。他社へMNPするならなおさらで、締め日の直後に解約をすると一番損をしてしまいます。

これには解約の日割りが関係してくるので要注意です。

つまり”契約更新月”でなおかつ”締め日の5日〜10日前”(完全解約なら直前でもOK)ということになります。

ソフトバンクの解約月の日割りについて

損をせずに解約するためには解約月に日割りが適用されるのかどうかも知っておかなければなりません。

プラン名 日割り
料金プラン
(基本プラン)
スマ放題/スマ放題ライト なし
ホワイトプランなど あり
パケット定額サービス
(データ定額)
スマ放題/スマ放題ライト なし
ホワイトプランなど なし

多くの人が申し込んでいるホワイトプランの場合、料金基本プランの日割りはあっても、パケット定額に日割りはありません。

これはどういうことかというと、先ほどの締め日の直後に解約をしてしまうと損をしてしまうということを表しています。

そしてできるなら日割りのないパケットは、使い切って解約した方が損をしないということになります。

ソフトバンクを解約後の機種代金の支払いはどうなるの?

ソフトバンクで機種代金を分割払いに設定している場合、残りの機種代金の支払いはどうなるのでしょうか?

機種代金の分割支払い期間は2年に設定されているため、2年以上の契約期間を過ぎている場合ではもちろん機種代金を支払う必要はありません。

しかし、2年以内に解約をする場合は、機種代金の残金があるので支払う必要があります。

この場合は機種残金を一括で支払うこともできますし、そのまま続けて分割で支払うことも可能です。

ソフトバンクを解約したらポイントはどうなるの?

またソフトバンクを解約する時に気になるのは、ソフトバンクで貯めたポイントはどうなるの?ということです。

残念ですがソフトバンクポイントは消滅して消えてしまいます。

ソフトバンクではポイントプログラムとして毎月の通話や通信などの利用料金が1,000円5ポイントとしてT-POINTとして貯まります。

ソフトバンクポイントは解約すれば消えてしまうのですが、TポイントはTカードとの連携をしていれば貯まったTポイントはソフトバンク以外でも他の加盟店で利用することが可能です。

またポイントの使い道として以下の方法があります。

ポイントの利用方法 利用可なポイント
毎月の通信料 Tポイントのみ
機種代金の支払い Tポイント/ソフドバンクポイント合算可
機種の修理代金 Tポイント/ソフドバンクポイント合算可
オプション品代金 Tポイント/ソフドバンクポイント合算可
カタログギフト Tポイント/ソフドバンクポイント合算可
Tポイント提携店
で利用
Tポイントのみ
募金 ソフトバンクポイントのみ

ですのでソフトバンクポイントは解約までに使い切るようにして、T-POINTは必要に応じて使うことがおすすめです。

特に機種代金の残債などが残っている場合はポイントを使ってできるだけ支払いをしてしまうのがいいのではないでしょうか。

ソフトバンクを電話やネットで解約(MNP)する方法

ソフトバンクを解約するという多くの場合はMNPなると思います。

MNPというのはいままで使っていた、携帯電話番号をそのままで他社にのりかえること、ナンンバーポータビリティを略してMNPといいます。

これには特別にソフトバンクの解約手続きは必要なく、MNP予約番号という番号を取得の上で、乗り換え先の携帯電話会社と契約をすれば自動的にSoftBankと解約できる仕組みになっています。

SoftBankでのMNP予約番号を取得方法

ソフトバンクを解約をするにはMNP予約番号を取得する必要があります。

この一連の流れをMNP転出といいます。(乗り換え先で契約手続きをするときはMNP転入といいます。)

ここでの注意点はMNPをするために必要なMNP予約番号には、有効期限があるということです

その有効期限は15日となっていてそれ以内に他社携帯電話会社で手続きを行わなければいけません。

ですのでMNP予約番号が取得できたらできるだけ早く他社へのMNPの手続きをはじめましょう。

MNP予約番号の取得の方法は以下のように行います。

ソフトバンクをご利用の場合

ソフトバンク携帯電話から:*5533
固定電話から:0800-100-5533
受付時間:9:00~20:00

Yahoo!ケータイから
[ TOP ] → [ 設定・申込(My SoftBank) ] → [ 各種設定手続き ]
受付時間 : 9:00~21:30

ディズニーモバイルをご利用の場合

ソフトバンク携帯電話から:*5533
固定電話から:0800-100-5533
受付時間:9:00~20:00

Disney Webから
[ TOP ] → [ 設定・申込 ] → [ 各種設定手続き ]
受付時間 : 9:00~21:30

SoftBankの機種を他社でそのまま使う場合のSIMロック解除の方法

では次にSoftBankで使っていた機種をそのままで他社にのりかえる(MNP)する場合の方法です。

これにはSIMロック解除という作業が必要で、SoftBankしか使えなかった機種のロックを解かなければいけません。

そうでないとソフトバンクで使っていた機種はそのまま他社では使えません。

ソフトバンク機種のSIMロック解除を行う方法

ソフトバンクで今使っているスマートフォン機種のSIMロック解除の方法の説明です。

SIMロック解除とは、SIMとは「Subscriber Identity Module」の略で簡単にいうと、ソフトバンクで購入した機種でも他社のSIMカードを使えるようにする設定です。

SIMロック解除をする前の確認

SIMロック解除をする前に確認しておかなければいけないのは、お使いの機種がSIMロック解除機能を搭載した製品かどうかということです。

2015年5月以降に発売された機種(SIMロック解除機能を搭載したものに限ります)のSIMロック解除は、購入日より181日目以降に可能となります。

購入日より180日以内の場合、SIMロック解除の手続きができないことになっています。

SIMロック解除の条件が変更になりました!

ソフトバンクでのSIMロック解除の条件は2017年から次のように変更になっています。

対象 変更後の条件 変更実施日
分割払いで機種を購入 機種購入日より101日目以降より手続き可能 2017年
8月1日(火)〜
一括払いで機種を購入 一括払いの支払い確認後より手続き可能 2017年
12月1日(金)〜

※一括払いの場合、2017年8月1日〜2017年11月30日までは機種購入日から101目以降より手続き可能
※契約者本人の購入履歴がある場合のみ手続き可能

つまりSIMロック解除の条件が緩和されたということですよね!

過去に対象回線でSIMロック解除の経験がある場合には、2017年12月1日(金)以降であれば、前回のSIMロック解除受付日から101日目以降である場合はは機種購入日から100日以内でもSIMロック解除が可能となっていますよ!

ただし、機種一括払いや機種代金の分割払いの残債を全て清算した場合でも支払いが確認された以降の手続きが可能となります。

また一括購入割引などが適用されている機種では購入日から100日以内の場合はSIMロック解除の手続きができないので注意が必要です。

なお、2015年5月以降に発売された機種のみSIMロック解除が可能です。

また、解約済み製品のSIMロック解除の手続き可能期間は、解約後90日以内となっていますので注意してください。

SIMロック解除を搭載した製品
(2015年5月以降発売)
iPhone iPhone7、iPhone7Plus、iPhoneSE、
iPhone6s、iPhone6sPlus
スマートフォン シンプルスマホ3、DIGNO F、Xperia X Performance、AQUOS Xx3、AQUOS Xx2 mini、AQUOS Xx2、Nexus 6P、Xperia Z5、AQUOS CRYSTAL 2、AQUOS Xx、Xperia Z4、Galaxy S6edge

SIMロック解除方法

1、SIMロック解除をする携帯電話番号でMy SoftBankにアクセス(My SoftBankはこちら

2、SIMロック解除をする端末の製造番号(IMEI番号)を入力し「次へ」を選択
製造番号の確認方法

3、製造番号(IMEI番号)と機種名を確認し、「解除キーを発行する」を選択

4、SIMロック解除キー発行完了※SIMロック解除キーを紙などに控えましょう。

※iPhone/iPad のSIMロックを解除する場合は、解除キーは発行されません(解除キー不要)。

解除キー発行だけではSIMロック解除は完了していません。続けて以下の解除方法の操作を行います。

5、他社で発行したUSIMカードを機種に挿入し電源をONにする

6、SIMロック解除キー入力画面が表示されるのを確認

※iPhone/iPad の場合は、解除キーの入力は不要です。ネットワークに接続するとSIMロックの解除が完了します

7、SIMロック解除キーを入力し「ロック解除」を選択

8、SIMロック解除完了

josei

店舗でSIMロック解除してもらうと有料!

ここで気をつけておきたいのが、このSIMロック解除を店舗でしてもらうと3,000円(税抜)の有料だということです。

一方でネット上のMySoftBankからSIMロック解除を行えば無料です。

なんだか理不尽な気はしますが、SoftBankでのルール上はそのような料金規定になっています。

だからこそ自分でMNPの準備から必要であればSIMロック解除をしたいですよね。

ソフトバンクから格安SIMへMNPのりかえ問題を全解決

以上のようにソフトバンクでの解約のタイミングや注意点、MNP方法やSIMロック解除を確認したあとは”のりかえ先の決定”です。のりかえ先のMNPすることをMNP転出といいます。

ソフトバンクからauやドコモといったキャリアにのりかえる場合は、店舗にいってMNPのりかえをすればいいのですが、格安SIMに乗り換えたい場合も多いはずです。

ただ、ソフトバンクには格安SIMにのりかえる際には、ちょっと壁があるのも事実です。

point8_4のりかえ(MNP)先の格安SIMはどこがいいの?
point8_4機種はそのままでのりかえられるの?
point8_4やっぱりスマホを買い換えないといけないの?

こういった疑問の根本の原因にあるのは、ソフトバンクが提供する回線を利用したMVNOが少数だからです。

ドコモからののりかえならドコモ系MVNOにのりかえれば済むのですが、ソフトバンクでは一筋縄ではいきません。

しかし条件を絞っていきさえすればソフトバンクからでも格安SIMに乗り換えるのは全然難しいことではありません。

ソフトバンク系回線の格安SIM(MVNO)を比較

ソフトバンク系の回線を使った格安SIMは次の通りです。

ソフトバンク”系”となっているのは、ソフトバンクのセカンドキャリアのワイモバイルの回線を使ったMVNOがあるためです。

point8_4nuroモバイル
point8_4QTモバイル
point8_4b-mobile
point8_4U-mobile
point8_4Hitスマホ
point8_4Y!mobile
point8_4ロケットモバイル

現在は多くのソフトバンク回線の格安SIMが登場していて、以前に比べるとソフトバンクユーザーがそのまま格安SIMへのりかえやすくなっています。

nuroモバイルもソフトバンク回線があるけどプランの少なさが気になる

nuroモバイルはソニーネットワークコミュニケーションズが提供する格安SIMです。

プランはシンプルでわかりやすいのですが、ソフトバンク回線に関してはプランの種類が少なく物足りなさを感じます。

point8_4nuroモバイルのソフトバンク回線のプラン

nuroモバイルは本来はドコモ回線を利用してきた格安SIMなので、ドコモ回線でのプランでは1GB刻みにシンプルなプランを用意しています。

一方で、ソフトバンク回線に関しては、2GBと5GB容量のプランがそれぞれデータ専用と音声通話対応があるだけで、プランの選択範囲は乏しくなっています。

またドコモ回線のプランの方には、1日で使う時間を選ぶプランも用意されているのですが、ソフトバンク回線のプランにはこれはなく選択の幅は少なくなっています。

arrow32-001nuroモバイルの公式サイトはコチラ

U-mobile(ユーモバイル)ならソフトバンクのiPhoneがSIMロック解除なしで使えけど音声通話なし!

ソフトバンクのiPhoneを利用していた方にはすっごく朗報なのですが、2017年3月より業界ではじめてU-mobileソフトバンクのiPhoneをSIMロック解除なしで利用できる格安SIMとなりました。

実は今までソフトバンクはMVNOと呼ばれる格安SIMへの回線の提供を積極的には行ってきませんでした。

しかしこの度からソフトバンクのMVNOという形でiPhoneを格安SIMでしかもSIMロック解除をせずにSIMカードを入れ替えるだけで利用できる運びとなりました。

プラン名はU-mobile  Sという形で提供されていて、詳細は次のようになっています。

point8_4利用可能なソフトバンクのiPhone

動作
確認
SIMサイズ SIMロック
解除
iPhone3G ×
iPhone3G ×
iPhone4 ×
iPhone4s ×
iPhone5 nanoSIM 必要無し
iPhone5c nanoSIM
iPhone5s nanoSIM
iPhone6 nanoSIM
iPhone6 Plus nanoSIM
iPhone6s nanoSIM
iPhoneSE nanoSIM
iPhone7 nanoSIM
iPhone7Plus nanoSIM

つまりiPhone5以降のソフトバンク版のiPhoneであればSIMロック解除の手続きを踏まえなくてもそのまま利用することが可能ということになります。

point8_4料金プラン

U-mobileS
容量 月額料金 最低利用
期間
1GB 880円 なし
3GB 1,580円
7GB 2,980円
30GB 4,980円

josei

ただし注意点があります!

ソフトバンクのiPhone5以降ならSIMロック解除をすることなく利用できるU-mobileですが注意点があります。

それは現在のところU-mobileのソフトバンクプランであるU-mobile Sはデータ専用プランであるということです。

データプランであるということは音声通話の引き継ぎができないため、電話番号をそのままで使えるMNPではのりかえできないということです。

そういったことを踏まえてデータ専用でもソフトバンクのiPhoneを利用したい場合にはU-mobileが手間や料金など考えた場合には、公式サイトでは現在キャンペーンも行われていますのでぜひとってもおトクに申し込んでみてくださいね!

arrow32-001U-MOBILEのいちばんおトクな公式サイトはこちら

b-mobileはプランも料金も充実しているソフトバンク系格安SIM!

b-mobileはソフトバンク回線での提供にいち早く着手してきた格安SIMです。

そのプランも豊富で、b-mobile Sという形でソフトバンクのネットワークを提供しています。

point8_4b-mobile Sのプラン

プラン名 音声 データ 月額料金 容量/月
990ジャスト
フィットSIM
990円
〜7240円
1GB〜15GB
スマホ電話
SIM
2,450円〜7,350円 1GB〜15GB
190Pad
SIM
× 190円〜3,690円 100MB〜10GB
開幕SIM
1GB
× 880円 1GB
開幕SIM
3GB
× 1,580円 3GB
開幕SIM
7GB
× 2,980円 7GB
開幕SIM 30GB × 4,980円 30GB

特にこの中のプランでは、「990ジャストフィットSIM」がオススメです。

ソフトバンクからのりかえる場合には、音声通話をそのまま利用することになると思うのですが、「990ジャストフィットSIM」では音声通話が可能です。(開幕SIMはデータプランのみで音声通話は不可)

また「990ジャストフィットSIM」ではデータ容量を使用した分だけの従量課金制で、1GBまでなら990円となっています。

その後は10GBまでなら1GBにつき500円ずつの追加料金、10〜15GBまでなら1GBにつき350円ずつの追加料金で最大でも15GBの7,240円となっています。

つまり最低料金は990円〜で月々3GB程度の使用なら2,000円以内でプラン料金がおさまるとということになります。

これに、「通話5分定額オプション」(月額500円)も付け加えることもできますし、「b-mobile電話」アプリを使えば、通話料金が半額(10円/30秒)で通話が行えます。

またソフトバンクで利用してきたiPhoneもそのまま利用が可能です。

ソフトバンクで購入したiPhone5以降のiPhoneであればSIMロックを解除せずにそのまま利用ができます。

point8_4b-mobileでそのまま利用できるソフトバンクのiPhone

iPhone X,iPhone 8,iPhone 8 Plus,iPhone 7,iPhone 7 Plus,iPhone SE,iPhone 6s,iPhone 6s Plus,iPhone 6,iPhone 6 Plus,iPhone 5c,iPhone 5s,iPhone 5

このようにソフトバンクを解約した後も、iPhoneならSIMロック解除をせずにそのままで、電話番号を維持してMNPできます。

b-mobileは、どこの格安SIMより一歩先にソフトバンク回線への開通に取り組んできたパオおニア的な存在なので安心してソフトバンクからのりかえることができます。

arrow32-001b-mobileのソフトバンク回線の【990ジャストフィットSIM】の詳細・お申し込みはコチラ

ワイモバイルならソフトバンクのスマホをそのまま使える!

josei

この中でおすすめはやっぱりワイモバイルへののりかえ!

ソフトバンクからののりかえは、やっぱりワイモバイルへがいちばんおすすめです。

というのもソフトバンクで使っていた機種は、SIMロック解除さえすればそのままワイモバイルで普通に利用でき、新たに機種を購入する必要がないからです。

また上記でご紹介したワイモバイル以外のソフトバンク系のMVNO(格安SIM)といってもそれぞれちょっと事情があります。

Hitスマホ…この会社は飛騨高山ケーブルネットワーク株式会社が提供するソフトバンク回線の格安SIMとなっています。地方のケーブルテレビで小規模で運営しているため、認知度も低く、納得いく通信サービスを提供してくれるかというと疑問符がつくのは事実です。東京や大阪などの主要都市に本拠地を置くMVNOでさ通信品質には四苦八苦しているを考えると今まで通りの満足度で使える可能性は低くなっています。

U-mobile…基本的にはドコモ系のMVNOなのですが、「U-mobile SUPER」はワイモバイルの回線を使ったプランとなっています。ここが先ほどご紹介した本家のソフトバンク回線を利用しているわけではなくワイモバイル回線を利用したプランを提供している格安SIMです。分家の分家というイメージです。

ロケットモバイル…こちらも基本的にはドコモ回線を利用したMVNOです。しかし「ロケモバプレミアム」はU-mobile SUPERを使ったプランとなっています。つまりワイモバイル回線を使ったU-mobileのプランを提供している、いわゆる分家の分家の分家といったイメージです。

そのあたりを考慮すると、ソフトバンクのセカンドキャリアという位置付けであるワイモバイルの利用がもっともリスクのないのりかえ先かもしれません。

arrow32-001ソフトバンクからワイモバイルへのMNPのりかえ方まとめ(参考記事)

mineo(マイネオ)ならソフトバンクのiPhoneをそのままのりかえられる!

実は格安SIMであるmineo(マイネオ)ならソフトバンクのiPhoneをそのまま使えると公式発表しています。

その際にはすでにご紹介したSIMロック解除が必要となるのですが、ソフトバンクのiPhoneをそのまま利用できる貴重な格安SIMです。

利用できる機種は次のようになっています。(Dプランでの動作確認)

機種名 SIMカード
種別
データ
通信
090
音声通話
テザ
リング
SMS 動作確認Ver.
iPhone SE nano iOS11.2.2
iOS11.2.5
iphone 6s
Plus
nano iOS11.2.2
iOS11.2.5
iPhone6s nano iOS11.2.2
iOS11.2.5
iPhone7 nano
auVoLTE
iOS11.2.2
iOS11.2.5
iPhone7
Plus
nano
auVoLTE
iOS11.2.2
iOS11.2.5

mineoでソフトバンクのiPhoneをそのまま使った場合の料金

mineo(マイネオ)でソフトバンクのiPhoneをそのまま利用する際には、ドコモプランが鉄則です。

というのもmineoにはauプランもあるのですが、ソフトバンク回線とau回線は使用している回線の種類が違いすぎて互換性がありません。

ですので似た種類のドコモ回線を利用したDプラン(ドコモプラン)で利用するのがおすすめです。

ソフトバンクからMNPのりかえということは、090番号の音声SIMでの利用になるのでデュアルタイプでのお申し込みとなります。

ドコモプラン
(デュアルタイプ)
データ容量 月額料金
500MB 1400円
1GB 1500円
3GB 1600円
5GB 2280円
10G 3220円

josei

mineoならiPhoneをそのままで乗り換えられる!

mineo(マイネオ)ならこのように公式的にソフトバンクのiPhoneをそのまま利用できると発表しているのでとってもありがたいですよね。

iPhoneをそのままmineoで使えるということは、電話帳もLINEのアカウントの引き継ぎもそのほかアプリの引き継ぎもしなくていいということです。

だって機種がそのままだということは、SIMカードを入れ替えるだけで利用できるので、そういった面倒な引き継ぎ作業は必要ありません。とっても便利ですよね!

対応のiPhoneをお使いならmineo(マイネオ)へののりかえがおすすめですよ!

arrow32-001mineo(マイネオ)の一番おトクなお申し込みはこちら

機種を変更するならその他の格安SIMという選択肢もある!

ソフトバンクから他社へのりかえる際に、新たに機種を購入するのであればその他の格安SIMで利用するという選択肢もあります。

point8_4SIMフリースマホの購入
point8_4中古端末の購入
point8_4各社の端末セットの購入

こういった方法で、ソフトバンクで購入した端末を諦めて新たに端末を購入してのりかえるという方法です。

その選択肢の場合には、電話番号をそのまま引き継ぐだけなので、au系の格安SIMやドコモ系の格安SIMといった回線にこだわる必要はありません。

josei

ソフトバンクからの格安SIMへののりかえ

ソフトバンクは特殊なので、格安SIMへののりかえは壁を超える決意が必要です。

ただその前に解約のベストなタイミングをしっかりと確認しておき、無駄に費用を払わないようにすることも重要です。

ベストなタイミングを掴めたらいざ他社へののりかえですが、格安SIMにのりかえる場合には契約先選びがまた壁となるかもしれません。

そういった場合は以下の人気格安SIM会社を参考にしてくださいね!

au系格安SIM
point8_4mineo(マイネオ)
←おすすめ
point8_4UQmobile
point8_4IIJmio

ドコモ系格安SIM
point8_4楽天モバイル
point8_4OCN モバイル ONE
point8_4LINEモバイル←おすすめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。