OCNモバイルONEへMNPで即日開通で空白期間をなくしてすぐ使える方法を徹底伝授!

OCNモバイルONEへMNP転入したい場合、即日開通を行うとすぐ使えるようになるのでいわゆる「空白期間」をなくすことが可能です。

空白期間とは、ある携帯電話会社からOCNモバイルONEへ電話番号そのままで乗り換える際の、携帯電話が使えなくなる期間のことです。

OCNモバイルONEでは「即日受渡カウンター」という実店舗が北は北海道から南は沖縄まであるのですが、実は注意点があるのも事実です。

そういったことを考慮して、今回は案外簡単に行えるWebからのMNPのりかえを即日開通する方法をご紹介したいと思います。

josei

即日受取カウンターは待ち時間あり!
さらに当日中に受け取れない場合もあり!

OCNモバイルONEに即日でMNPできる受け取りカウンターですが、その多くはヨドバシカメラやビックカメラ、エディオンにあります。

その場で不明な点を聞けるのはとってもメリットです。

しかしそういった場所での開通の場合、休日などでは混雑で待ち時間があったり、閉店間際だと翌日開通になってしまうこともあります。

OCNモバイルONEでは、らくらくナンバーポータビリティというWebからでも行える即日開通の方法があります。

この方法では確かにパッケージやSIMカードが到着するまでに時間がかかってしまいます、自分の切り替えたいタイミングで、前の携帯電話会社からMNPできるので、「空白期間」がなくなるということなのです。

それではOCNモバイルONEでの携帯電話が使えなくなる空白期間をなくす為の、MNP即日開通方法を確認していきましょう!

OCNモバイルONEでの即日開通の流れ

まずはざっくりとOCNモバイルONEでの即日開通の流れを確認しておきましょう!

ここでいう即日開通の方法はあおくまでも空白期間をなくすための方法で、SIMカードを届いた日に即日開通できる方法です。

Webサイトからパッケージを購入

②現在契約中の携帯電話会社からMNP予約番号を取得

③購入したパッケージのが届いたら、記載のアクティベーションコードをオンライン登録

④SIMカードが届いたら、らくらくナンバーパータビリティでMNP切り替え

⑤数時間で前回線からOCNモバイルONEの回線へ切り替わる←この時点でMNP切り替え

⑥インターネットを使うためのAPN設定をして完了

という流れになっています。①〜④までは、前の携帯電話の回線が使えて⑤からはOCNモバイルONEの回線が使えることになっています。

つまり前の携帯電話からOCNモバイルONEへ切り替える際には、どちらの回線も使えない期間は⑤の数時間ということになります。

ただしOCNモバイルONEでは回線切り替えを行う時間帯によって翌日以降に切り替えとなってしまうこともあるので、実際の具体的な方法と合わせて注意点なども確認していきましょう!

OCNモバイルONEを空白期間なく即日開通する方法

開通までの流れを確認できたら実際の即日開通の方法を詳しく確認していきましょう。

手順1:Webサイト(Amazon)からパッケージを購入

まずは、Webサイトからパッケージを購入しておきます。

ちょっとここがややこしかったりすので、しっかりと確認していきましょう。

パッケージというのは、本来かかるはずの契約事務手数料(3,240円)を無料にできる通行証みたいなものです。

店舗などでのMNPの場合、パッケージを利用しなければこの契約事務手数料がかかってしまいます。

ですがあらかじめWebサイトから数百円で手に入れられるパッケージを購入しておくと、この契約事務手数料を無料にすることが可能です。

これだけでも約3,000円の費用を浮かすことができるということです。

そのパッケージにはSIMカードは入っておらず、その代わりにアクティベートコードという10桁の文字列が記載されていて、このコードを使って使いたいタイミングでWebから登録するというわけです。

このパッケージの購入に関しては、OCNモバイルONEの公式サイト経由で、amzonから購入することがいちばんおすすめです。

MNPでは電話番号を引き続き利用するということになるので、音声対応SIMを必ず選択するようにしてください。

arrow32-001OCN モバイル ONE公式サイト経由でamazonからパッケージ購入はこちら

手順2:現在契約中の携帯電話会社からMNP予約番号を取得

パッケージが届いてアクティベートコードの用意できたら、現在契約中の携帯電話会社で「MNP予約番号」を取得します。

「MNP予約番号」とは乗り換え元の会社から発行される10桁の番号で、電話番号そのままでのりかえるのに必要な番号です。

point8_4MNP予約番号
point8_4MNPの有効期限

を必ず控えておくようにしてください。MNP予約番号はショップに来店してもウェブでも、電話からでも取得が可能です。

なお、OCNモバイルONEでは有効期限が残り12日以上必要です。

この有効期限が12日未満になってしまうとOCNモバイルONEで申し込みができなくなり、再度発行してもらう必要があるので注意が必要です。

ですので、MNP予約番号を取ってからパッケージを申し込んだ場合、配送などにかかる時間でこの有効期限が切れてしまう可能性があるので、パッケージが届いてからMNP予約番号を取得するのがおすすめです。

NTTドコモでのMNP予約番号取得

ドコモ携帯電話から:151
一般電話から:0120-800-000
(フリーダイヤル)
受付時間:9:00~20:00

■iモードから
[ i-menu ] → [ 料金&お申し込み・設定 ]
■PCから
My docomo http://www.mydocomo.com/
受付時間:24時間(システムメンテナンス時間を除く)

auもしくは沖縄セルラーでのMNP予約番号取得

au携帯電話から、一般電話から共通
フリーダイヤル:0077-75470
受付時間:9:00~20:00

■EZwebから
[ EZボタン ] → [ トップメニューまたはauポータル トップ ] → [ auお客さまサポート ] →[ 申し込む / 変更する ]→ [au 携帯電話番号ポータビリティー (MNP) ]
受付時間 : 9:00~21:30

ソフトバンクでのMNP予約番号取得

ソフトバンク携帯電話から:*5533
固定電話から:0800-100-5533
受付時間:9:00~20:00

■Yahoo!ケータイから
[ TOP ] → [ 設定・申込(My SoftBank) ] → [ 各種設定手続き ]
受付時間 : 9:00~21:30

ディズニーモバイルでのMNP予約番号取得

ソフトバンク携帯電話から:*5533
固定電話から:0800-100-5533
受付時間:9:00~20:00

■Disney Webから
[ TOP ] → [ 設定・申込 ] → [ 各種設定手続き ]
受付時間 : 9:00~21:30

手順3:記載のアクティベーションコードでオンライン申し込み

パッケージの購入、MNP予約番号の取得が済んだら次は、SIMカードをオンラインで申し込みです。申し込みページはこちらから

アクティベートコードの入力を求められるので、パッケージに記載されているコードを正確に入力します。

この際に注意点は、複数回線をMNPしたい場合、1つのアクティベートコードにつき1回までの利用なので、2回線以上MNPしたい場合は、その回線数に応じてパッケージを購入してくださいね。

また、パッケージの中には、有効期限や販売期限が書いてあるものもあるのですが、記載の期限とは関係なく申し込みができることになっています。

申し込みの流れとしては次のようになります。

・コースの選択
・SIMカードサイズの選択
・オプションの選択
・申し込みに必要な本人情報を入力
・支払い方法、クレジットカード情報の入力
・MNP予約番号の入力
・MNP利用番号(利用中の電話番号)の入力
・本人確認方法の選択
・メールアドレスの選択
・SMS認証
・本人確認書類のアップロード

josei

申し込み情報の入力は正確に行いましょう!

アクティベートコードでオンラインの申し込みを行う際には、正確に申し込み情報の入力を行いましょう。

というのも例えば、契約者情報とクレジットカード名義に間違いがあったり、MNP予約番号などに不備があったりした場合、OCNモバイルONEの審査に引っかかってしまいスムーズにMNPのりかえを行うことができません。

またコースに関しては後から無料で変更可能ですが、SIMカードのサイズを間違ってしまうと変更するには料金が発生してしまうので特に注意が必要です。

申し込み内容に誤りがないように選択したり、情報を入力してくださいね!

手順4:SIMカードが届いたら、らくらくナンバーパータビリティでMNP切り替え

ここまで、行うと数日するとSIMカードが送られてきます。

今までは申し込みをした後のSIMカードの配送期間が「空白の期間」となって前の携帯電話と次のOCNモバイルONEのSIMカードの両方が使えない期間がありました。

しかし現在ではらくらくナンバーポータビリティというサービスが利用できるので、申し込み後や配送期間中も、回線切り替えを行うまで前の携帯電話を使うことができるので安心してくださいね!

回線切り替えも数時間もすれば切り替えられるので、空白期間はその時間だけということになります。

ここで注意が必要なのは、開通申し込みする時間帯によって、開通が翌日になってしまうケースがあるということです。

point8_4OCNモバイルONE MNP開通時間について

・9:00〜20:59に申し込みが完了⇒すぐに開通
・それ以外の時間に申し込みが完了⇒翌日9:00頃に開通

つまり午後9時を過ぎてしまった場合には、即日開通とはならずに、翌日開通となってしまうということです。

またこの開通手続きは申し込み時に入力した、MNP予約番号の有効期限の残り日数が3日前まで申し込みが可能となっていて、期間内に申し込みをしなかった場合には、自動的に開通処理が行われます。

自分で開通したい場合には、SIMカードが届いたらなるべく早く開通手続きを行うことがおすすめです。

point8_4らくらくナンバーポータビリティの開通手続きに必要な情報

開通手続きで必要な情報は以下のものになりますので、SIMカードが届いた時点で確認しておきましょう。

SIMカードが届いたら、MNP転入開通手続き受付フォームから下記の情報を入力して開通手続きを行います。

・OCNお客さま番号
・MNP予約番号有効期限
・MNP利用番号(MNPする電話番号)
・SIM製造番号(OCNから届いたSIM)
・連絡先電話番号
・メールアドレス(MNP後も利用できるフリーメールなど)

以上を入力すれば開通手続きが完了です。

その後数時間もすれば今までお使いの回線の電波が入らなくなります。

そうなればOCNモバイルONEへの回線の切り替えが完了しているはずなので、OCNモバイルONEのSIMカードを利用することが可能となります。

端末そのままでのりかえの場合はSIMカードを入れ替えたり、SIMフリースマホを用意している場合はSIMカードを挿入することで、OCNモバイルONEの回線が使えるようになります。

手順5:OCNモバイルONEの回線へ切り替わったらAPN設定

これで電話回線の切り替えは完了ですが、インターネットを利用するための回線の切り替えはまだ完了していません。

この初期設定をAPN設定というのですが、OCNモバイルONEではアプリを使えば簡単に設定が行えます。

ただしここでの注意点は、APN設定を行おうと思った状況ではインターネット接続ができないので、あらかじめOCNモバイルONEアプリをインストールしておくか、WiFi環境下でインストールを行わなければいけません。

契約時に取得した、OCNメールアドレスとOCNメールパスワードをでログインをして【接続設定】⇒【設定】に進み指示通りに進むと新規APN設定を行うことができます。

これでインターネット回線の方も切り替えが可能になり、電話回線・ネット回線の両方を切り替えが完了です。

OCNモバイルONEへMNPで即日開通で空白期間をなくす方法まとめ

josei

OCNモバイルONEのMNP即日開通は難しくない!

ご確認していただいた通り、OCNモバイルONEのMNPでの即日開通は全然難しいことはありません。

以前は即日開通は店舗でしか行えなかったので、ウェブでは空白期間があるのが当たり前だったのですが、OCNモバイルONEのらくらくナンバーポータビリティを利用すればとっても簡単に即日開通が行えてしまいます。

また前の携帯電話会社との契約もMNP切り替えが済んだ段階で自動的に解約となるので、前の携帯電話会社へ解約作業を行う必要もありません。

ぜひ今回ご紹介したMNPのりかえの方法をしっかりと確認してOCNモバイルONEへお得にのりかえてみてくださいね!

arrow32-001OCN モバイル ONEのいちばんおトクなお申し込みはコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする