UQmobileでのSIMロック解除が必要な場合って?具体的な解除方法の詳細

uqmobilesim%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%af%e8%a7%a3%e9%99%a4

UQmobile(ユーキューモバイル)のスマホのSIMロック解除ってどんな場合に必要なのでしょうか?またどんな場合には必要ないのでしょか?

これからはじめてUQmobileのような格安SIMにのりかえる人にまず浮かんでくる疑問ですよね。

いままでキャリアと呼ばれるauやドコモ、ソフトバンクのいずれかだけのスマートフォンを使ってきた方の場合、SIMロック解除などをしたこともなければ聞き慣れない言葉かもしれません。

まず安心していただきたいのは、auのスマートフォンをそのままUQmobileで利用する場合であればSIMロック解除は必要はないということです。

UQmobileのSIMカードと現在のauのSIMカード挿し替えて設定を行うだけで使用することができます。

ただしUQmobileではauのスマートフォンをそのまま利用する場合でもSIMロック解除が必要な場合もあるので詳しく確認していきましょう!

arrow32-001UQmobileの一番おトクな詳細はこちら

そもそもSIMロック解除とは?

ドコモやau、ソフトバンクモバイルなどの大手キャリアと呼ばれる携帯電話会社から販売されているスマートフォンには、そのキャリアでしか使えないようにSIMカードに対してロックがかかっています。

これをSIMロックというのですが、SIMロック解除はこのロックを解除して購入したキャリア(ドコモやauやソフトバンク)とは違う携帯電話会社で利用できるようにすることです。

格安SIMにのりかえようと考えた時にSIMロック解除は必須で、難しい作業が必要なのかと思われるかもしれませんが実際にはそんなことはありません。

SIMロック解除が必要な場合であってもとっても簡単にしかもご自身で行うことが可能です。

UQmobileでSIMロック解除の不要な(いらない)場合とは?

josei

auで購入した端末ならSIMロック解除不要!でも例外はあり!

UQmobileで契約をしようと思ったとき、auで購入した端末であればSIMロック解除は不要となっています。

UQmobileはauの回線を利用したMVNO(格安SIM)なので、auで購入したiPhoneはもちろんAndroidでもSIMロックの解除が不要です。

ただし、後ほど詳しく説明しますがauで購入した端末であっても、
①auVoLTE 対応端末を利用の場合
②ドコモで購入した端末(iPhoneも含む)でののりかえの場合
③ソフトバンクで購入した端末(iPhoneも含む)でののりかえの場合
はSIMロック解除が必要になります。

arrow32-001UQmobileの一番おトクな詳細はこちら

SIMロックが不要のUQmobileの動作確認済み端末とは?

では、そのもそも動作確認済み端末とは何なのでしょう?

動作確認済み端末とは、UQmobileのSIMを挿しても利用できることを確認できた端末のことです。

UQmobileはauから電波を借りて私たちにサービスを提供しています。

UQmobileが利用している電波の周波数と、利用する端末が対応している周波数が一致していないとその端末は使えないということになってしまうんですね。

せっかくUQmobileのSIMカードを契約して手元に届いたのに、持っている端末には未対応だと使えないなんてことになりかねません。

だからこそUQmobileのSIMカードを申し込んだあとには、動作確認済み端末にSIMカードを挿し込まないといけないというわけです。

SIMロック解除が不要な場合のメリットは?

SIMロック解除が不要な場合のメリットは、いま使っている機種(スマートフォン)をそのまま使えるので、面倒な引き継ぎ作業が必要ないということです。

たとえば、電話帳やLINE、そのほかアプリなどを再ダウンロードする必要はありません。

端末はそのままでSIMカードのみを入れ替えるだけなので、現在の仕様と全く変化なく利用できるということです。

UQmobileにのりかえた際に LINEや電話帳やゲームアプリなどの引き継ぎが不安で躊躇している人も多いようですが、「これでのりかえられたの?」というほど簡単です。

また中古端末を購入した場合であっても、SIMロック解除不要な動作確認済み端末であればそのままの利用が可能です。(必要なアプリなどはダウンロードしてくださいね。)

だからこそ今、ドコモやauなどのキャリアからUQmobileに乗り換えている人が多いんですよね。

UQmobileでSIMロック解除の必要な場合とは?

しかし一方でUQmobielのSIMカードを挿して端末を使う際に、SIMロック解除が必要となる場合もあります。

それが以下の場合です。

①auVoLTE対応のSIMをご利用の場合

auでVoLTE対応のSIMを利用している場合は、SIMロック解除が必要です。

どうしてVoLTE対応のSIMだけがSIMロック解除が必要なのかははっきりとはしていませんが、auがMVNOと呼ばれる格安SIMにのりかえられないためのささやかな抵抗といわれています。

VoLTE(ボルテ)は、”Voice over Long Term Evolution”の略称で、LTE(データ回線)で「高音質通話」や「高音質高画像のビデオ通話」ができる技術・サービスです。

UQmobileでVoLTE対応のSIMを利用する条件

point8_4auにてSIMロック解除の手続きが必要

point8_4SIMロック解除手続きは、2015年5月以降販売されたものが可能

point8_4さらに購入から180日以上経過したものが可能

つまりUQmobileでVoLTE対応のSIMを利用するには、auで条件にあてはまった状態でSIMロック解除をしてからではにないと利用できないということです。

②ドコモからからのりかえる場合

次にSIMロック解除が必要なケースは、docomoからののりかえでUQmobileにのりかえる場合です。

UQmobileはauの回線を利用したMVNOとなっているので、ドコモで使っていた端末をそのまま使えません。これは動作確認済み端末のiPhoneでもAndroidでも同じことです。

ドコモから機種そのままでUQmobileにのりかえる場合は必ずSIMロック解除を行うようにしましょう。

③SoftBankからUQmobileにのりかえる場合

これもドコモからののりかえと同じで、ソフトバンクで購入したスマートフォンは原則的にそのままUQmobileでは使えません。

ですので、ソフトバンクからUQmobileに機種そのままで乗り換えるにはSIMロック解除が必要となります。

arrow32-001UQmobileの一番おトクな詳細はこちら

SIMロック解除ができる条件と大手キャリアのSIMロック解除方法

au、NTTドコモ、ソフトバンクの大手キャリアと呼ばれる携帯電話会社のSIMロック解除の方法を確認していくのですが、その前にSIMロック解除できる条件も確認しておきましょう。

 SIMロック解除条件

point8_42015年5月以降販売されたもの
point8_4購入から180日以上経過したもの
point8_4故障などがなく修理を必要としないもの

auでのSIMロック解除方法

手続き方法 料金 手順や受付時間
Webから 無料 auお客さまサポートから手続き

受付時間:24時間

auショップにて 3,000円
(税別)
対象端末とご本人様確認書類を持参。

受付時間:店舗営業時間に準じます

NTTドコモでのSIMロック解除方法

手続き方法 料金 申込み方法
Webから 無料 My docomoから手続き

受付時間:24時間

電話から 3,000円
(税別)
ドコモケータイから:151
一般電話から:0120-800-000
受付時間:9:00~20:00
ドコモショップにて 3,000円(税別) 対象端末とご本人様確認書類を持参。

受付時間:店舗営業時間に準じます

ソフトバンクでのSIMロック解除方法

手続き方法 料金 手順や受付時間
Webから 無料 My SoftBankから手続き

受付時間:24時間

ソフトバンクショップにて 3,000円
(税別)
対象端末とご本人様確認書類を持参。

受付時間:店舗営業時間に準じます

josei

SIMロック解除は簡単!

以上がUQmobileを利用する際にSIMロックに関する疑問の全てでした!

SIMロックが必要でない場合であれば余分な作業が必要なく機種そのままで乗り換えられますし、SIMロック解除が必要であっても条件さえ満たしていれば簡単にできちゃいます。

SIMロック解除と聞くと案外難しそうなイメージが沸きますが意外と簡単ですよね?

UQmobileののりかえるにはSIMロックが面倒なんじゃないかな〜って思っていた人も是非とも気軽に乗り換えちゃってくださいね!

arrow32-001UQmobileの一番おトクな詳細はこちら



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。