失敗しない!格安スマホの機種選びにはスペックに注意!

格安スマホの機種選びに失敗しない!

端末選び

格安スマホを使う場合、機種選びは本当に重要になってきます。

MNPでお使いの端末をそのままでのりかえる場合はいいですが、新しく機種を購入したり、各格安スマホ会社が出している端末セットを購入する場合、機種選びに失敗すると後悔をすることになります。

「人気があるから」「店員さんに勧められたか」という理由で選んでしまうと思っていた機種とは違うということもよくあります。

いくら格安スマホの端末がお得だからと言って、決して安い買い物ではありません。

機種なんて何でもいいじゃん!というレベルだった私が何とか、機種選びまで出来るようになったおさえておくべきスペックについて解説していきたいと思います。

スマホの重要なスペックとは?

スマホ選びで重要なスペックは「RAM」「ROM」そして「CPU」です。

これはスマートフォンの処理能力に関係していて、この能力が高いほどアプリなどをたくさん入れてもサクサク動く状態を保てます。

RAMROMはスマホのメモリのことで、

RAMは起動中のアプリや、閲覧しているデータなどの作業中のものを一時的に保存する能力のことです。つまりRAMの容量が大きければ、一度にに何個ものアプリを動かすことができるということになります。

目安としては

3GB:サクサク快適に動く

2GB:それなりにサクサク

1GB:快適ではないかも…

という具合になっています。

RAMはメモリと呼ばれることもあります。

ROMは写真のデータや動画、音楽やアプリを保存するメモリ能力のことです。これが大きければ大きいほど、保存容量が大きいスマホということになります。

iPhoneで16GBモデルや32GBモデルといった形で販売されてますが、アレのことです。

ROMはストレージと呼ばれることもあります。

スマホの頭脳はCPU!

格安スマホの機種選びでどの機種がいいのかわからない方はここだけは覚えておいてください。

CPUとはスマホの頭脳のことで人間でいえば頭の賢さにあたる部分です。

搭載するCPUでそのスマホ端末の処理能力が決まると思っていただいて結構です。

CPUはコア数が重要

スマホに採用されているCPUには幾つか種類はありますが、同じ種類であれば、処理単位である「コア」数が多いものが処理能力が高いということになります。

そして1秒間の間のどれだけ仕事をこなすことができるかを表す「クロック周波数」も数値が高い方が高速うということになります。

スマホ全体の処理能力の優秀さはこの搭載されているCPUで決まります。

CPUはコア数が多いほど有利で、2コアと4コアの場合、

2コアより4コアの方が2倍も作業能力が違うと思ってください。

コア数が少ないと同時に作業できる量が少なく処理される作業が待機待ちの状態になります。

これがいわゆる「動作が遅い」という状態でスマホを使う上でストレスになる部分です。

反対にコア数が多くなれば、同時に処理できる作業量が増え、動作が高速になるのです。

これがいわゆる「サクサク動く」という状態です。

スマホをサクサク快適に使って機種選びには失敗したくない!っていう人は必ずこのCPUのコア数をチェックしてみてください。

CPUを基準にスマホを選ぶ際に覚えておきたいこと

スマホの機種選びで、アプリを快適に利用出来る端末選ぶ際に覚えておいてほしいことはできれば

コア数が「4コア」で以上で

クロック周波数が「1.8GHz」以上のCPUを搭載したスマホを選んでいただきたいということです。

また、コア数と表示名称を覚えておけば、スペックをスムーズに確認することができるので便利です。

  • 1コア   シングルコア
  • 2コア   デュアルコア
  • 4コア   クアッドコア
  • 6コア   ヘキサコア
  • 8コア   オクタコア
  • 12コア   ドデカコア

実際に見ておきましょう!

では、実際にスマホ機種を選ぶ際にポイントとなるスペックを見ていきましょう。

端末を選ぶのがわからないけど、なるべくいい機種を使いたくてしかも安くお得に使いたいというなんともわがままな人にオススメなのが、

So-netの格安スマホの「So-netスマホセット2480」です。

So-netとは誰もがご存知のソニーが運営する格安スマホ会社です。

なんとこちらのスマホセット2480は基本料金と端末料金の分割代金を合わせても2480円で使える低価格で手軽な格安スマートフォンなのです。

肝心の機種ですが、HUAWEI P8 liteになります。

spec_4

実際のスペック表は

HUAWEIスペック

となっていて

コア数:オクタコア=8コア

クロック周波数:1.2GHz

とクロック周波数では若干物足りないものの端末分割金が1211円〜944円ということを考えるとかなりのお得な機種だということになります。

オクタコア

まとめ

格安スマホで節約をしてお得に使いたい場合は、どこの業者と契約すれば通信費が安くなるかと目がいきがちですが、お使いになる機種にも是非目を向けてください!

現在SIMフリー端末や中古端末も数多く販売されていますが、、価格や見た目だけで判断するのではなく、その機種が本来持っているスペックという中身を見て判断されることをお勧めします。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。