UQmobileはau系格安SIMで唯一公衆無線LANを使える?/利用方法と詳細

uqmusennlan

au回線を使ったMVNO、いわゆるau系格安SIMで公衆無線LANを使いたいのであればUQmobileが唯一となります。

au回線のMVNOのもう1社であるmineo(マイネオ)は公衆無線LANを提供していません。

au系の格安SIMは、現在このUQmobileとmineoの2社しかないためどちらにしようか迷っている方も多いはずです。

その中でご自身がどのようにスマートフォンを使っていきたいかによってこの公衆無線LANの有無は非常に重要にキーポイントになってきます。

公衆無線LANサービスの
有無
UQmobile あり
mineo なし

arrow32-001UQmobileの詳細はこちら

arrow32-001mineo(マイネオ)の詳細はコチラ

josei

そもそも無線公衆LANって何?

そもそも公衆無線LANとは、無線LANと呼ばれる技術を利用したインターネットへの接続を提供するサービスのことです。

公衆無線LANを利用すると、パケットの消費がカウントされずに低容量データプランでも安心してインターネット通信を行えるというものです。

大手キャリアと呼ばれるドコモ、au、ソフトバンクではどの会社もこの公衆無線LANサービスを提供しています。

NTTDocomo⇒「docomo Wi-Fi」

au⇒「au Wi-Fi SPOT」

SoftBank(Y!mobile)⇒ソフトバンクWi-Fiスポット

アクセスポイントと呼ばれるインターネットがつながる場所で受信ができて、街中でインターネットをつなぐ際に、パケット(データ通信容量)を消費しないので人気となっています。

アクセスポイントは無線LANスポット、Wi-Fiスポット、フリースポット、ホットスポットなどと呼ばれています。

一つのアクセスポイントから受信できる範囲はだいたい半径20m程度といわれていて広範囲にわたっての通信が行えます。

UQmobileの公衆無線LANの詳細

UQmobileで利用できる公衆無線LANは2016年7月15日から提供開始したサービスです。

ワイヤ・アンド・ワイヤレスの公衆無線LANサービス「Wi2 300 for UQ mobile」というサービスで全てのUQmobileユーザーが利用対象となり無料で使うことができます。

元々UQmobileを運営するUQコミュニケーションズは、UQWiMAXなどと提供している会社なので、こういったWi-Fiなどの電波の提供には定評のある会社です。

UQmobile公衆無線LAN
サービス名 Wi2 300 for
UQ mobile
月額基本料 無料
初期費用
通信量
対象者 UQmobile
利用者全員

UQmobileの公衆無線LANを使うメリット・デメリット

UQmobileで利用できるWi2 300は全国で最大規模エリアを誇るといわれている公衆無線LANサービスといわれています。

index_icon_wi2area-2index_icon_uqwifiarea-2

arrow32-001Wi2エリアをチェック

例えば、公共交通機関、カフェなどでUQmobileのSIMカードが挿さった端末であれば、インタンーネットに接続することができます。

これは特にスマートフォンやだけに限らず、iPadやタブレットでも可能です。

外出先でカフェでの休憩タイムや電車の待ち時間でネットにつないで動画を観たりするには最適です。

またWi2 300のような公衆無線LANを使うことによって最大のメリットは、データ通信容量(パケット)が消費せずに、高速通信が行えるということです。

UQmobileには大きくわけて3GBプランと無制限プランが用意されていますが、3GBプランではパケットの消費が気になります。

一方で無制限プランでは500kbpsと通信速度が気になりますが、この公衆無線LANを利用すればそれぞれの懸念を解消することができます。

特にUQmobileではたくさんの通信(ネット接続)をしてしまった場合に、通信速度が遅くなってしまう通信制限があります。

公式規定では直近3日間のデータ通信量が1GB以上となった場合は、翌日13時〜翌々日13時まで、通信制限が行われるとされています。

これを公衆無線LANを使ってネット通信を行えば通信制限に引っかかる事なくインターネットを楽しめるという事です。

Wi2 300(公衆無線LAN)を使うメリット

point8_4国内最大規模のエリアで利用可能
point8_4無料
point8_4高速通信
point8_4パケット消費なく、通信制限もなし

公衆無線LANが利用可!
arrow32-001UQmobileはこちら

josei

逆にWi2 300(公衆無線LAN)を使うデメリットは?

では反対にデメリットや欠点はあるのでしょうか?

Wi2 300の欠点は以下のことが挙げられます。

point8_4移動しながらの通信には不向き
point8_4ポケットWi-FiやWiMAXのような広範囲エリアでは使えない
point8_4設定が少しややこしい

Wi2 300は公衆無線LANなのでもちろん、移動しながらの通信には不向きですし、持ち運びのできるモバイルWi-Fiルーターのようにあちこちで通信が行えるわけではありません。

月額3,000円から5,000円ほど支払っているモバイルWi-Fiのように使えないのは仕方のないこともしれません。

スターバックスやマクドナルドなどその場にいながらインターネットを使って仕事をしたりウェブ閲覧を楽しむ方が向いているんでしょうね。

UQmobileの公衆無線LANのお申込み方法と利用方法

デメリットの中で実際の利用方法が難しいと記載したのですが、実際にはそう難しくありません。UQmobileを申込んだあと、Wi2 300も申込んでその後に利用設定を行うだけです。

Wi2 300 for UQ mobileのお申込み方法

①「my UQ mobile」へログインし、「Wi2 300 for UQ mobile」のバナーをクリックします。

②「お申込み内容」「約款・利用規約」を確認して、申込画面へ進みます。

uqlan

③必要事項を入力し、お申込み完了です。

この際にUQmobileで契約しているUQmobileの「電話番号」と「ICCID」の入力が必要となります。「ICCID」とは(IC Card Identifier)と呼ばれるSIMカードの裏面に記載されている19桁の番号で大切なID番号です。

index_img_04-2

これ第一段階のお申込みが完了です。次に利用方法を確認していきます。

Wi2 300 for UQ mobileの利用方法

申込みが済んだ後のWi2300を利用する方法なのですが2種類方法があります。

point8_4簡単アクセスツール「Wi2 Connect」を使う方法おすすめ

point8_4ログインIDとパスワードを入力して使う方法

簡単アクセスツール「Wi2 Connect」を使う方法

Wi2では、簡単アクセスツール「Wi2 Connect」を無償で提供されていて利用する端末によって設定方法やインストール方法が異なります。

Windows Vista
/ 7 / 8 / 8.1
詳細はこちら
Mac OS X v
10.5以降
iOS 6以降
(iPhone / iPad / iPod touch)
Android 2.3以降

ログインIDとパスワードを入力して使う方法

UQmobileで契約したSIMカードが挿さっている端末を持ってWi2サービスエリア内に入ります。

1.エリア内で、Wi2のSSIDを選択します。

2.ブラウザを起動します。

3.ログインIDとパスワードを入力します。

※ログインIDには「xxxxx@wi2」と「xxxxx@300@wi2」の2種類があります。

ログインの際には「@wi2」以前の情報を入力する必要があります。

以上の方法でUQmobileでは公衆無線LANを利用することができます。

josei

無線公衆LANを使えるのはやっぱりメリット!

UQmobileでは公衆無線LANが利用できるようになりましたが、MVNOと呼ばれる格安SIMを利用する場合ではやっぱりメリットかなと思います。

私は以前auを使っていたときに公衆無線LANであるau Wi-Fi SPOTを利用していましたが、とっても便利でした。

初めは必要ないかなぁと思っていたのですが、やっぱり出先で急遽動画を観たくなったり、アプリをダウンロードしなくちゃいけない場面に出くわした時にWi-Fiスポットに入っているととても安心です。

備えあれば憂いなしをできるのがUQmobileなのかなぁと思っています。

arrow32-001UQmobileのお申込みはこちら



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。