Ymobile(ワイモバイル)の一括0円や実質0円になる端末の購入方法や注意点をご紹介!

Ymobile(ワイモバイル)で機種を購入する際に、なるべく端末代金を安く購入したいとお考えの方は多いのではないでしょうか?

その場合、よく聞き慣れた言葉で一括0円や実質0円といったものがあります。

Ymobile(ワイモバイル)では機種を購入する際には、一括0円や実質0円で購入可能なのかどうか?

また購入できる場合にはどの機種がおすすめなのか?注意点はあるのかどうかをご紹介していきたいと思います!

arrow32-001ワイモバイルのいちばんおトクな公式オンラインストアはコチラ

Ymobile(ワイモバイル)での一括0円と実質0円の違いって何?

josei

まずは一括0円と実質0円の違いを知っておきましょう!

まずしっかりと確認していおきたいのは、Ymobile(ワイモバイル)でスマホを購入する際の一括0円実質0円の違いについてです。

一括0円とは本体を分割購入ではなく一括購入した際に、端末価格がゼロ円となり月々の月額料金やオプション料金に端末代金が加算されない購入方法です。

Ymobile(ワイモバイル)では、キャンペーンや家電量販店で購入した場合に一括0円で購入できる場合があります。

一方、実質0円とは端末を分割払いで購入して、Ymobile(ワイモバイル)の月額割引という割引サービスから端末分割価格と差し引きをした際に、月々の支払いが実質0円となる購入方法です。

それではYmobile(ワイモバイル)で一括0円や実質0円での購入する方法やその際の注意点を確認していきたいと思います。

Ymobile(ワイモバイル)での一括0円での購入方法

Ymobile(ワイモバイル)で一括0円で購入する方法は数種類あります。

オンラインストアのタイムセールで一括0円を狙う

Ymobile(ワイモバイル)には公式オンラインストアがあり、時折オンラインストア限定でタイムセールを行っています。

このタイムセールでは、人気端末を端末一括0円や数円や数百円などの激安価格で、アウトレット商品を激安価格で販売がされているケースがあります。

タイムセールはオンラインストアでのみ実施されていて、サイトを確認すると次回の開催日や商品の価格も案内してくれるので、随時チェックしておくのがおすすめです。

一括0円の端末がなかったとしても、端末を激安で購入できるのでオンラインストアのタイムセールの開催を狙ってYmobile(ワイモバイル)の機種を是非安く手に入れてみてくださいね!

arrow32-001ワイモバイルのオンラインストア限定のタイムセールはコチラ

代理店や家電量販店で購入する

ワイモバイル 機種名 0円などでリアルタイム検索などを行うと、現在一括0円のキャンペーンを行なっているワイモバイルの代理店や家電量販店をみつけることができます。

Ymobile(ワイモバイル)ではiPhoneが販売されているので、店舗やタイミングによってはiPhoneが一括0円で購入できる場合もあります。

ただしこういったYmobile(ワイモバイル)の代理店や家電量販店で機種を一括0円で購入する場合には注意点があります。

josei

一括0円の代わりにいらないオプションの契約が必須な場合が多い!

実はこういった本来は機種を購入する際にかかる端末代金を0円にしている場合、店舗や家電量販店といった、販売代理店が端末代金を負担していることになっています。

こういった販売代理店は、端末価格を安くすることでたくさんのお客さんを集め契約へ促しています。

しかし注意なのは、こういった一括0円で購入できる販売代理店での購入の場合、必須オプションが設定されていることが多く、端末代金以外で料金が上乗せされるケースが多くあります。

それらのオプションは初月無料の場合もありますが、最低数ヶ月間の継続が必須で、解約をし忘れると費用が発生してしまいます。

販売代理店では、端末一括0円を実施している場合も多いですが、このように違った部分で費用が発生してしまい、料金が通常より多くかかってしまうケースもあるということは知っておいても損はないかと思います。

Ymobile(ワイモバイル)での実質0円になる仕組みと0円端末一覧

Ymobile(ワイモバイル)では、一括0円ではなく機種代金の”実質負担額を0円”で購入することができます。

Ymobile(ワイモバイル)の実質0円の仕組み

Ymobile(ワイモバイル)での端末価格実質0円の仕組みは次のようになります。

Ymobile(ワイモバイル)で端末を分割払いで購入する際には、端末価格を2年間の利用期間を月々の回数で割ったものが加算されます。

そこにYmobile(ワイモバイル)では他社でいうところの、端末購入サポートにあたる”月額割引”が適用になります。

この月額割引は、Ymobile(ワイモバイル)では月額料金から差し引かれる割引という名目になっていますが、端末や契約種別によって金額が異なるので、実質的には分割の支払い料金から割引されると考えられます。

例えば、支払い総額36,828円(税込)の端末を分割で購入する場合には分割支払金は1,512円(税込)となりますが、支払い回数が24回、月額割引が-1,512円(税込)の場合には月々の実質負担額は0円となるということです。

支払い総額36,828円(税込)の場合

頭金 500円
分割支払金 1,512円
月額割引 -1,512円
月々の実質負担 0円

つまり購入時に頭金がかかる端末もあるにしても、月額割引と分割支払金が相殺されて、実際には月々の負担金額が0円になり、残りの支払いはプラン料金やオプション料金、その他通話料やユニバーサル料金で済むということになります。

だからぜひYmobile(ワイモバイル)で機種を購入する際には、実質0円端末を選ぶようにしたいですよね。

Ymobile(ワイモバイル)での実質0円端末一覧

ご紹介した通りYmobile(ワイモバイル)では端末分割金に対して月額割引が同額割引される端末であれば、実質無料で端末を利用することができます。

ただしそこには条件もあって

・新規契約
・他社からのMNP
・PHSからの契約変更
・スマホプランS/M/Lで契約

などがあります。

記事を作成現在でのYmobile(ワイモバイル)での実質0円端末は次のようになりますが、最新の実質無料端末や詳しい条件は公式オンラインストアで確認をしてみてください。

arrow32-001ワイモバイルの公式オンラインストアはコチラ

507SH Android One

いわずと知れたYmobile(ワイモバイル)の初代AndroidOne端末で、防水・ 防塵・ワンセグなどにも対応しているSHARP社製の端末です。

AndroidOn端末なので、最新のAndroidOsを体験できセキュリティも毎月アップデートされる安心に使える端末です。

頭金と負担額は次のようになります。

頭金 500円
分割支払金 1,512円
月額割引 -1,512円
月々の実質負担 0円

Android One S1

507SH,AndroidOneの後継機種としてシャープから販売されたAndroidOne端末です。

防水・防塵・microSDに対応、5.0インチフルHD IGZO液晶ディスプレイが搭載されていて、綺麗な画面と省電力を備えたスタイリッシュな端末です。

頭金と負担額は次のようになります。

頭金 500円
分割支払金 1,296円
月額割引 -1,296円
月々の実質負担 0円

Android One S2

京セラが提供するAndroidOne端末で、防水・防塵・耐衝撃・赤外線を備えた端末です。

メインカメラの画質も1,300万画素の高画素カメラとなっていて、ピントの合わせが速い像面位相フォーカスを搭載しているので瞬時に綺麗な写真を撮ることができます。

頭金と負担額は次のようになります。

頭金 500円
分割支払金 1,296円
月額割引 -1,296円
月々の実質負担 0円

HUAWEI nova lite for Y!mobile

ワイモバイル公式SIMフリー端末として人気を博している端末です。

HUAWEI novaシリーズとしてはP9liteに変わりコスパ最強と呼ばれるSIMフリー端末です。

ワイモバイル端末ではなくSIMフリー端末なのに、ワイモバイルショップでサポートを行ってもらえるので契約後も安心して使えます。

頭金と負担額は次のようになります。

頭金 500円
分割支払金 1,080円
月額割引 -1,080円
月々の実質負担 0円

DIGNO E

発売されてから期間が経過していますが、人気衰えぬ京セラ製の”ガンジョースマホ”です。

防水・防塵・耐衝撃に対応していて、ハード使いでも耐えられる端末となっています。

頭金と負担額は次のようになります。

頭金 500円
分割支払金 1,296円
月額割引 -1,296円
月々の実質負担 0円

josei

Ymobileの実質0円端末はオンラインストアからの購入が一番確実!

今回ご紹介させていただいた、端末料金や月額割引の料金ははオンラインストアでの価格となっています。

実はYmobile(ワイモバイル)の店舗などでの販売代理店では金額が異なる上、割引と引き換えにその他のオプション契約を勧められるケースが往々にしてあります。

そういった店舗側の都合に知らずに乗ってしまい、不要なオプション契約をしてしまった場合には思っていたよりも支払い料金が高くなってしまうというケースは少なくありません。

Ymobile(ワイモバイル)の公式オンラインストアであれば、確実に月額割引が適用されますし、オプションも自分の判断で選ぶことができます。

そういったことを考慮すると、実質0円端末を実現するにはオンラインストでのお申し込みがもっともおすすめとなっています。

arrow32-001ワイモバイルのいちばんおトクな公式オンラインストアがコチラ

Ymobile(ワイモバイル)での実質0円端末の注意点

Ymobile (ワイモバイル)での実質0円端末を購入する際にはちょっとした注意点があるので確認しておきましょう。

機種変更では実質0円にはならない

Ymobile (ワイモバイル)で実質0円端末となる条件は、

・新規
・他社からのMNPのりかえ

などで新たにYmobile(ワイモバイル)を利用する場合です。

これまでもYmobile (ワイモバイル)を利用してきたユーザーがワイモバイルで機種変更を行う際には、月額割引の割引料金が少なくなるので実質0円にはならないので注意が必要です。

月額割引は翌月以降から適用

実質0円の実現に欠かせない月額割引ですが、実は初月は適用にはならず翌月以降から24ヶ月間の適用となります。

しかしここは特に心配することはなく、初月は端末分割料金の支払いはありません。

初月は、頭金の支払い・事務手数料の支払い・月額料金やオプション料金の日割りでの支払いなどとなっています。

ですでの、端末分割金の支払いが発生するタイミングでしっかりと月額割引が適用されるので実質0円となります。

分割払いを終えるまでの解約には特に注意

実質0円端末を購入する際の一番の注意点となるのは、分割払いを終えるまでの解約です。

特に2年以内の解約や他社へのMNPのりかえになると、端末分割代金の残金と違約金を支払う必要があり、コストが大きくなってしまいます。

また分割払いを終えていない時点での機種変更に関しても、次の端末の分割料金と二重の支払いになってしまうので注意が必要です。

これは実質0円端末に限ったことではなく、Ymobile (ワイモバイル)のような端末の分割払いができ契約期間がある携帯電話会社ではよくあることです。

ですので、分割払いが終わるまでの2年間はしっかり使うということを心がけることがおすすめです。

Ymobile(ワイモバイル)で端末を一括0円・実質0円での購入についてまとめ

josei

ぜひYmobileの端末をお安く手に入れてみてくださいね!

Ymobile(ワイモバイル)では一括0円でも実質0円でも端末を購入することが可能です。

一括0円はキャンペーンを実施している店舗を探してお目当の端末を探すもしくは、

オンラインストア限定のタイムセールを利用して手に入れることがおすすめです。

通常では数万円の端末が、一括0円になるので古い機種であったりアウトレット商品であったり、店舗によってはオプション加入が条件であったりすることには注意が必要です。

一方で実質0円端末は、端末の分割金と月額割引の割引金額は同額であれば、実質0円になるので今回ご紹介したような端末をオンラインストアで購入すれば実現します。

一括0円や実質0円の端末を購入することができれな、基本的にはプラン料金のみの支払いとなるので毎月お得にワイモバイルを利用することができます。

ぜひこういった0円端末を購入して、ワイモバイルをお得に利用してみてくださいね!

arrow32-001ワイモバイルのいちばんおトクな公式オンラインストアがコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする