TONEモバイルを子供だけに使わせる方法とその際の注意点とその解決方法をご紹介!

TONE(トーン)モバイルは、親御さんがお子さんに持たせるにはとっても人気な格安スマホです。

選ぶプランが1つでシンプルな上に月額料金が1,000円であったり、TONEファミリーを使えば子供の見守り機能を利用することができます。

ただこういったお子さんにトーンモバイルを持たせたい保護者の中には、自分は他の携帯電話会社を利用しながら、子供だけにTONEモバイルを使わせたい方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか?

トーンモバイルでは保護者の方が自分は別のキャリアなどでスマホを利用しながら、子供だけに使わせることはとっても簡単です。

今回はTONEモバイル(トーンモバイル)を子供だけに持たせる方法と、その際のメリットやデメリット、更には注意点をご紹介していきたいと思います。

TONEモバイルを子供だけに使わせる方法

josei

トーンモバイルを子供だけに持たせるには親名義で契約すればOK!

TONEモバイルをお子さんだけに利用させようと思うと、“未成年者の利用”になります。

TONEモバイルでは、基本的に契約名義人とクレジットカード名義人が一致していないと申し込みができません。

未成年の場合、特に18歳未満の高校生・中学生・小学生では基本的にクレジットカードを持っていないと想定すると、親御さんの名義とクレジットカードで契約をして、利用者をお子さんにすることがもっともスムーズな利用のさせ方です。

また18歳以上20歳未満(18歳と19歳)のお子さんの場合、契約者名義を本人にすることも可能ですが、その場合は、当事者と保護者が一緒にTONEモバイル取り扱い店舗に行って契約することが必要です。

そういったことを考えると

point8_4親御さんの名義で契約して子供に使わせる

というのがトーンモバイルをお子さんだけに使わせるもっとも簡単な方法です。

ただここで注意をしておきたいのは、トーンモバイルをお子さんだけに持たせる際には、後々発生してくるデメリットや注意点もあるのも事実だということです。

そういったことを解決する方法と、お子さんだけがトーンモバイルを持つ利点を確認していきましょう!

arrow32-001【TONEモバイル】のいちばんおトクな詳細はコチラ

TONEモバイルを子供だけに持たせる際の注意点

TONEモバイルをお子さんだけに持たせたい場合には注意点があるので、しっかりと確認していきましょう。

通話料金が高額になるケースもある

トーンモバイルのプランではオプション加入しなかった場合には、通話は050IP電話を利用することになります。

050IP電話とは簡単にいうと、ネット回線を利用した電話のことです。

この050IP電話での通話料金は、TONEモバイルでは次のようになっています。

point8_4TONEモバイル同士⇒無料

point8_4国内携帯電話宛て⇒21円/分

point8_4国内一般加入電話宛て⇒13円/3分

お子さんが電話をかけた相手がTONEモバイルであれば、通話料金は発生しませんが、その他、他社の携帯や一般の固定電話などに電話かけた際には上記の料金が発生します。

お子さんだけTONEモバイルを持たせるということは、親御さんに電話をかける際にも通話料金が発生しますし、他社携帯電話を使っている友達への電話などでは料金が発生するということです。

こういった通話料を確認してみると、お子さんの長時間の長電話では通話料の加算が注意ということになります。

そういった場合には、友達と通話する際にはLINEなどの無料通話アプリを利用することを約束したり、月額料金500円で使える「IP電話かけ放題オプション(1回10分まで無料)」へ加入の検討も必要かもしれません。※IP電話かけ放題オプションは契約後いつでも加入がOK

またTONEモバイルの通話に関しては、090などの番号で電話したい場合には、090音声オプションに加入する必要があります。

この090音声オプションでの月額料金と通話料金は、TONEモバイルでは次のようになっています。

point8_4オプション料金…953円/月

point8_4通話料金18円/30秒

となっていて、月額1,000円の基本料金に加え、953円のオプション料金がかかり、さらに通話ごとに上記の料金が発生するということになっています。

TONEモバイルに限ったことではありませんが、格安スマホでは使い方によっては”通話料金が高額になる”というケースもあるので注意が必要です。

このあたりはかけ放題の通話定額などがあるキャリアなどとは大きく異なるポイントです。

お子さんだけにTONEモバイルを持たせる場合にはこういったことを踏まえて、通話料金が高額にならないような約束を取り決めることが大切です。

TONEモバイル契約中には名義変更(譲渡)ができない

次に気をつけておきたいポイントは、TONEモバイルでは名義変更のうちの”譲渡”ができないということです。

譲渡とは個人間での名義を変更をすることです。

例えば、お父さんの名義から息子さんの名義へ変更することなどが譲渡にあたります。

譲渡ができないということは、保護者名義で契約したものを将来的にお子さんへ名義変更ができないということです。

つまりこれによって起こる問題は、

将来お子さんが自分で携帯電話の支払いをする際には一旦解約しなければいけない

ということになってしまいます。

お子さんがTONEモバイルを利用する際には、ほとんどが保護者の名義で契約することになります。

その後利用を重ねて、お子さんが成人してアルバイトや就職をして、携帯電話料金を自分で支払ってもらうことになった場合、支払人名義を変更する必要があるタイミングが来ると思います。

そういった場合、保護者からお子さんへの名義変更”譲渡”は行えず、支払人名義も変更はできません。

ですので支払人名義を変更して継続してTONEモバイルを利用したい場合は、一旦その契約は解約を行い、再度契約する必要が出てるくるというわけです。

特に090音声オプションを加入する場合には、そのまま継続してその電話番号を利用したい場合が多いのですが、一旦解約をしてしまうとその電話番号は失ってしまいます。

こういったTONEモバイルで後々発生する”名義変更(譲渡 )できない”という問題の解決策は

point8_4お子さんの契約には090音声オプションはつけない

point8_4090音声オプションをどうしてもつけたい場合は、他社へ乗り換え後に名義を変更する

といった方法がおすすめです。

一つ目は、学生のお子さんの場合であれば特に090の番号は必要がない場合が多いと思うのでは、090音声オプションをそもそも利用していなければ、名義変更時にも番号を引き継がなくてよくなります。

本当に必要になったタイミングで本人名義で、090等の電話番号を取得すればこの問題は解決できます。

またもう一つは、どうしても090音声オプションが必要な場合は、保護者名義で他社へ乗り換えた後に、名義変更(譲渡)を行えるキャリア(au/ドコモ/ソフトバンク)格安SIM(OCNモバイルONE/mineo/ワイモバイルなど)で、お子さんの名義に変更すれば電話番号を失わなくて済むということになります。

arrow32-001名義変更(譲渡)ができる格安SIMについて、名義変更ができないとどうなる?(参考記事)

こういった状況を踏まえると、お子さんにTONEモバイルを持たせるのであれば、090音声オプションには加入しないというのがより良い選択だと考えています。

最低利用期間がある

TONEモバイルには最低利用期間という、その期間内に解約を行うと違約金が発生してしまう期間があります。

TONEモバイルの最低利用期間は24ヶ月で、その期間内の解約金は9,800円です。

これは090音声オプションに加入している場合であっても、加入していない場合であっても最低利用期間があります。

ただし090音声オプションの場合では、6ヶ月未満に他社へのMNPとなるとMNP転出料金として9,800円がかかります。

この場合、最低利用期間での違約金は発生せず、24ヶ月以内の解約またはMNP転出であれば、いずれの場合も結局9,800円の費用がかかるということです。

2年以上使い切ってしまえばこういった費用はかからないので、お子さんには2年以上TONEモバイルで使ってもらうことを約束するのがいいかもしれません。

josei

トーンモバイルを子供だけに持たせる際の注意点まとめ!

TONEモバイルをお子さんだけに持たせる際の注意点は、ご確認いただいた通り何点かありましたが解決方法と一緒にまとめると次のようになります。

point8_4通話料金が高額にならないようにする
長電話を控える、また無料通話アプリなどを使う

point8_4名義変更(譲渡)ができないことを頭に入れておく
後々の解約を視野に入れて090音声オプションは加入しない、または乗り換え先で名義変更する

point8_4最低利用期間内の解約には違約金がかかる
24ヶ月間以上の利用をする

親御さんの名義で契約して子供だけに使わせる

といったことです。このポイントさえしっかり抑えておけば、お子さんだけにTONEモバイルを利用してもらっても損をすることはありません!

arrow32-001【TONEモバイル】のいちばんおトクな公式サイトはコチラ

TONEモバイルを子供だけに持たせてもTONEファミリーは利用可能!

TONEモバイルをお子さんだけに持たせても受けられるもっとも大きなメリットは、TONEファミリーというサービスを利用できるという点です。

TONEファミリーとは、簡単にいうと親御さんがお子さんの「スマホの利用状況や利用制限を管理できる」無料で利用できるオプションサービスです。

お子さんが今いる位置を把握したり、TONEスマホの利用時間・連絡先などを制限することができます。

具体的にはTONEファミリーでは、

point8_4居場所確認(見守り機能)
point8_4あんしんインターネット(フィルタリング機能)
point8_4アプリ制限
point8_4時間制限

などを利用できます。

このTONEファミリーは、親御さんがTONEモバイルを利用していなくても利用が可能です。

保護者の端末がTONE端末以外の場合にも、TONEモバイルの会員情報からログインして

・「サービス内容」の「TONEファミリーをまだ申し込んでいない方」⇒「申し込み」を選択して

・保護者のメールアドレスを入力⇒”保護者のTONEをお持ちですか”の表示に部分で「持っていない」を選択することで、インターネットにつながる端末をもっていればどの端末でも、ブラウザやアプリを使えばTONEファミリーを使ったお子さんのスマホの見守りをすることが可能となります。

保護者はTONEモバイルでなくてもTONEファミリーを利用する方法の詳細<親端末がTONE以外の場合>からを参考にしてください。

TONEモバイルの見守り機能はお子さんがスマホを利用する際に、親御さんにとって便利な機能といのうには知られていますが、親御さんの端末がTONEモバイルでなくても利用できるというのはあまり知られていません。

実際には、親御さんが主に利用する端末がどこの携帯電話会社のものであっても、TONEファミリーは利用が可能ですので、安心して子供だけにTONEモバイルを使わせることができます。

まとめ:TONEモバイルを子供だけに使わせてもメリット多いんです!

josei

トーンモバイルを子供だけに持たせてスマホ代を節約して、便利な機能も利用してください!

TONEモバイルを子供だけに利用させればたくさんのメリットがあります。

point8_4子供のスマホ代を月額1,000円〜で抑えられる!
point8_4データ通信量は無制限で使い放題なので安心!
point8_4TONEファミリーの見守り機能などは、親の端末はTONEモバイルでなくてもOK!

といったことがメリットとして挙げられます。自分はドコモやau、ソフトバンクといったキャリアで利用しているけど、利用料金の関係などで子供にはできるだけ安くてしかも安心に使える格安スマホを使って欲しいですよね。

そういった場合には、親御さんの名義で契約をしてお子さんだけにトーンモバイルを利用してもらうことが可能です。

その際には、注意点もしっかり確認して、なるべく通話料を抑えてもらい、先を見越して090番号では契約せずにIP電話やアプリを使った通話を利用してもらうことがおすすめです。

お子さんだけにTONEモバイルを利用させたいとう方は、TONEモバイルでのメリットをたくさん受け取って注意点に気をつけながら、安心して使えわせられるTONEモバイルをお子さんに持たせてみてくださいね!

arrow32-001【TONEモバイル】のいちばんおトクなお申し込みはコチラ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。