Ymobile(ワイモバイル)のタダ学割を超解説して一番お得に申込む方法を伝授!

Ymobile(ワイモバイル)は2017年12月1日から新たに学割サービスを提供しているんですが、そのインパクトがものすごいのです!

その名も「タダ学割」!!

これは2017年からのスタートではありますが、実質的には、”2018年度のワイモバイルの学割”となっています。

タダっていう響きだけで魅力的ですが、今回のキャンペーンは本当に本当におトクな特典が付いていて、さすがワイモバイルという感じです!

CMでも流れているので、「タダ学割ってどうなの?」思われている場合も多いと思いますが、新生活に向けてスマートフォンを利用したい学生さんにはとってもうれしい内容となっているんです!

josei

ワイモバイルのタダ学割は申し込む時期によってお得度が違う!

ワイモバイルのタダ学割は期間限定のキャンペーンで

2017年12月1日〜2018年5月31日

がキャンペーン期間となっています。

この間にワイモバイルに申し込めば特典のうちのひとつである「基本料タダ」が受けられます。

しかしこのキャンペーンのルール上、申し込みの日時によって割引期間が異なることになっています。

2017年12月中の契約…最大4ヶ月無料

2018年1月以降の契約…最大3ヶ月無料

というルールになっています。ですので、できれば2017年に申し込んで4ヶ月分を無料にしてもらいところです。

しかし、申し込みが4月や5月になったところで、申し込み月を含めた3ヶ月間は無料になるので期限内ならいつになっても申し込んだ方が絶対にお得というわけです!

それでは、ワイモバイルの「タダ学割」の詳細を確認して、もっともお得に申し込むタイミングまで確認していきましょう!

arrow32-001タダ学割をを簡単に申し込めるワイモバイルオンラインストアがこちら

絶対おトク!Ymobile(ワイモバイル)のタダ学割の詳細

ワイモバイルで実施されている「タダ学割」の詳細を確認していきましょう!

タダ学割の特典

まずこのキャンペーン中に申し込んだ際の特典ですが、ワイモバイルでの

基本料が最大3ヶ月タダ!(2017年申し込みで最大4ヶ月)
データ容量がずっと2倍!(500円/月が無料)

となっています!

・基本料が無料になる詳細

ワイモバイルでスマホを利用する際には、スマホプラン(S/M/L)というプランを利用することになります。

このプランには、10分以内の通話では無料通話が行えて、しかも月の回数制限がないので、ワイモバイルを利用しているユーザーにはとっても好評のプランとなっています。

タダ学割で申し込めばその無料通話を含めたプラン料金が無料となります。

無料になる期間は申し込む期間によって異なり、

2017年12月中の契約…最大4ヶ月無料

2018年1月以降の契約…最大3ヶ月無料

となっているのは冒頭で確認していただいた通りです。

ですので、

・12月に申し込み…12月・1月・2月・3月分の基本料金が無料

・1月に申し込み…1月・2月・3月分の基本料金が無料

・2月に申し込み…2月・3月・4月分の基本料金が無料

・3月に申し込み…3月・4月・5月分の基本料金が無料

・4月に申し込み…4月・5月・6月分の基本料金が無料

・5月に申し込み…5月・6月・7月分の基本料金が無料

という割引期間が適用されます。

キャンペーン自体は2018年5月31日までになっていますが、割引期間が5月末までというわけではなく、申し込み自体を5月末までに行えば、それ以降3ヶ月間の基本料無料という特典が受けられます。

実際の割引額を計算をしてみると

例えば2017年12月に、スマホプランMを申し込んだ場合には最大で、

・月額2,980円(税抜)×4ヶ月分=11,920円分をタダで使えるというわけです。

2018年の1〜5月の申し込みであってもスマホプランLであれば最大

・月額4,980円×3ヶ月分=14,940円分をタダで使えるというわけなのです!

タダ学割で無料になる基本料の合計(最大)

申し込み
時期
スマホ
プランS
基本料1,980円
スマホ
プランM
基本料2,980円
スマホ
プランL
基本料4,980円
2017年
12月
7,920円 11,920円 19,920円
2018年
1月〜5月
 5,940円 8,940円 14,940円

こうしてみると、最低でも6,000円近くはお得になり、申し込み時期とプランによっては約2万円の金額の割引と受けられるということですよね!

※こちらの計算は基本料金と割引期間を単純計算したものなのであくまでも参考にしてくださいね!

・データ容量がずっと2倍!の詳細

続いてはタダ学割の二つ目の特典の、データ容量がずっと2倍オプションが無料となる特典です。

もう一度ワイモバイルの基本プランを確認しておくと

となっていて、

・スマホプランS:1GB
・スマホプランM:3GB
・スマホプランL:7GB

というのが基本的な設定です。通常であれば、基本料金に加えて月額500円を支払えば

・スマホプランS:1GB→2GB
・スマホプランM:3GB→6GB
・スマホプランL:7GB→14GB

となる「データ容量ずーっと2倍オプション」に加入することができるのですが、「タダ学割」での申し込みにおいては、このオプション料金の月額500円が無料で2倍となる特典となっています。

しかも適用期間も良心的で、次の機種変更までずっと2倍のまま使えることになっています。

タダ学割の適用条件

肝心のこのタダ学割の適用条件ですが、

・申し込み時の使用者が5歳以上で18歳以下であること(18歳もOK!)
・新規契約・他社からののりかえ・ソフトバンクからののりかえ(番号移行)も含む
・スマホプランS/M/Lでのお申し込み
・指定の申し込み窓口(オンラインストアが便利)からの申し込み

となっています。適用とならないのは、0歳から4歳のお子さん、19歳以上の方となっています。

18歳以下のお子さんが初めてのスマートフォンのご利用であれば新規契約となり適用条件を満たすことになります。

また現在どこかのスマートフォンを利用中で、ワイモバイルへのりかえる場合にはMNPとなるのでこちらも適用条件を満たします。

ワイモバイルではこのように未成年の方が利用をする際には、保護者の方が契約名義人となって使用者を未成年に指定することで可能になります。

また、契約者を保護者にして、使用者をこの適用条件に当てはまる方にさえしてしまえば、この「タダ学割」が適用されるということになります。

Ymobile(ワイモバイル)のタダ学割は月初めがもっともお得に申し込むタイミング!

josei

ワイモバイルの初月料金は日割りなので、月末より月初に申し込むのがお得!

ここでワイモバイルの「タダ学割」を申し込むタイミングについてアドバイスです。

ワイモバイルの初月の月額料金は日割り制度となっています。

「タダ学割」は初月から無料になる特典が適用されるので、あまり関係ないといえば関係ないのですが、細かくいうと月初め(1日〜5日頃)に申し込むのがもっともお得となっています。

というのも、本来は日割りということは、初月では利用した日にち分だけの料金が請求されます。

例えば月初めの1日から利用を始めればそれだけ料金がかかりますし、月末の31日などに利用すれば1日分だけの料金が発生することになります。

「タダ学割」では利用開始当月から無料となる!

ので、ちょっとしか利用しない月末の申し込みよりも、たくさんの日にちの利用となる月初での申し込みの方が、無料適用になる期間が長くなるというわけなんです。

30日分の料金が無料になるのと、1日分の料金が無料になるのであったら、そりゃもちろん30日分の料金が無料になった方がいいですもんね!

だから

月初めでの申し込みの方がお得!

というわけなんです。

とはいえ、2017年12月のお申し込みであったり、キャンペーン終了間際の5月末の申し込みであればそんなことは関係なく月初でも月末でも、どの時期で申し込むかは悩む必要はありません。

またお子さんがスマホをお使いになりたいタイミングも、それぞれのご家庭によって異なると思うので、あくまでも参考にして申し込んでみてくださいね!

arrow32-001タダ学割のいちばんおトクな申し込み先(オンラインストア)はこちら

Ymobille(ワイモバイル)のタダ学割の申し込み方法

最後に肝心のワイモバイルでの「タダ学割」の申し込み方法です。

ワイモバイルショップ(取り扱い)店舗での申し込み
ワイモバイルオンラインストアからの申し込み

となっているのですが、ワイモバイルの一部のショップで取り扱いがしていない店舗もあったり、不要なオプション加入をすすめられる場合もあります。

ワイモバイルでのオンラインストアからの申し込みであれば、

契約者(保護者)の方とは別に、利用者情報欄に「タダ学割」の対象となるお子さんの情報を入力すれば、自動的にキャンペーンの適用となります。

利用する機種を決めて、プランを選び、指示に従い申し込みを進んでいけば利用者の欄が出てくるので、「契約者と別」にチェックを入れて必要事項を入力するだけです。

必要な準備物としては
申し込み人名義のクレジットカード
申し込み人の本人確認書類
使用者(18歳以下の方)の本人確認書類

※それぞれの本人確認書類のよって、同性で同住所であれば以上の準備物のみです。
住所が違っていたり、苗字が異なる場合は、家族であることが証明できる書類(世帯連記式の住民票など)が必要となります。

josei

店舗に行くなら親子揃って!オンラインストアなら親子揃っていなくてもOK!

店舗にいって契約する場合には、親子揃っての来店が必要です。

なかなか日取りを合わせるのが難しかったり、一緒に行けない場合は、オンラインストアでの申し込みが便利です。

親子揃っていなくても、上記の準備物を用意して、インターネットから申し込めば完了です!

スマホをネットで買う時代になったんだなあとしみじみ思うのですが、これなら簡単にしかも手間なくお得に申し込めますよね!

ぜひともワイモバイルのタダ学割を最大限に活かしておトクに申込んでみてくださいね!

arrow32-001ワイモバイルの一番おトクなオンラインストアでのお申し込みはこちら

Ymobile(ワイモバイル)のタダ学割の注意点

ワイモバイルのタダ学割で申し込む際の注意点を確認しておきましょう!

注意点といってもワイモバイルでの通常のルールとなっていていることが多いので、タダ学割だから気にしないといけないというほどではありません。

契約期間は2年間

ワイモバイルでは、スマホプランを利用する際には2年契約となっています。

スマホプランは2年単位の契約(自動更新)となっていて、契約期間中の解約などには契約解除料9,500円がかかります。

2年後に迎える契約更新月に解約を行えばこの契約解除料金は一切発生しません。

割引適用が終了してしまうケース

次のような場合ではタダ学割の割引適用が終了してしまうので注意が必要です。

・回線を解約してしまった
・誰かに譲渡して名義変更してしまった
・スマホプランS/M/L以外のプランへ変更してしまった
・使用者名義を変更してしまった
・データ容量ずーっと2倍特典に関しては、機種変更をした場合

こういった場合、その手続きを行った当月利用分までは割引適用となりますが、その翌月以降で割引適用が終了してしまいます。

こういったことは通常の利用を継続していけばあまり起こることではないので、解約や変更などは控えることがおすすめです。

端末代金の分割料金や無料通話を超えた料金は支払う必要がある

このタダ学割の割引制度は、プランの基本料金への割引制度です。

ワイモバイルのスマホプランで端末を購入を分割払いにした場合には、もちろん分割料金を支払う必要があります。

「タダ学割」だからといって全てがタダになるわけではなく、端末代金の分割料金を支払いがかかるのは当然です。

また、ワイモバイルのスマホプランでの無料通話は10分を超えると20円/30秒の通話料金が発生してしまいその料金は請求がされます。

なるべく長電話を控えて、長時間の通話になる場合には10分以内で一旦切ることがおすすめです。

josei

確認事項は以上!特に難しいことはありません!

ワイモバイルをお子さんが利用するなら現在実施中のタダ学割がとってもお得です。

注意点も特に難しいことはありません。

適用条件の対象であればこれだけ安く、というか無料で使える期間があるのでとってもありがたいですよね。

特にお子さんにスマホを持たせたいと思っている親御さんの場合には、ワイモバイルでは、フィルタリングサービスがあり安心です。

ワイモバイルでは、使用者が未成年の場合にはお子さんが安全に安心してインターネットを利用できるように、保護者や親権者のかたからのお申し出がない限り、原則としてフィリタリングサービスを自動的に適用してくれるのも嬉しいポイントです。

arrow32-001タダ学割のの一番おトクなお申し込みはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。