BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)の通話料を安くする方法を徹底伝授!

BIGLOBE SIM(BIGLOBEスマホ)を利用する際に知っておいていただきたいのは、通話料(電話料金)を安くする方法がある!ということです。

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)のような格安SIMにとっては通話料を節約するというのは大きなポイントです。

これを知らないまま何も考えずに音声通話SIMで電話をかけすぎてしまうと月間数千円も損をしてしまう場合もあります。

またBIGLOBE SIMの通話オプションの通話定額やかけ放題は本当に必要なのでしょうか?

そのあたりも含めてBIGLOBE SIM(BIGLOBEスマホ)で通話料金をもっとも安くする方法を確認していきましょう!

josei

BIGLOBE SIMの通常の通話ではこの料金!
それがBIGLOBEでんわを使うだけで半額以下の料金になる!

まず確認しておきたいのは、BIGLOBE SIMの音声対応SIMで090や080番号で電話かけた時の料金です。

通常
通話料金
20円/30秒(税抜き)

これは税抜きの料金なので、税込になると21.6円/30秒となります。

例えば1時間の電話をした場合には、税抜きで2,400円、税込みで2,592円の料金が月額料金に加算されることになります。

月に1時間の電話をしなくとも、1日平均1分だとしても30分/月、税抜きで1,200円、税込みで1,296円の料金が加算されてしまいます。

これってせっかくのBIGLOBE SIMのような格安SIMで利用して節約できるはずがとってももったいない話ですよね。

BIGLOBE SIMの利用者であればBIGLOBEでんわという無料アプリを誰でも利用することができるのですが、通話料金を半額以下に抑えることが可能です。

BIGLOBEでんわ
通話料金
10円/30秒(不課税)

ここで少し大きなポイントは、BIGLOBEでんわで通話した分の料金は不課税といって消費税がかからないということです。これでさらに通常の通話するより安くなるというわけです。

これを先ほどの例に当てはめると次のような料金差になります。

通常通話 BIGLOBE
でんわ
から通話
差額
1時間/月
の通話
2,592円
(税込)
1,200円
(不課税)
1,392円
30分/月
の通話
1,296円
(税込)
600円
(不課税)
696円

これはBIGLOBE SIMの通話料金を安くしていく上で絶対に使っておくべき方法ですよね!

point8_4ずは絶対にBIGLOBEでんわを利用すること!

これがいちばんのポイントなのですが、BOGLOBESIMではさらに

・通話パック60
・3分かけ放題

という通話オプションもあります。これを利用すべきかどうか迷っている人も多いのですが、後から加入ができますのでまずはBIGLOBEでんわが最優先です。

その上でその他の通話オプションや、その他のLINE通話や楽天でんわを使った通話料金の節約方法も確認していきましょう!

arrow32-001BIGLOBE SIMのいちばんおトクな詳細はコチラ

BIGLOBEでんわとは利用するだけで通話料が半額になるサービス

「BIGLOBEでんわ」とはスマートフォンで契約している電話番号をそのままで、専用アプリか発信するだけで国内通話が半額になるサービスです。

月額基本料 初期費用
無料 無料

また国内通話だけでなく国内から海外への通話料金も低価格で利用することが可能です。

それぞれの通話料金は次のようになっています。

point8_4BIGLOBEでんわ」を使った場合の通話料金

国内通話料 10円/30秒(不課税)
国際通話料 20円/30秒(不課税)
衛生電話 200円/30秒(不課税)

すでにご紹介している通りこの料金であれば国内通話で通常が20円/30秒なので半額となります。

また国際電話では韓国や中国などの東アジアへの電話では平日の昼間では通常57円/30秒かかるので、約1/6の料金で利用ができるということです。アメリカなどでも平日昼間では34円/秒なので約1/3以下の料金で通話ができるということです。

国内通話でも国際通話でも安く電話ができるというのが「BIGLOBEでんわ」の特徴となっています。

電話番号の通知もそのままでどんな相手にも発信が可能!

また「BIGLOBEでんわ」の特徴としてはどんな相手にも通話料が半額以下が適用されるということです。

アプリを介した電話なので、相手も「BIGLOBEでんわ」を利用してなくてはいけないんじゃないの?と思いがちなのですがそういったことはありません。

・一般加入電話(自宅の固定電話や会社やお店の電話)
・一般携帯電話(スマホやガラケー)
・IP電話
・ひかり電話

上記のような相手にかける場合には相手が「BIGLOBEでんわ」を利用していなくてもこちらの通話料金は「BIGLOBEでんわ」のものが適用となります。

ただここで注意しておきたいのは発信番号と、相手に私たちの番号が表示される通知番号についてです。

「BIGLOBEでんわ」の専用アプリからの発信は、自動で「4ケタのBIGLOBEでんわ用の番号(特番)」をつけてアプリから発信してくれることになっています。

なので、発信番号を見たときに相手の電話番号に前に4桁の番号が自動でつくことになっています。

その上で発信するのですが、相手が携帯電話(スマホやガラケー)やPHSであれば、私たちの持っている電話番号がそのまま相手に通知がされるので安心してください。

ただ、NTT東日本/NTT西日本の固定電話などへ発信する際は、私たちの発信者番号は非通知となるのは注意点です。

point8_4携帯電話・PHSへの電話⇒番号そのままで通知
point8_4NTT東日本/NTT西日本の固定電話などへの電話⇒非通知で通知

また10、119、117などの3桁特番や、0120、0800、0570などで始まる電話番号は、「BIGLOBEでんわ」で発信した場合でも自動的に標準通話に切り替えて発信されるので、通常の料金(20円/30秒)となるので注意をしておいてください。

キレイな音で通常電話と同等品質で利用も簡単

また「BIGLOBEでんわ」では、IP電話のようなインターネット回線を利用した通話ではなく電話網を利用した通話なので、通常の電話と同じような品質で通話が可能です。

IP電話はネット回線での通話なので、電波のつながりにくい場所ではノイズが入ってしまったり、音声の途切れが起きてしまい満足に通話ができなくなる場合もあります。

しかしここはさすがの老舗プロバイダのBIGLOBEということで、電話網を利用した通話が可能でドコモなどのキャリア利用が慣れている人にとってもストレスなく通話を行うことが可能です。

また利用はとっても簡単で、BIGLOBE SIM(音声通話SIM)の挿さった端末でアプリをダウンロードして、アプリを起動して発信を行うだけです。

この際には端末に登録されている電話帳が自動的にアプリに移行するので特別な設定や面倒な手続きも必要ありません。

もちろんiPhoneでもAndroidでも利用が可能でアプリのダウンロード先は次のようになっています。

arrow32-001BIGLOBEでんわダウンロード(iPhone版)

arrow32-001BIGLOBEでんわダウンロード(Android版)

josei

BIGLOBE SIMの通話で通話料金を安くするには、まずはBIGLOBEでんわを使えばいいだけ!

BIGLOBE SIMの音声通話SIMを利用するのであればBIGLOBEでんわを使うことがもっとも通話料金を安くできる簡単な方法となります。

利用するのかしないかでは冒頭でお伝えした通話時間の場合には次のような料金の違いとなります。

point8_4月30分(1日平均1分)の通話の場合の合計料金

音声通話 BIGLOBE
でんわ
利用時
BIGLOBE
でんわ
非利用時
音声通話
スタート
プラン
(1GB)
1400円
2,000円 2,696円
3ギガ
プラン
1,600円
2,200円 2,896円
6ギガ
プラン
2,150円
2,750円 3,446円
12ギガ
プラン
3,400円
4,000円 4,696円
20ギガ
プラン
5,200円
5,800円 6,496円
30ギガ
プラン
7,450円
8,050円 8,746円

BIGLOBEでんわを使うだけで月に30分の通話であっても月々600円の節約となります。

倍の月1時間の通話であれば月々1,200円の節約です。年間にするとこの場合で7,200円〜14,400円の通話料金の節約になるというわけです。

しかしそれ以上にBIGLOBE SIMのような格安SIMで大切なことは、できるだけ通話時間を減らすということに限ります。

ただし、どうしても必要な仕事での電話、お店への予約の電話、固定電話しかない家族の電話などでは次に紹介する通話パック60や3分かけ放題の通話オプションに加入するのも一つの通話料を安くするという方法です。

arrow32-001BIGLOBE SIMのいちばんおトクな詳細はコチラ

BIGLOBE SIMの通話パック60と3分かけ放題の詳細と入るべき人の特徴

BIGLOBE SIMでは音声通話SIMを利用の場合に月額650円でBIGLOBEでんわを利用した「1,200円分(最大60分)の国内通話」もしくは「3分以内の国内通話が何度でもかけ放題」のどちらかを選べるオプションサービスがあります。

  月額
利用料
特徴
通話
パック60
650円 1,200円分(最大60分の)国内通話
3分
かけ放題
3分以内の国内通話なら何度でもOK

このオプションでは先ほどご紹介したBIGLOBEでんわを介した通話での利用が条件となっています。つまりどちらにしてもBIGLOBEでんわをインストールする必要があるということです。

こちらのそれぞれのオプションを対象の音声通話SIMに付け加えると各プランでは次のような合計料金となります。

  音声通話 通話
オプション
合計
音声通話
スタート
プラン
(1GB)
1,400円 850円 2,050円
3ギガ
プラン
1,600円 2,250円
6ギガ
プラン
2,150円 2,800円
12ギガ
プラン
3,400円 4,050円
20ギガ
プラン
5,200円 5,850円
30ギガ
プラン
7,450円 8,100円

通話パック60の詳細と入るべき人の特徴

BIGLOBE SIM「通話パック60」はBIGLOBEでんわを経由した国内通話1,200円分(最大60分)が、650円(不課税)/月で利用できます。

国内通話1,200円分というのが少しわかりにくのですが、60分間の通話が650円で利用できるということです。

通常BIGLOBEでんわを経由すれば60分間では1,200円になるために、それが650円で利用できるため、550円の通話料がお得になるというわけです。

この「通話パック60」に入るべき人の特徴はずばり次のような場合です。

point8_4月に電話する回数は少ないけど、1回の電話が長い場合

point8_4月間33分以上の通話を必ずする場合

この通話オプションがお得に使えるケースは、短い通話ちょこちょこするタイプではなく、比較的長い時間通話をするタイプの人です。

例えば10分の通話を月4回(計40分)した場合、BIGLOBEでんわのみでは800円となります。

一方でこの「通話パック60」に入っていれば650円の加算料金のみな上に、あと20分に通話時間が残っていることになります。

この損をするのか得をするのかの分岐点を計算した際には月間33分以上の通話する場合であればこの「通話パック60」の加入が向いているということになります。

・家族への通話がついつい長引いてしまう場合
・仕事などで電話を使い、通話時間を自分自身でコントロールできない場合

ここで一つだけ注意点としては、BIGLOBEでんわでは30秒単位での課金の計算となります。

例えばこの通話パック60の場合、20秒の通話だったとしても30秒と換算され、1分10秒の場合であっても1分30秒と換算されます。

この場合実際の通話時間は1分30秒ですが、2分間の通話と換算されてしまいます。

そういった通話を繰り返してしまった場合には、月の通話時間が実際には60分未満であっても通話パック60を使い終わることがるということです。

3分かけ放題の詳細と入るべき人の特徴

「3分かけ放題」は「BIGLOBEでんわ」での通話で1回につき3分以内の国内通話が、650円(不課税)/月で何度でも利用できるかけ放題オプションです。

ドコモなどのキャリアでの通話に慣れている場合には、対象の1回あたりの通話時間は短くなりますがこちらの方が使い易いかもしれません。

こちらの3分かけ放題は〇〇円分といったサービス体系ではないので、かければかけるだけお得になるという仕組みになっています。

例えば、1回あたり3分以内の通話を毎日1回行った場合、通常のBIGLOBEでんわからの通話料金では1,800円となります。(3分×30日×10円/30秒で計算。)

「3分かけ放題」の月額料金は650円なので、この場合では1,150円がお得になるというわけです。

つまりさらに3分以内の通話があればあるほど、支払う料金よりもお得に利用することが可能になるということです。

しかしここで大事になるのが、通話時間のコントロールです。

3分以内で切れば追加での料金はかからないので、短時間の通話を頻繁に繰り返す場合であれば、この「3分かけ放題」が向いているということになります。

point8_4短時間(3分以内)の通話を頻繁にかける場合
point8_4長時間通話になりそうな場合に一旦切るなどのコントロールができる場合

上記のようなタイプであればこの3分間かけ放題のオプションが無駄なく利用することが可能です。

通話パック60と3分かけ放題はどっちがお得?本当に入るべき?

確認していただいた通り、「通話パック60」は1回の通話時間に関係なく、1カ月間で60分以内の通話が定額となる通話オプションです。

「3分かけ放題」は3分以内の通話なら何度かけても定額料金のかけ放題通話オプションです。

この通話オプションのどちらに加入すべきか?またどちらも加入しなくてもいいのではないかとお考えの場合はご自身の通話時間をしっかりと把握したで下記を参考にしてみてください。

1ヶ月の
通話時間
どちらがお得か
33分未満 オプション加入の必要なし「BIGLOBEでんわ」がお得
33分〜60分 「通話パック60」がお得
(1回の通話が3分以内なら「3分かけ放題」と同料金)
60分以上 1回の通話が短い:
「3分かけ放題」がお得
1回の通話時間が長い:
「通話パック60」がお得

BIGLOBE SIMの通話オプションに入らずに通話料金を安くする方法

月のトータルの通話時間が長い場合はそもそもBIGLOBE SIMのような格安SIMには向いていないかもしれません。そういった場合にはキャリアのかけ放題のお得になるケースもあります。

しかし現在では、次のような方法があるので通話料を安くする方法があるので参考にしてみてください。

同じアプリ同士で使える無料通話を利用する

line

まず、電話番号はなし同じアプリ間で通話ができるサービスですが、LINEアプリの機能であるLINEでんわを利用する方法です。

通話する相手がLINEに登録していれば無料で通話ができるサービスです。できるだけ通話料をかけたくない場合で通話をする相手も登録していれば是非活用したいアプリですよね。

またLINE以外にもSkype(スカイプ)やFaceTimeも(フェイスタイム)もこの類のサービスです。

IP電話を利用する

050plus

次に050の番号がもらえるIP電話サービスを利用する方法です。代表的なサービスでは「050プラス」や「LaLaCall」などがあります。

データ高速+音声通話プランやデータ無制限+音声通話プランのような音声通話プランでは次に紹介する方法で十分かもしれませんが、データSIM専用の通話でも固定電話や携帯電話に電話できるサービスです。

特徴としてはこのIP電話サービスはインターネット回線を利用しているので通常の電話回線を利用した通話より安く利用することができます。

ちなみに050PLUSでの料金は以下のようになっています。

point8_4基本料金300円
point8_4通話料金
・固定電話8円/3分
・携帯電話16円/1分
・050プラス同士無料

こういったサービスを利用しながら、月々の通話料金を安くしていくことがBIGLOBE SIMのような格安SIMでは必要です。

BIGLOBE SIM(ビッグローブSIM)の通話料を安くする方法まとめ

josei

BIGLOBE SIMでは通話料金を安くするのはとっても簡単です!

BIGLOBE SIMでは次の順序を守れば通話料金を安くすることは簡単です。

point8_4BIGLOBEでんわを必ず利用する

point8_4ご自身の月々の通話時間をしっかりと把握する

point8_4できるだけ090や080の電話が長くならないように通話時間をコントールする

point8_4スマホ同士の電話などの場合LINEなどのアプリを利用する

point8_4その上で通話オプション(通話パック60や3分かけ放題)に加入するかを決定する

最後の通話オプションの加入に関してですが、私がこれからBIGLOBE SIMに加入するのであれば、一旦は加入は控えます。

というのもこれらのオプションは後からでも加入が可能だからです。

またこれらの通話オプションでは、月のいつ加入したとしてもその月の通話料金をさかのぼって適用してくれるのがうれしいポイントです。

例えば、10月20日に通話パック60にオプション加入したとしても、1日〜19日までの通話分も10月利用分として通話パック60分として換算してくれるということです。

こういったポイントも踏まえてぜひ通話料金をいくらでも安くできるBIGLOBE SIMをお得に利用してみてくださいね!

arrow32-001BIGLOBE SIMのいちばんおトクなお申し込みはコチラ


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。