Ymobile(ワイモバイル)で審査落ち!?基準を知れば通らない原因がわかる!

Ymobile(ワイモバイル)を申し込みの際に気になるのは、審査の基準です。

ワイモバイルでの審査落ち、審査が通らないなんていう意見がある一方で、間違った誤解があるのも確かです。

しっかりと条件を満たせば問題なく申し込むことが可能です!

josei

先に結論!そんなに心配する必要はありません!

まずはじめに結論からいってしまうと、ワイモバイルを申し込む際に、「審査に通らないんじゃないの?」という心配をする必要はありません。

これはこれから初めてワイモバイルを申し込む場合でも、1度他社などで審査に落ちてしまった場合でも同じです。

もちろんこれまでの最低限の利用の仕方や、ルールを守るといったことも必要ですが、そこまで神経質に心配することではないかもしれません。

ワイモバイルは2年契約での申し込みとなるので審査が厳しいんじゃないの?と思われるかも知れませんが、審査といってもあくまでもルールを守って申し込めば審査に落ちることはそうありません。

しかしこのルールを守って申し込まないと、申し込みの申請に通らなかったり再度申し込みをしないといけないという手間や時間がかかってしまいかねません。

ですので申し込みの前にその内容を詳しく確認しておいてくださいね。

arrow32-001ワイモバイルのいちばんおトクな詳細はこちら

Ymobile(ワイモバイル)の審査に落ちる理由

それでは、まず必ず確認しておきたいワイモバイルではこんな場合に審査に落ちてしまう可能性が高いという理由をみてきましょう!

1、今までにau・ドコモ・ソフトバンクでの支払いの滞納や未払いがあった場合

基本的なことですが、過去に度重なる携帯電話料金の未払いや滞納があった場合には審査に落ちてしまう可能性は高くなります。

auやドコモやソフトバンクなどではキャリア間で信用情報が共有されているので、当然その情報はワイモバイルにも共有されています。

ですので、ワイモバイルでもそれだけリスクの高い申込者を受け入れてくれる可能性は低いと考えるのが当然です。

2、過去にキャリアで早期解約があった場合や不自然な解約があった場合

現在ではキャシュバックや端末一括0円のキャンペーンは少なくなりましたが、それを利用して以前にキャッシュバックで利ざやを儲けたり意図で契約して早期解約をしたことがある場合や、端末を転売目的で購入したりして早期解約をしたことがある場合には要注意です。

こういった不自然な解約を繰り返した過去があると、ブラックリストに載っている可能性が高く審査に落ちてしまうかもしれません。

3、消費者金融からの借り入れが多岐にわたる場合

こういった過去や現状がある場合には、ちょっと注意が必要かもしれませんが、一度申し込んでみるということで意外と審査に通るといったケースは珍しくありません。

Ymobile(ワイモバイル)の審査基準は?厳しいというのは間違ったイメージ!?

josei

ワイモバイル≒ソフトバンクというイメージが間違った印象を与えている!?

ワイモバイルは審査が厳しいんじゃないの?というイメージは、ワイモバイルはソフトバンクの子会社だから誤った印象を与えているのかもしれません。

というのもソフトバンクのようなキャリア(au・ドコモ)では、一般的に審査の厳しさの順番が次のようにいわれています。

point8_4ソフトバンク>ドコモ>au

ソフトバンクでは以前の携帯電話の滞納や未払い、その他のローンでの滞納や信用情報に落ち目がなくても審査に落ちたという情報があるのも確かです。

しかしそれには様々な理由があり、2年契約の中で料金を支払い続ける必要があるということと、高額なスマートフォン機種代金にあります。

ソフトバンクでは最新のiPhoneなどを販売しています。月々の利用料金のにこの機種代金の分割代金が加算されるので、合計月額支払いが1万円を超えることも珍しくありません。

そういった事情もあってかソフトバンクでは、事前に未払いになってしまうのを防ぐためにある程度の基準を設けて審査に通さないという流れになっているのです。

ただ現在世間の流れとして、キャリアの料金が高いということで格安SIMが注目を集めている中で、そういったユーザーを引き留めたり新規ユーザーの審査がゆるくなっているのも確かです。

話は逸れましたが、ワイモバイルは確かにソフトバンクの子会社であるのですが、料金体系が全く異なり安い月額料金で利用できますし、販売されている機種代金も最新のiPhoneではなく、過去に人気だったiPhoneを低価格で販売していたり、スペックの良いAndroidを安く販売をしています。

つまりソフトバンクなどのキャリアと比べて、月々の合計支払いが安くなるので、支払い滞納のリスクがワイモバイル側にしてみれば少なくなるということです。

そういったリスクが少なくなれば審査もゆるくなることもうなずけますし、ソフトバンクと基準が違うことも理解できますよね。

携帯会社側も契約してくれる人が多い方がもちろん自社にとっていいわけですしね!

ただ気になるのは審査に落ちない方法で確実にワイモバイルを契約する方法です。

しっかりと確認していきましょう!

arrow32-001ワイモバイルのいちばんおトクな詳細はこちら

Ymobile(ワイモバイル)の審査は一括と分割で厳しさに違いあり!

上記でもお伝えした通り、携帯電話の支払いには月々の利用料金(プラン料金)と端末代金の支払いがあります。

端末代金は購入時に一括と分割を選択することができますが、分割払いを選択すると部端末分割金が月々の利用料金に上乗せされた料金が請求されます。

端末代金を一括で支払った際と、分割で支払った際では、分割を選択した方が支払いが滞納をする可能性が高くなります。

・ワイモバイルでの機種代の支払い方による審査の違い

point8_4端末分割支払い⇒審査厳しくなる
point8_4端末一括支払い⇒審査ゆるくなる

とはいえ、分割支払いだからといってそう簡単に審査に落ちてしまうわけでありません。

また契約回線数によっても上限があります。

・ワイモバイルでの契約上限回数

point8_4スマホ・ケータイなど:5回線まで
point8_4PocketWi-Fiなど:5回線まで

また割賦契約やバリューセット・バリューセットライトでの場合は上限2回線までですので家族で複数回線契約する際には、2回線以上は一括購入するのがおすすめです。

 Ymobile(ワイモバイルの)審査に落ちない方法

それでは肝心のワイモバイルでの申し込みの際に審査に落ちないようにする方法です。

ショップでは申し込み時に数十分で審査の可否を伝えてくれますが、せっかく行って審査に落ちてしまったとならないようにしたいところですよね。

ショップでの審査は店員さんが伝えてくるるので、今回はオンラインショップでの審査を中心にご紹介をしていきます。

契約申込者は20歳以上!

ワイモバイルでは、申し込み人名義を20歳未満の未成年にすることができません。

もし未成年者がワイモバイルを利用したい場合であれば、申し込み人名義を保護者などにして利用者登録にする必要があります。

これは審査というよりも、オンラインでの申し込み段階で未成年者の申し込みが不可となっているので、申し込み自体ができません。

支払い方法や契約者情報の誤入力・不備のないようにする!

ワイモバイルの申し込みで審査に通らなかった理由で意外と多いのが、契約者情報と支払い人名義の不一致や入力情報の誤入力などです。

どの支払い方法をとるにして必ず、契約者と支払い人名義が一致していないと申し込みの審査には通りません。

例えば未成年者の方が、親権者の方の同意をとるのが面倒だからといって申し込み人名義を自分の情報を入力して、支払い名義を親権者のものにしてしまってはもちろん審査に落ちてしまいます。

特にこれらのお支払い情報は特に虚偽記載、誤記他、手続き上不備がないようにすることがポイントです。

また情報入力に誤りがあるケースも多く、マンションなどに住んでいる場合には本人確認書類と必ず一致させるように入力をしましょう。

機種変更にも審査があるので注意!

これも隠れた注意点なのですが、機種変更時にも審査があります。

特に分割払いをしている場合には、機種変更時に旧端末を利用してから3ヶ月以上経っていない場合は審査が通りにくくなります。

端末の支払いが終わっていなくて機種変更をする際には、今どれだけの支払いを済ませているのかを確認してから申し込むようにしてください。3ヶ月以上の支払いがあれば問題なく審査には通ります。

arrow32-001ワイモバイルのいちばんおトクな詳細はこちら

Ymobile(ワイモバイル)での審査にかかる時間は?その際の注意点!

ワイモバイルでは既にご紹介させていただいた通り、ショップでの契約だと混雑時にもよりますが、審査の時間は数十分となっています。

point8_4オンラインストアでは、審査にはかかる時間は1〜3日ぐらい

オンラインストアでの申し込みから審査、商品の到着までの流れは次のようになっています。

申し込み⇒審査⇒発送⇒到着

point8_4新規の場合

審査を終えての到着となるので、商品の到着後、中箱の底面にUSIMカードが貼りつけてありますので、端末に差した後、電源を入れて確認すればOKです。

新規申し込みの場合は、審査に無事通らなければ発送が行われません。そのため審査に時間がかかってしまうと発送までの時間がかかってしまい当然商品の到着が遅くなってしまいます。

point8_4MNPや番号変更や契約変更の場合

こちらの場合は要チェックです。

MNPの場合には申し込み後速やかに端末が送られてくるのですが、到着時点で審査が終わっていない場合があります。

これはどうしてかというと、私たちの手元に商品が届いた後にご利用の切替えができるように、契約が成立する前にワイモバイルが商品を送ってくれるからです。

というのも、既に利用している携帯電話がある場合には、その古い端末と新しいワイモバイルの端末を切り替えるまでの「空白期間」がどうしてもうまれてしまいます。

空白期間というのは契約切り替えまでに携帯電話が使えなくなってしまう期間のことです。

こういった「空白期間」をなくすためにワイモバイルでは審査の可否にかかわらず端末を発送してくれるからです。

契約自体は切替え手続きの審査結果をもって成立することとなるので、切替えが完了するまで、商品を開封しないで待つことが重要です。

Ymobile(ワイモバイル)の審査についてもまとめ

josei

審査を気にせず申し込んでみるのが吉!

ワイモバイルでは確かに審査があり落ちたことがある人がいるのも事実です。

しかし、キャリア(auやドコモやソフトバンク)よりも審査が通りやすいのもまた事実です。

point8_4過去に滞納などのやんちゃ履歴がないこと
point8_4申し込み時に審査に通らなくなるような不備がないこと

上記をしっかりとおさておけば、審査を気にせず申し込んでみるのが吉だと思います!

また過去に何かあったとしても審査に通る可能性は0ではないので一旦申し込んでみるのがいいのではないでしょうか!

arrow32-001ワイモバイルのいちばんおトクなお申し込みはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。