auからUQモバイルへのMNPのりかえる際のメリット・デメリット・注意点!

auから格安SIMヘののりかえで代表的な会社としてUQモバイルがあります。

どうしてauからUQモバイルへのMNP(電話番号そのままでののりかえ)が代表的なのかというと、UQモバイルがau回線を使ったMVNO(いわゆる格安SIM)だからです。

auからUQモバイルへのりかえた際のメリット

josei

auからUQモバイルにのりかえのメリットはこれ!

あまり知られていませんが、実はUQモバイルはauのセカンドキャリアという位置付けです。

セカンドキャリアというのは、会社でいうと子会社というイメージで実際にはUQモバイルを運営するUQコミュニケーションには、auの運営会社であるKDDIの資本がたくさん入っているのです。

つまりau(KDDI)がUQモバイル(UQコミュニケーション)を支えて運営しているというイメージです。

UQモバイルは格安SIMの中でも通信速度が速いといわれるのもこれが理由で、auは回線と貸し出す際にUQモバイルに有利になるようにしているのんではないかとささやかれているぐらいです。

そんなauのセカンドキャリアであるUQモバイルへ乗り換えた際のメリットは次のようになります。

比較的速い通信速度を利用できる
auで使っていた端末をそのまま利用することができる
auよりほぼ確実に安く利用ができる

こういったメリットはauからUQモバイルへののりかえを検討している場合にとっては周知の事実かもしれませんが、auで支払っている5000円〜1万円がUQモバイルにのりかえただけで数千円におさまるとなればお財布にもとても優しくなるということですよね。

ただ、auからUQモバイルへののりかえは、本家であるauのちょっとした思惑があるので絶対的にお得というわけではありません。

auからUQモバイルへのりかえを検討している場合はそういった事情も確認してから決断するということも遅くはないかもしれません。

arrow32-001UQmobileの一番おトクな詳細はこちら

auからUQモバイルへのりかえる際のデメリット

auからののりかえであればUQモバイルではぴったりプランやおしゃべりプランで格安SIMの弱点となっている通話料をおさえることが可能です。

auで通話定額に慣れ親しんでいる場合には、5分かけ放題のおしゃべりプラン今まで使ってきたauと違和感なく利用できる利点があります。

arrow32-001UQモバイルのぴったりプランやおしゃべりプランって?

ただ、auからUQモバイルへのりかえる際の注意点として、おしゃべりプランまたはぴったりプランへのりかえる際には、ドコモやソフトバンクからのりかえるよりも1,000円高くなるということが挙げられます。

ぴったりプランおしゃべりプランの月額料金

月額料金 プランS プランM プランL
au以外からの場合 1,980円 2,980円 4,980円
auからの場合 2,980円 3,980円 5,980円

※14ヶ月目以降は上記のプランでは+,1000円となります。

この理由としては、UQモバイルの割引制度である「スマトク割」がauからののりかえの場合には適用がされず、1,000円高くなってしまう結果となってしまうのです、

またデータ容量に関しても、「データ増量キャンペーン」の対象とならずに次のようになってしまいます。

ぴったりプランおしゃべりプランのデータ容量

月額料金 プランS プランM プランL
au以外からの場合 2GB 6GB 14GB
auからの場合 1GB 3GB 7GB

というような特徴になってしまい、auからののりかえであれば他社からののりかえと比較して、料金が高くなってしまう上に、利用できる月間データ容量も少なくなってしまうということになります。

これを損だと思うのもひとつの意見ですし、auを使い続けるよりもお得になるというのも一つの考え方だと思います。

auからUQモバイルへの乗り換えでも特典が改善!

josei

2017年3月以降auからUQモバイルでも他社と変わらない特典が受けられるようになったのは朗報!

auからUQモバイルのぴったりプランやおしゃべりプランにのりかえをお考えの方には朗報なのですが、2017年の3月以降での申込みでは上記でご紹介した他社より1,000円高くなるということがなくなりました。

これは上記でもご紹介した「スマトク割」と「データ増量キャンペーン」がau(au系のMVNO含む)も対象となったからです。

ですのでauからののりかえであっても以下の料金で利用することが可能となっています。

これには色々な事情やユーザーからの容貌があったことが予想されますが、これからauからUQモバイルにのりかえる場合にはとってもうれしい情報となっています。

ただこれらはあくまでキャンペーンの一環なので、キャンペーンが終了し次第に元の料金に戻ってしまうということです。

こういった状況になっている今だからこそauからUQモバイルにのりかえるおトクなチャンスかもしれません。

arrow32-001UQmobileの一番おトクなお申し込みはこちら

ぴったりプランやおしゃべりプラン以外でもあり

auからUQモバイルへのりかえる際に上記のようなぴったりプランやおしゃべりプランを選ぶメリットとしては、通話料がauと似た形態で利用できるということです。

その反面これらのプランでは2年間の契約期間がありいわゆる「2年縛り」があります。

auからののりかえであっても、通話をほとんどしない場合には20円/30秒というUQモバイルの次の他のプランへの申し込みも選択肢となります。

データ高速+音声通話プラン
データ無制限+音声通話プラン

月額料金 データ
容量
データ高速+音声通話
プラン
1,680円
/月
3GB
データ無制限+音声通話
プラン
2,680円
/月
無制限(500kbps)

この場合にも最低利用期間がありますが、おしゃべりプランとぴったりプランよりは短い期間となっています。

  最低利用期間
データ高速+音声通話
プラン
12ヶ月
データ無制限+音声通話
プラン
12ヶ月

この際に確認しておきたいのは、必ず音声通話付きプランを選択するということです。

auからのMNPであれば電話番号をそのままで利用したい場合がほとんどだと思うので、データ通信専用のプランを選んでしまっては、電話番号がなくなってしまいます。

これらのプランの選び方ではよければ次の記事を参考にしてみてください。

arrow32-001UQモバイルのプランの選び方は?

auからUQモバイルにMNPのりかえの際の注意点!

auからUQモバイルにのりかえるとお得になることは事実ですが、注意点があることも事実です。

ここを確認してみて、もしauで使い続けることの方にメリットを感じる場合には、UQモバイルへのMNPはおすすめできません。

端末の分割金を清算する必要がある

auで契約する際に必須となるのが機種の購入です。この際の分割金を清算する必要があります。

機種代金を一括で購入していれば別問題ですが、ほとんどの場合は分割で購入していると思います。

その場合で分割支払いに残り回数があるときは、解約後も支払いをしなければいけません。

分割支払金残額はそのまま分割での支払いを継続するか、もしくは一括での精算もすることができます。

auのキャリアメールが使えなくなる

auからUQモバイルにのりかえてしまったら、「〜@ezweb.ne.jp」のキャリアメールが使えなくなります。

auのキャリアメールをよく使用していて変更するのはどうしてもできないという場合は乗り換えない方がいいかもしれません。

しかしUQモバイルにはauのキャリアメールと同等に利用が可能な、「〜@uqmobile.jp」のメールアドレスが月額料金200円で利用することができるので、メールアドレスが必要な場合でも設定を変更したりすることで利用ができます。

UQモバイルのメールの場合、キャリアメールとして分類されるのでフリーメールなどとは違い信用性の高いメールアドレスで、迷惑メールに分類もされにくくなっています。

また金融機関などの特定のサービスを利用する際には、キャリアメールでの登録が推奨されるのでUQモバイルなら安心ですよね。

auのポイントが全部なくなる

毎月のau携帯電話の利用で支払金額に応じてWALLET ポイントやauポイントが貯まります。

auを解約してUQモバイルにMNPすると、せっかくauで貯めたポイントは消失してしまいます。

長い期間auを使っている人だったら、何も手つかずのポイントが残っていることが結構あると思います。

しかしポイントは全て失効してしまいます。

auのポイントがたくさん貯まっている場合にはもったいなのですで、解約する前のポイントを使っておくことがおすすめです。

josei

つまりauのサービスは全て使えなくなる!

auからUQモバイルにのりかえるということは、auとの契約を解除するということなので、わかりやすくいうとau特有のサービスが使えなくなるということです。

auスマートバリューももちろん引き続き利用はできませんし、家族みんなでauを契約している場合の家族割の適用も外れてしまいます。

そういったことを注意した上で、auからUQモバイルへののりかえを検討してみるのがベストだと思います。

また、auのサービスを利用できないだけでなく、次に紹介する契約解除料金についても確認が必要です。

契約更新月以外にはauへの契約解除料金がかかる!

auからUQモバイルへのりかえる際には、契約更新月以外でのMNPでは契約解除料金がかかってしまいます。

josei

こういった注意点をデメリットに感じる場合は、他社へののりかも検討しましょう!

auからUQモバイルに乗り換える際の注意点は以上です。

料金が安くなることと引き換えに、こういった注意点があるのは事実です。

auを解約するので、auで利用していたサービス(メールやポイントなど)を利用できなくなるのは仕方のないことです。

ただ、auからUQモバイルへののりかえはこれまでは優遇が受けられなかったということもあり、他のau系のMVNOに乗り換える人も少なくありません。

そういった場合は、次の格安SIMがおすすめとなっています。

point8_4mineo(マイネオ)
point8_4IIJmio

上記の会社の格安SIMがau系のMVNOということになるのですが、これらの会社でもUQモバイルと同様にauで購入した機種をそのまま使うことができるのが大きなメリットです。iPhoneでもAndroidでもそのまま利用することができます。

このほとんどの場合、機種を変えずにしかもSIMロック解除などの面倒な手間もなくMNPを行うことが可能です。

また本当にSIMカードを挿し替えるだけなので、LINEのアカウントの引き継ぎや電話帳の移行の手続きも必要ありません。

その際のauでの解約のタイミングやMNP方法を実体験を交えて別の記事にて紹介していますので、ぜひご確認ください。

arrow32-001auから格安SIMにのりかえる神解説!年間56,400円もおトクになった方法!(参考記事)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。