楽天モバイルでのテザリングに関しての全詳細!利用できる端末から設定まで徹底伝授!!

楽天モバイルはテザリングにもっとも適した格安SIMとなっています!

スマートフォンのテザリング機能を利用すれば外出先でもモバイルWi-Fiルーターを使わなくていいですし、Wi-Fiスポットを探す必要もありません。

使えないより使えるにこしたことのなく使えるととっても便利なこのテザリングですが、楽天モバイルで利用するのがとってもおすすめとなっているのです!

josei

楽天モバイルはテザリング利用料が無料!しかも大容量プランがある!

楽天モバイルがテザリングにおすすめな格安SIMの理由としては安定した速度である上に、利用料金が無料大容量プランがあり、しかもその月額料金が安いからです。

こういった条件の揃っている格安SIMは他にはなかなかなく、テザリングを利用するには最適な利用先となっているんです!

通話SIM 050
データSIM
データ
SIM
テザリング 利用可能 利用可能 利用可能
ベーシック
プラン
1,250円 645円 525円
3.1GB 1,600円 1,020円 900円
5GBプラン 2,150円 1,570円 1,450円
10GBプラン 2,960円 2,380円 2,260円
20GBプラン 4,750円 4,170円 4,050円
30GBプラン 6,150円 5,520円 5,450円

通信速度に関してはベーシックプランでは最大200kbpsとなっているので、テザリングには向きませんが、そのほかのプランの通信速度は下り最大262.5Mbps、上り最大50Mbpsとなっています。テザリングには十分な速度です。

テザリングを行う際に気になる容量に関してですが、毎日テザリングを行う場合には3.1GBではちょっと心もとない気がするので、テザリングを利用する場合は5GB以上のプランを選ぶのがいいでしょう!

毎日テザリングするのであれば10GB以上のプランを利用するのがいいと思います。

それでも通話SIMでも3,000円以内でおさまってテザリングが利用できるというのは、キャリア(ドコモなど)で利用していた時の半分以上安い料金で利用できるというのはびっくりですよね!

またSIMカードの種類さえ決めておけば、契約後での容量プランの変更が月に1回まで何度でも可能です。

来月はテザリングをする機会が多そうだなぁという場合には、無料で変更することができるんです!

それでは楽天モバイルのテザリングに関してのさらに詳しい詳細を確認していきましょう!

arrow32-001楽天モバイル一番おトクな詳細はコチラ

楽天モバイルでテザリングできないのはこんな場合!

楽天モバイルでは基本的にはテザリング機能が備わっている端末であればテザリングは可能なのですが、一部例外がありテザリングができない場合があります。

楽天モバイルというのは、NTTドコモの回線を利用しているMVNOと呼ばれる会社で、ドコモで購入した端末ならSIMロック解除という作業を行わなくても、楽天モバイルで契約したSIMカードを端末に挿せばそのまま使用することが大きなメリットです。

しかし次のような場合には、楽天モバイルではテザリングを利用することができません…

ドコモで購入したAndroidスマホは楽天モバイルでは基本的にテザリングできないとされている

とっても残念なことなんですが、ドコモで購入したAndroidスマホをそのまま楽天モバイルで利用する場合には、公式的にはテザリングはできないものとされています。

これは楽天モバイルの公式サイトにも記載されていることです。

ただしこれらは全ての端末にあてはまることではなく、実際にドコモ端末でも楽天モバイルでテザリングを行えたという情報もあります。ただ、これはパソコンで必要となったり(Windows7以降)、Xperia系のAndroidスマホに限ったりして、機械にめっぽう強い人が”どうしてもAndroidスマホをテザリングしたい場合”に利用する手法です。

現実的にはドコモのAndroidでは楽天モバイルでテザリングを利用できないということです。

ドコモのAndroidはテザリングができない仕組みになっている!

josei

どうして楽天モバイルではドコモのAndroidでテザリングできないの!?
SIMロック解除しても無理なの!?

どうして楽天モバイルではドコモのAndroidでテザリングできないのかというと、ドコモのAndroidでテザリングを行うと“接続先がドコモになってしまうから”です。

本来は楽天モバイルの接続先を利用してテザリングを行うのですが、ドコモのAndroidではこういった仕組みになっています。

これはキャリア(ドコモやauやソフトバンク)がユーザーを格安SIMに流れさせないようなささやかな抵抗なんていわれていますが実際問題、変えることのできない事実なので仕方のないことです。

じゃあドコモ端末をSIMロック解除すればいいんじゃないの?と思われるかもしれませんが、SIMロック解除しても同じことのようです。

つまりドコモのAndroidは楽天モバイルでテザリングできない仕組みになっているということです。

楽天モバイルでiPhoneはテザリングできる!

ドコモのAndroid端末ではテザリングができないので、心配なのがiPhoneはテザリングができないのではないかということです。

ドコモで購入したiPhoneでもSIMフリーiPhoneでも楽天モバイルではテザリングが可能です。

楽天モバイルへはドコモ版iPhoneをそのまま使って乗り換える場合も多いはずですから、これは多くの人にとっての朗報ですよね。

ただiPhoneの場合の注意点としては、OSのアップデートに関してです。OSのアップデートはAppleからリリースがあればすぐにでも行いたいところなのですが、楽天モバイルから公式に対応したことを確認してから行うことがおすすめです。

そうでないとインターネットにつなぐことができなくなるという事象も発生しているので、焦らずに楽天モバイルの公式サイトを確認してからアップデートを行ってくださいね。

arrow32-001楽天モバイル一番おトクなお申し込みはコチラ

楽天モバイルでSIMフリーのAndroidもテザリングできる!

ドコモ端末のAndroidでは楽天モバイルでテザリングを行うことはできませんが、SIMフリーのAndroidであればテザリングが可能です。

ただしその端末にテザリング機能があるということが大前提となっています。

また動作確認済み端末を確認する際には、ドコモ端末のAndroidと混同しないように注意をしてください。

楽天モバイルのセット販売端末もテザリングできる!

楽天モバイルでセット端末を購入する場合テザリングを利用することはもちろん可能です。

楽天モバイルの公式サイトに端末比較一覧というページがあるのですが、そこの「テザリング」を選択するとテザリング可能な端末を絞り込むことが可能です。

絞り込むといっても、現在では販売されている端末全機種がテザリング対応となっているので、どの端末を選択してもテザリングを使用することができることになります。

楽天モバイルでのテザリング対応端末のまとめ

josei

楽天モバイルでテザリングができる端末かどうかはつまりこういうこと!

iPhoneやAndroidやドコモ端末やSIMフリースマホなど利用するパターンによって分けたので少し話しがややこしくなってしまいましたが、楽天モバイルでテザリングができるかどうかの端末は次のようになります。

point8_4端末別テザリング対応

  ドコモ端末 SIMフリー
端末
楽天モバイル
セット販売端末
Android 利用不可
※1
利用可能
※2
利用可能 
iPhone 利用可能  利用可能  ー

※1,おすすめはしませんが、設定によっては利用可能となります。

※2,テザリング機能付き端末が前提です。

つまり楽天モバイルでテザリング利用できないのは、ドコモ端末のAndroidと、そもそもテザリングの機能が付いていない端末ということになります。

それ以外はiPhoneであろうとAndroidであろうとテザリングが可能だということになるので安心して利用ができるということですよね!

arrow32-001楽天モバイル一番おトクなお申し込みはコチラ

楽天モバイルでテザリングを利用するための設定方法!

それでは肝心の楽天モバイルでテザリングを利用する方法を確認していきましょう。

すでに紹介はしていますが、楽天モバイルではテザリングを行っても無料で利用することが可能で、契約しているデータ容量を消費しての利用となります。

ですので、小容量データプランでの利用は注意してなるべく大容量プランで利用することがおすすめです。

実際のテザリングの設定方法ですが、今まで使ってきた機種をそのままで利用して楽天モバイルを利用する場合には今までと変わりない方法で利用ができます。

具体的には端末によって設定方法は異なりますが、【設定】⇒【その他】や、【本体設定】や⇒【データ通信・機内モード】⇒【テザリング】などから行うことができます。

また端末によってはテザリングアプリで設定が行えるものもあるので、詳しくは、「お使いの端末名+テザリング設定方法」で検索してみるのが確実です。

josei

以上が楽天モバイルでのテザリングの全詳細!
テザリング利用するなら楽天モバイルがオススメ!

ここまでご紹介してきたことが、楽天モバイルでのテザリングを利用するための全詳細でした。

利用できる端末に注意すれば楽天モバイルでもテザリングは可能ということです。

また楽天モバイルはテザリングに向いている大容量プランも用意されていますし、もし少ない容量のプランで契約したとしても、テザリングをたくさんした時に自由時際にプラン変更して容量を増やすことも減らすことも可能です。

そういったことを総合的に考慮すれば楽天モバイルの利用がとってもおすすめというわけです。またテザリングをもっと便利に利用したい場合には、次にご紹介させていただく内容も参考にしてみてくださいね!

arrow32-001楽天モバイル一番おトクなお申し込みはコチラ

そもそもテザリングとは!メリットやデメリットを確認!

そもそもテザリングとは、外出先でもスマートフォンをアクセスポイント(親機)として、パソコンやタブレット、またゲーム機器などさまざまな外部機器(子機)をネットにつなぐことができる機能のことです。

スマートフォンや携帯電話を中継点とすることで、他の通信機器(ノートパソコン・タブレット端末・ゲーム機など)での通信を可能にする便利な機能です。

わかりやすくいうと、”スマホがWi-Fiルーター代わりになる”という機能です。

メリット:スマホ以外の機器もどこでも通信可能に!

テザリングを利用するいちばんのメリットは、PCやタブレットを使ったインターネット通信がどこでも利用可能になるということです。

どこでもというと語弊があるかもしれませんが、楽天モバイルの回線のつながる場所ではどこでも利用が可能となります。

またモバイルWi-Fiルーターなどが必要なくなるので荷物が減るということもメリットに感じる人も多いですよね。

それにテザリングをするには契約プラン内のデータ容量であれば追加料金がかからないので、モバイルWi-Fiルーターなどを契約するよりも節約になります。

出先で思わず通信環境が必要なときにはとっても便利なので、テザリングにはヘビーユーザーがたくさんいるというわけです!

デメリット:データ容量の使いすぎと充電には注意!

テザリングを利用する際にもっとも気をつけておきたことは、長時間利用でのデータ容量の使いすぎと、バッテリーの消耗です。

普段スマートフォンで使用しているデータ通信量とは違いパソコンやタブレットでは、使い方によっては消費データ容量が大きくなってしまいますし、動画などの長時間視聴は注意が必要です。

データ容量が契約プラン以上になってしまうと、低速化制限(通信制限)にかかってしまうのでテザリングだけでなく普段使用するスマートフォンにも影響がでてしまいます。またその低速化制限を解除するのはパケット追加などで料金が発生してひまうので、契約プランとの見比べは大切になってきます。

またテザリング使用中は常にスマートフォンが動いている状態になっているので、充電の消費も大きくなります。ここも注意点です。

テザリングには3つの接続方法がある!

テザリングと一口に言ってもその方法は3つあります。その3つの方法とは次の3種類です。

point8_4USBテザリング
point8_4Wi-Fiテザリング
point8_4Bluetoothテザリング

USBテザリングとは

USBテザリングとは、テザリングをしたいスマートフォン(親機)とパソコンやタブレット(子機)をUSBケーブルを通じてテザリングする方法です。

USBケーブルとスマホとパソコンなどを直接つなぐので、セキュリティの面では心配なく利用が可能でスマホの充電が減りにくいというメリットがあります。デメリットとしては常にケーブルを持ち歩いておかなくてはいけないということです。

Wi-Fiテザリングとは

Wi-Fiテザリングとはスマートフォンをアクセスポイントとして利用する方法です。

スマートフォンから飛ばした電波をパソコンやタブレットで拾ってインターネット通信を行うものです。どこでも好きなときに利用できるのがメリットなのですが、近くにいる人にも電波が届いてしまうのでセキュリティ面に難しさがあります。また充電の減りが大きのもデメリットです。

Wi-Fiテザリングを利用する際には、パスワードの保護とバッテリーには気をつけてくださいね。

Bluetoothテザリングとは

Bluetoothテザリングとは、親機も子機もBlutoothをONにすることでテザリングする方法です。充電の消費がもっとも少ないことがメリットで利用している人が多い方法です。

1台につき1台しかテザリングすることができないので、セキュリティ面が安全という反面、複数機器へのテザリングができないことがデメリットです。

それぞれのメリットデメリットまとめ

以上3種類のメリットやデメリットは上記でご紹介したもの以外も含めると次のようになっています。

point8_4USBテザリング

メリット デメリット
通信速度が速い
同時に充電も可能
PCでの利用がメイン
(一部タブレットPC可)
ケーブルが必要

point8_4Wi-Fiテザリング

メリット デメリット
通信速度が速い
どこでも可能
バッテリー消費が多い
セキュリティ面に注意

point8_4Bluetoothテザリング

メリット デメリット
バッテリー消費が少ない
どこでも可能
通信速度が遅め
複数利用不可

楽天モバイルではテザリングでこの3つの接続方法が利用できるか確認できる!

josei

公式サイトの動作確認済み端末一覧で確認しましょう!

楽天モバイルではこの3つの方法のテザリングを端末によって利用可能かどうかを、公式サイトの動作確認済み端末一覧で確認することができます。

動作確認済み端末一覧のページに行くと次のような表記になっているので、とってもわかりやすくて便利です。

テザリングができるかどうかを記載している格安SIMは多いのですが、どの種類のテザリングが利用できるかどうかを記載している格安SIMは少ないのでこれはとっても貴重です。

今までどうやってテザリングしてきたかは人によってそれぞれだと思うので、ぜひ利用したい端末での利用できるテザリング種類を確認しておきたいところですよね!

arrow32-001楽天モバイルの動作確認済み端末一覧の確認はコチラ

楽天モバイルのテザリングに関してのまとめ

以上が楽天モバイルでのテザリングから、テザリングとはどういったことなのかの紹介でした。

これまでキャリア(auやドコモやソフトバンク)を利用してきた場合には、気にしなくてはいけない事項は少なかったと思いますが、楽天モバイルのような格安SIMではテザリングを利用するためには事前にこういった確認しておくことがありますよね。

point8_4テザリング利用できる端末を確認
point8_4契約のプランを確認
point8_4テザリングの設定方法を確認

などなどを全て確認して上で、テザリングにぴったりな楽天モバイルでぜひお得に利用してみてくださいね!

arrow32-001楽天モバイルのいちばんおトクなお申し込みはコチラ


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。