U-mobile(ユーモバイル)の審査に落ちない方法を徹底伝授!

U-mobile(ユーモバイル)のような格安SIMでの申し込みに際に、知っておきたいのが審査についてです。

中には審査が厳しく申し込みに落ちてしまう人もいるMVNOがあるのも事実です。

そんな中U-mobileはクレジットカードだけでなく、公表こそありませんがデビットカードでも申し込むことができるという口コミもある格安SIMで、とってもユーザーとっては申し込みやすいMVNOです。

いままでドコモやauやソフトバンクといったキャリアで携帯電話料金を滞納していた、いわゆる携帯ブラックの場合でも契約はできるのでしょうか?

josei

U-mobile(ユーモバイル)は審査がゆるい(通りやすい)と評判なので安心!

U-mobile(ユーモバイル)を申し込む際に、「審査に通らないんじゃないの?」という心配をする場合もあるかもしれませんが、その必要はありません。

確かに審査の基準の厳しい格安SIMもあるのは事実ですが、U-mobileでは1度他社などで審査に落ちてしまった場合でも心配はなく、審査の緩い格安SIMとなっています。

ドコモやソフトバンクやauなどのキャリアからののりかえの場合、「ブラックリストなどの情報が共有されていて申し込めないんじゃないの?」と思われるかもしれませんがそういった心配もありません。

実際にはデータSIMでの申し込みでは審査もなく、音声SIMの申し込みであっても簡単な審査がある程度です。

音声SIMの審査といってもあくまでもルールを守って申し込めば審査に落ちることはそうありません。

これは携帯電話会社をどこのしようか困っていた人には本当に助かることですよね。

ただし、ちょっとした気をつけるポイントや注意点などもあるのでしっかり確認して審査に絶対落ちない方法で申し込みを行ってくださいね!

arrow32-001「U-MOBILE」のいちばんおトクな詳細はこちらから

U-mobile(ユーモバイル)の審査はクレジットカードならほぼ間違いなく通る!デビットカードでの支払い方法では?

U-mobileのような格安SIMでは審査と一口にいっても、お支払い方法によって通りやすかったり通り難かったりするのも事実です。

しかしそれさえも払拭できるぐらい申し込みやすいのがU-mobileです。

ただ、審査が緩いといっても過去にひどい料金の滞納や未払いがある場合は断られることもまれにはあるようですが、ほとんどの場合は審査に問題なく通るようです。

クレジットカードでの申し込みなら審査の心配なし!

結論からいってしまうと、クレジットカードでの申し込みであれば問題なく申し込むことが可能です。

過去に滞納があったりブラックリストなどはMVNOでは基本的にチェックされていないといわれていて、クレジットカードで申し込める可能性は非常に高いと言われています。

キャリア同士のなら滞納や未払い履歴の情報の共有がされているといわれていますが、U-mobileのようなMVNOではそういった情報の共有はほとんどなされていないようです。

だから過去に何かあったクレジットカードでも、申し込める可能性が非常に高いということです。

デビットカードでの審査は?

U-mobileではUFJ VISAデビットカード、JNB VISAデビットカード、三菱東京UFJ VISAデビットカード、楽天VISAデビットカード、スルガVISAデビットカード、りそなデビットカードなどが発行するデビットカードであれば申し込みが可能という情報があります。

基本的には月次決済に対応している月額料金の支払いに利用できるVisaやJCBのデビットカードであれば利用できるのですが、発行して未使用のカードであったり預金残高が不足しているカードであれば利用できない場合もあるので注意が必要です。

デビットカードでの申し込みの場合、その発行カードとU-mobileでの審査の関係になるので一旦申し込んでみてみるというのが得策かもしれません。

U-mobileではプランによって審査落ちの可能性あり!?

U-mobileの審査で気をつけておきたいのは、支払い方法と同時にどのプランで申し込むか?ということです。

U-mobileのプランは多種多様に用意されていますが、大きく分けると次のようになります。

point8_4データ専用プラン
point8_4音声通話プラン

ここで注目しておきたいのは、それぞれのプランによっての最低利用期間の設定です。

最低利用期間というのは、いついつまでの期間までは絶対に利用してください、そうでないと解約金(違約金)をいただきますよ、というU-mobileのようなSIM提供会社が設定している期間です。

最低利用期間が長いプランでは、U-mobile側にとっては料金滞納のリスクなどがあるので審査に通りにくくなる傾向もあるようです。

point8_4U-mobileのプラン別最低利用期間一覧

  通話プラス
プラン
データ専用
プラン
U-mobile
MAX(25GB)
6ヶ月 なし
U-mobile 
PREMIUM
12ヶ月 なし
U-mobile SUPER 24ヶ月
U-mobile 
LTE使い放題
LTE使い放題:6ヶ月
LTE使い放題2:12ヶ月
なし
U-mobile
データ専用
なし
U-mobile
通話プラス
3GB:6ヶ月
5GB:6ヶ月
ダブルフィックス(〜3GB)
:6ヶ月
U-mobile
❇︎E
U-mobile MUSIC SIM 12ヶ月
U-mobile for iPhone 12ヶ月

U-mobile❇︎EはモバイルWi-Fiルータープランで3年契約です。

josei

データプランは◎!音声プランでもほとんどのプランで◎!

U-mobileではデータ専用プランであれば、最低利用期間がないのでそういった意味合いでの審査にひっかかる心配は全くありません。

これでデータ専用での申し込みをお考えの場合は気兼ねなくできますよね!

音声プランでも最低利用期間があるといってもそこまで長い期間あるわけではなく、他社と比べても平均もしくは短めとなっています。

つまりほとんどの音声プランでも、最低利用期間に関して審査にひっかかる心配はないということです。

ただU-mobile SUPERでの契約をお考えの場合は、24ヶ月と長めになっているので少し注意が必要かもしれません。

音声プランで審査が気になる場合には、U-mobile SUPER以外での申し込みがおすすめです。

arrow32-001「U-MOBILE」のいちばんおトクな詳細はこちらから

U-mobileの審査に落ちないためにはコレに気をつけて!

U-mobileは審査に落ちにくい格安SIMとなっています。

とはいえ、いくらU-mobileの審査がゆるい格安SIMだとしても、次のようなケースでは申し込みができない可能性もあります。

事前に審査に落ちないためにも「こんなことで?」という事態にならないように次の事柄を事前に確認しておけばスムーズに申し込むことが可能です。

20歳未満の未成年の申込み

U-mobileでは20未満の方の未成年者の名義での申込みができません。

審査が通らないというよりは申込み自体できなくなっています。

未成年の方が成人と偽って申し込んだ場合でも、本人確認書類やクレジットカード情報との照合で不備となって審査には通りません。

支払い方法の名義や契約者情報の誤入力・不備

実際にU-mobileの申し込みができなかったという理由でもっとも多いのは、契約者情報と支払い人名義の不一致や入力情報の誤入力などです。

どの支払い方法をとるにして必ず、契約者と支払い人名義が一致していないと申し込みの審査には通りません。

例えば未成年者の方が、親権者の方の同意をとるのが面倒だからといって申し込み人名義を自分の情報を入力して、支払い名義を親権者のものにしてしまってはもちろん審査に落ちてしまいます。嘘はいけませんからね。

特にこれらのお支払い情報は特に虚偽記載、誤記他、手続き上不備がないようにすることがポイントです。

また情報入力に誤りがあるケースも多く、マンションなどに住んでいる場合には本人確認書類と必ず一致させるように入力をしましょう。

音声プランでは複数回線契約にも注意!

U-mobileでは複数回線契約での契約が可能です。

データ専用プランでは特に複数回線契約の上限はありませんが、音声プランでは注意が必要です。

SIMカードを何枚も申し込んだり、家族で同一名義で複数回線申し込み際には注意が必要です。

・U-mobile 通話プラス
・U-mobile MAX25GB 通話プラス
・U-mobile SUPER
・U-mobile PREMIUM 通話プラス
point8_4上記のような音声プランでは1契約5回線の契約まで

U-mobileでは音声プランに限り、同一名義での申し込みが5回線までと規定されているので、6回線目の契約となった場合には審査におちてしまうということになります。

6回線以上の複数回線を契約する場合には契約者名義と支払い人名義を変えて行う必要があります。

これで大丈夫!U-mobileを確実に申し込む方法

josei

U-mobileでは審査の心配はしないで!
申し込みできなかった場合は再度申し込んでみましょう!

今回ご紹介した契約基準や申し込みができないような理由に気をつければU-mobileの審査に落ちてしまうことはほとんどありません。

ただ申し込みが一気に集中するような混雑期などでは、業者側の手違いやミスはどの格安SIMにはよくあることなので、寛容に受け止めて新たに申込みましょう。

またご自身の誤入力や、支払い方法などはしっかりと確認するようにしてください。

一度申し込みを断られた場合でも審査に通った事例は非常に多く、「もう一度申込んでよかった」という意見は本当のよく聞かれます。

しっかりとルールを守った上で正しく申し込むようにしてくださいね。

arrow32-001「U-MOBILE」のいちばんおトクなお申し込みはこちらから


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。