ソフトバンクからLINEモバイルへMNPのりかえする具体的な方法と注意点を徹底伝授

SoftBank(ソフトバンク)からLINEモバイルに電話番号そのまま(MNP)でのりかえる方法は簡単です。

LINEモバイルはNTTdocomoの回線を利用した格安SIMなので、ソフトバンクからのりかえには選択肢はいつかあります。

その際には解約金(違約金)などの注意点や、ソフトバンクで購入した機種をそのままでSIMロック解除してのりかえる方法や、LINEモバイルでのメリット・デメリットを合わせて確認していきましょう!

josei

ソフトバンクからLINEモバイルのMNPのりかえはとっても簡単!

ソフトバンクからLINEモバイルへの電話番号そのままでのMNPのりかえはとっても簡単です!

はじめての格安SIMの利用でも安心して行うことができます。

申込みから利用までのおおまかな流れとしては

point8_4ソフトバンクでMNP予約番号を取得

point8_4WebでのLINEモバイルのお申込み
(MNP予約番号、本人名義のクレジットカード、本人確認書類を用意の上、申し込みフォームにて申し込み)

point8_4SIMカードが到着

point8_4利用する端末でAPN設定をすれば利用開始

ね、思っていたより複雑ではなくすっごい単純ですよね?

でもここに加えて「料金はどれぐらい安くなるのか?」「利用する機種はどうすればいいのか」という疑問もあると思いますので詳しく確認していきましょう!

arrow32-001LINEモバイルの一番おトクな詳細はコチラ

ソフトバンクからLINEモバイルへMNPのりかえする方法

ソフトバンからLINEモバイルへのりかえをする際にはMNPとなります。

MNPとはナンバーポータビリティの略で、今までソフトバンクで使っていた携帯電話番号をそのままでのりかえることです。

これには特別にソフトバンクの解約手続きは必要なく、MNP予約番号という番号を取得の上で、乗り換え先のLINEモバイルでも申し込みを行い、利用を開始すれば自動的にSoftBankと解約できる仕組みになっています。

手順1:SoftBankでのMNP予約番号を取得方法

ソフトバンクを解約をするにはMNP予約番号を取得する必要があります。

この一連の流れをMNP転出といいます。(乗り換え先で契約手続きをするときはMNP転入といいます。)

ここでの注意点はMNPをするために必要なMNP予約番号には、有効期限があるということです

その有効期限は15日となっていてそれ以内に他社携帯電話会社で手続きを行わなければいけません。

ですのでMNP予約番号が取得できたらできるだけ早く他社へのMNPの手続きをはじめましょう。

MNP予約番号の取得の方法は以下のように行います。

ソフトバンクをご利用の場合

ソフトバンク携帯電話から:*5533
固定電話から:0800-100-5533
受付時間:9:00~20:00

Yahoo!ケータイから
[ TOP ] → [ 設定・申込(My SoftBank) ] → [ 各種設定手続き ]
受付時間 : 9:00~21:30

ディズニーモバイルをご利用の場合

ソフトバンク携帯電話から:*5533
固定電話から:0800-100-5533
受付時間:9:00~20:00

Disney Webから
[ TOP ] → [ 設定・申込 ] → [ 各種設定手続き ]
受付時間 : 9:00~21:30

手順2:LINEモバイルをお申し込み

ソフトバンクでMNP予約番号が取得できたらいよいよLINEモバイルでの申し込みです。

申し込みには以下の準備物が必要になります。

point8_4支払いに利用するクレジットカードまたはLINE Pay(LINE Payカード)
arrow32-001支払い方法に関しての参考記事はこちら

point8_4本人確認書類(補助書類)
arrow32-001本人確認書類に関しての参考記事はこちら

point8_4メールアドレス

point8_4MNP予約番号

LINEモバイルの申し込みは公式サイトからの申し込みがいちばんお得なのですが「MNPのお申込み」を選択し、手続きを進めてください。

事前にソフトバンクで取得しておいたMNP予約番号を入力して、さらに申込みの手続きを進めます。

josei

MNPの場合は音声SIMなので以下のプランから選択!

空白期間をなくして即日開通を目指す場合、音声SIMであることが絶対条件です。

だってそうですよね、MNPは電話番号そのままでのりかえることをいうので音声通話 付きのSIMでそのプランを選択しなくてはいけません。

音声SIMプランは下記のようになっています。

・LINEフリープラン(音声SIM)
カウントフリー対象サービス:LINE

容量 月額料金
1GB 1200円

・コミュニケーションフリープラン(音声SIM)
カウントフリー対象サービス:LINE、Twitter、Facebook、Instagram

容量 月額料金
3GB 1690円
5GB 2220円
7GB 2880円
10GB 3220円

・MUSIC+プラン
カウントフリー対象サービス:LINE MUSIC、LINE、Twitter、Facebook、Instagram

容量 月額料金
3GB 2390円
5GB 2720円
7GB 3280円
10GB 3520円

この中のいずれかのプランからの選択となります。

このカウントフリーというのが、ソフトバンクにはないLINEモバイルのメリットですよね!

というのも現在多くの方がスマホを利用していますが、そのデータ容量の消費の大半がLINE、Twitter、Facebook、InstagramなどのSNSなんですって!

LINEモバイルではそのSNSの利用分が消費データ容量にカウントされないのでとってもお得ですよね!

arrow32-001LINEモバイルの一番おトクなお申し込みはコチラ

SIMカードが到着後に自動的にMNPが完了/即日開通も可能

LINEモバイルではSIMカードが到着後、自動的に2日後での自動切り替えとなります。

その時点でソフトバンクからLINEモバイルのMNPの手続きが完了となります。

またいますぐにLINEモバイルで使いたいという場合には即日開通も可能です。

LINEモバイルで即日開通の方法は、SIMカードが手元に届いた時点でLINEモバイル開通センターに電話をすることによって可能になります。

LINEカスタマーセンターのMNP開通受付窓口に電話をすることによって、受付完了後2時間程度で切り替わりLINEモバイルでの利用開始が可能となります。

LINEモバイルカスタマーセンター MNP開通受付窓口

0120−889−279(受付時間:10:00〜19:00(年中無休)

APN設定も忘れずに!

josei

切り替えを持っている時間にAPN設定をしておくとさらに早く使えます!

LINEモバイルでのMNPのりかえの後にはAPN設定が必要になります。

MNPというのは、電話番号のりかえのことなのですが、APN設定というのはLINEモバイルのネットワークを使用するためのネット接続の初期設定のことです。

APN設定とはアクセスポイントの設定なのですが、「これからLINEモバイルでのインターネット接続を行いますよ」という設定です。

MNPは電話の設定、APNはネットの設定と思っていただいて結構です。

APN設定の方法はLINEモバイルのSIMカードと一緒に届けてくれる「APN設定マニュアル」を参考にすれば簡単に設定することができちゃいます。

これを切り替え時間の待ち時間に行っておくとさらにはやくLINEモバイルを利用することができますよね。

以上がソフトバンクからLINEモバイルへのりかえる手順の詳細でした!

arrow32-001LINEモバイルの一番おトクなお申し込みはコチラ

ソフトバンクからLINEモバイルにのりかえると料金はこうなる!

ソフトバンクからLINEモバイルにのりかえる際にもっとも気になるのは、月々の支払う料金はどれぐらい安くなるの?ということだと思います。

MNP(ナンバーポータビリティ)でののりかえということは、LINEモバイルでも音声通話SIMを選するということになるので主な料金の比較は以下のようになります。

ソフト
バンク
LINEモバイル(音声通話付)
コミュニケーションフリープラン MUSICプラン LINEフリープラン
基本料金
(通話定額)
通話定額:
2700円
ライト:
1700円
ウェブ
使用料
300円
データ定額
1GB
2900円 1200円
データ定額
2GB
データ定額
3GB
4200円 1690円 2390円
データ定額
5GB
5000円 2220円 2720円
データ定額
7GB
2880円 3280円
データ定額
10GB
3220円 3520円
データ定額
20GB
6000円
データ定額
30GB
8000円
支払い
月額
4900円〜11000円+機種分割金 1690円〜3220円
+通話代金
+機種分割金
2390円〜3520円
+通話代金
+機種分割金
1200円
+通話代金
+機種分割

josei

例えばこれぐらい安くなる!

どれぐらい安くなるのかわかりやすく比較するために以下のプラン同士で比較してみましょう!

point8_4ソフトバンクの通話定額ライト/5GBデータパック
point8_4LINEモバイルのコミニュケーションフリープラン/5GBコース

ソフト
バンク
LINEモバイル/コミュニケーションプラン
通話料金
(基本料金)
通話定額ライト:1700円 20円/30秒かけた分だけ
ウェブ
使用料
300円
5GB容量 5000円 2200円
合計月額 7000
+機種代金
2220円〜+機種代金

この比較だけでみてみても、LINEモバイルで通話料金をうまく 節約できればその差額は4,780円/月となっています!これを年間にすると、57,360円となり約6万円の節約になるんですよね!

びっくりするぐらい安く使えるのでぜひとものりかえたいところですよね。

ただ、料金での注意点は通話料です。こちらも安く抑える方法があるので確認しておきたいところです。

arrow32-001LINEモバイルで通話料金を安くする方法(参考記事)

ソフトバンクからLINEモバイルにのりかえた時の違約金(解約金)

これだけの料金差があるので、ソフトバンクを解約する際の違約金に関しても問題ありません。

ソフトバンク解約金
契約更新月 0円
契約更新月以外 9,500

機種ごとの料金プランにより金額が異なる場合があるのですが基本的には上記の金額が違約金がかかってきます。

もちろん契約更新月に解約を行い違約金を0にすることがベストですが、更新月以外でも9500円となっています。

LINEモバイルとの料金差を考えて先ほどの比較に当てはめてみてもその差4,780円となるので、2ヶ月も使えば元が取れる計算になります。

つまりいつのりかえても違約金分はすぐに取り戻せるほどLINEモバイルの方がお得ということになります。

違約金がかからないタイミングで解約したい場合は契約更新月と締め日をチェックしておきましょう!

それでもソフトバンクでの契約更新月が近かったり、違約金がかからいないタイミングで解約をしたい場合もあると思います。

そんな場合は契約更新月と締め日をチェックしておきましょう。

契約更新月の確認の方法

この契約更新月はMySoftBankよりログインして確認することができます。

1.My SoftBankへアクセス

2.「料金プラン」欄の下に「更新月」欄がないかを確認
※「更新月」欄がない場合は、「料金プラン」欄内に更新月が記載されています。
※「更新月」欄がなく「料金プラン」欄にも更新月の記載がない場合は、契約更新月がない(契約解除料が発生しない)契約です。
softbank%e5%a5%91%e7%b4%84%e6%9b%b4%e6%96%b0%e6%9c%88

STEP2:締め日はいつなのかをチェック

次にSoftBank特有なのが、締め日がそれぞれユーザーによって異なるということです。

締め日は3種類にわかれていて、10日締め、20締め、末日締めがあります。

例えば11月から12月の1ヶ月間の利用分の場合だと以下のようになります。

締め日 利用期間
毎月月末 11月1日〜11月30日
毎月10日 11月11日〜12月10日
毎月20日 11月21日〜12月20日

ソフトバンクの中ではこの締め日は「ご請求締日」とされていてMySoftBankから確認することができます。

締め日の確認方法

1.締め日を確認したい携帯電話番号で MySoftBank にログインします。

2.サービス一覧から「ご請求書(内訳)の確認」を選択します。

3.「請求締日」で確認ができます。

これでコストをかけることなくソフトバンクを解約することが可能です。

機種代金の残債は支払う必要あり!

josei

機種代金の分割が残っている場合は払い切る必要があります!

もうひとつの心配はソフトバンクで購入したiPhoneやAndroidといったスマートフォン機種の分割代金です。

一括で購入している場合には支払う必要がありませんが、分割払いを設定している場合にはもちろん支払い切る必要があります。

機種代金の分割支払い期間は2年に設定されているため、2年以上の契約期間を過ぎている場合ではもちろん機種代金を支払う必要はありません。

しかし、2年以内に解約をする場合は、機種代金の残金があるので支払う必要があります。

この場合は機種残金を一括で支払うこともできますし、そのまま続けて分割で支払うことも可能です。

arrow32-001LINEモバイルの一番おトクな詳細はコチラ

ソフトバンクからLINEモバイルにのりかえる際のスマホ機種の詳細

josei

ソフトバンクからLINEモバイルへのりかえる方法は次の3種類!

SoftBankからLINEモバイルへMNPでのりかえるには以下の3種類の方法があります。

point8_4ソフトバンクで購入したスマホをSIMフリー化
point8_4SIMフリースマホを購入してのりかえ
point8_4LINEモバイルで端末を購入してのりかえ

ソフトバンクから他社へのりかえるにはたくさんの壁があるといわれていますが、ひとつひとつを確認していけば実際にはそんなに難しくないことがわかります。

ご自身にあった方法でいちばんお得で負担にならない方法でのりかえてみてくださいね!

arrow32-001LINEモバイルの一番おトクな詳細はコチラ

ソフトバンク機種のSIMロック解除(SIMフリー化)を行う方法

ソフトバンクで購入したLINEモバイルで利用するには、スマートフォン機種のSIMロック解除必要です。

SIMロック解除とは、SIMとは「Subscriber Identity Module」の略で簡単にいうと、ソフトバンクで購入した機種でも他社のSIMカードを使えるようにする設定でこれを行うことでLINEモバイルでも利用する準備ができます。

SIMロック解除をする前の確認

SIMロック解除をする前に確認しておかなければいけないのは、お使いの機種がSIMロック解除機能を搭載した製品かどうかということです。

2015年5月以降に発売された機種(SIMロック解除機能を搭載したものに限ります)のSIMロック解除は、購入日より181日目以降に可能となります。

購入日より180日以内の場合、SIMロック解除の手続きができないことになっています。

なお、2015年4月迄に発売された機種においては、購入日よりSIMロック解除が可能です。

また、解約済み製品のSIMロック解除の手続き可能期間は、解約後90日以内となっていますので注意してください。

SIMロック解除を搭載した製品
(2015年5月以降発売)
iPhone iPhone7、iPhone7Plus、iPhoneSE、
iPhone6s、iPhone6sPlus
スマートフォン シンプルスマホ3、DIGNO F、Xperia X Performance、AQUOS Xx3、AQUOS Xx2 mini、AQUOS Xx2、Nexus 6P、Xperia Z5、AQUOS CRYSTAL 2、AQUOS Xx、Xperia Z4、Galaxy S6edge

SIMロック解除方法

1、SIMロック解除をする携帯電話番号でMy SoftBankにアクセス(My SoftBankはこちら

2、SIMロック解除をする端末の製造番号(IMEI番号)を入力し「次へ」を選択
製造番号の確認方法

3、製造番号(IMEI番号)と機種名を確認し、「解除キーを発行する」を選択

4、SIMロック解除キー発行完了※SIMロック解除キーを紙などに控えましょう。

※iPhone/iPad のSIMロックを解除する場合は、解除キーは発行されません(解除キー不要)。

解除キー発行だけではSIMロック解除は完了していません。続けて以下の解除方法の操作を行います。

5、他社で発行したUSIMカードを機種に挿入し電源をONにする

6、SIMロック解除キー入力画面が表示されるのを確認

※iPhone/iPad の場合は、解除キーの入力は不要です。ネットワークに接続するとSIMロックの解除が完了します

7、SIMロック解除キーを入力し「ロック解除」を選択

8、SIMロック解除完了

確認ポイント1:店舗でSIMロック解除してもらうと有料!

もちろんSoftBankショップの店舗でこのSIMロック解除をしてもらうことも可能です。

しかし店舗でしてもらうと3,000円(税抜)の有料になってしまうということです。

一方でネット上のMySoftBankからSIMロック解除を行えば無料です。

なんだか理不尽な気はしますが、SoftBankでのルール上はそのような料金規定になっています。

だからこそ自分でMNPの準備から必要であればSIMロック解除をしたいですよね。

確認ポイント2:SoftBankの機種はLINEモバイルでも使用できる可能性大

もう一つの確認ポイントとしてソフトバンクの機種をそのままでLINEモバイルにのりかえるには使ってみないとわからないということです。

というのもLINEモバイルではSoftBank機種では公式サイトでの動作確認端末がありません。

ただSoftBankの端末ではLINEモバイルのSIMカードは原則利用できないことになっているのですが、ソフトバンクの携帯電話(スマートフォン)でも端末のSIMロック解除を行えばLINEモバイルのようなNTTDoCoMo系列の格安SIMでも利用が可能です。

ドコモとソフトバンクでは微妙に通信方式が違っていたりするので、LINEモバイルでは公式的に動作の確認をしていないなどの背景があります。

確認ポイント3:LINEモバイルで端末購入かSIMフリースマホの利用という選択肢もあり!

ソフトバンクの端末をそのまま利用するのを諦める場合には、対応しているSIMフリー端末やLINEモバイルで販売されているSIMフリー端末を購入して利用するのもおすすめです。

料金の割にはハイスペックで使いやすいスマートフォンが準備されているのが特徴です。

機種を選ぶ際のポイントは予算内でコスパが良い機種を選ぶということです。

というのもLINEモバイルの端末購入では分割払いができず一括払いとなっています。

現在販売されている端末であればコスパ的に評判が良いのは

point8_4HUAWEI P9 liteがオススメ

となっていますので機種選びの参考にしてみてくださいね!

arrow32-001LINEモバイルの販売端末の詳細はコチラ

ソフトバンクからLINEモバイルへののりかえまとめ

josei

ソフトバンクからLINEモバイルにのりかえてお得に利用しちゃいましょう!

以上ソフトバンクからLINEモバイルにのりえかえる際の詳細を徹底的にご紹介してきました。

これだけお得に利用できるLINEモバイルですが、唯一のデメリットといえばSoftBankのキャリアメールを使えなくなることぐらいかもしれません。

とはいってもソフトバンクを解約するわけですから当然ですし、Gmailなどのフリーメールでも代用可能ですよね!

point8_4MNPの方法を確認
point8_4解約のタイミングを確認
point8_4利用する機種を確認

以上をしっかり確認していちばんお得な公式サイトからLINEモバイルを申し込んでみてくださいね!

arrow32-001LINEモバイルの一番おトクな公式サイトはコチラ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。