mineo(マイネオ)のかけ放題はこの料金で絶対お得!通話定額より電話が節約になる

mineo(マイネオ)が5分かけ放題サービスをいよいよスタートです!

「mineoでんわ」として2017年3月1日(水)より提供を開始するのですが、mineoが以前より提供している通話定額30/60とどちらがお得なのでしょうか?

間違いなく5分かけ放題サービス「mineoでんわ」をおすすめします!

josei

mineo(マイネオ)がユーザーの声に応えてくれました!

mineo(マイネオ)が5分かけ放題を提供開始した背景には、ユーザーの声がありました。

auやドコモ、ソフトバンクといったキャリアではかけ放題が当たり前ですよね。

また格安SIMの中にも通話料を気にしない定額サービスでのご利用が増えている中、「mineoへ移行することでデータ通信料は安くなるけど、通話料が心配」というユーザーの声がありました。

そんな私達ユーザーにも安心して通話ができるようににかけ放題サービスの提供を開始することとなったのです。

arrow32-001mineo(マイネオ)の一番おトクな詳細はこちら

5分かけ放題のmineoでんわとは

mineoでんわとは短時間の電話の場合には、とってもお得になる通話かけ放題サービスです。

「5分かけ放題サービス」は月額850円で 5分以内の国内通話が、何度でも無料となるサービスです。

「mineoでんわ」アプリをダウンロードして、アプリから発信することで、通常の090番号(090/080/070)の通知で電話かけることができるので、通話相手にも番号が変わらず発信することができます。

5分かけ放題サービス
内容 5分間以内の国内通話が
無料でかけ放題
月額料金 850円(税抜)
初期費用 無料
利用方法 「mineoでんわ」(アプリ)をダウンロードして発信
番号通知 発信先には発信元の090番号がそのまま表示

5分以上の通話も安い

mineoの5分かけ放題サービスは5分以内の電話では無料ですが、5分間超過した場合の通話料も通常より安く電話ができます。

5分かけ放題サービスに
加入していた場合
5分超過後の通話料 10円/30秒

mineoでの通常の通話料は20円/30秒です。ですので5分かけ放題サービスに加入していた場合半分の料金で通話が可能です。

もちろんいちばん通話料を節約するためには、5分以内で一回切ることをおすすめしますが、いつもいつも5分で切ることのできる状況とは限りませんよね。

そんな場合5分以上の通話でも通常の半分以下の料金で済むということはメリットです。

5分かけ放題をつけると料金はこうなる

「5分かけ放題サービス」とプラン料金を合わせた料金は以下のようになります。

5分かけ放題サービスは音声SIMでの契約が前提になるので、mineo(マイネオ)ではデュアルプランでの契約となります。

ドコモプラン(Dプラン)

データ
容量
デュアル
タイプ
5分
かけ放題
合計
500MB 1400円 850円 2250円
1GB 1500円 2350円
3GB 1600円 2450円
5GB 2280円 3130円
10GB 3220円 4070円

auプラン(Aプラン)

データ
容量
デュアル
タイプ
5分
かけ放題
合計
500MB 1310円 850円 2160円
1GB 1410円 2260円
3GB 1510円 2360円
5GB 2190円 3040円
10GB 3130円 3980円

josei

10GBでも4000円以内ってとっても安いですよね!

かけ放題のオプションをつけて最安約2000円〜10GBの大容量でも約4000円で使えるならとってもお得ですよね!

このプランをキャリア(au/docomo/ソフトバンク)であてはめめる約6500円にもなります。

その差額2500円も節約になるのでキャリアを使うメリットはないかもしれませんね。

arrow32-001mineo(マイネオ)の一番おトクな詳細はこちら

5分かけ放題サービスと通話定額ではどっちがお得?

mineo(マイネオ)の5分かけ放題をつける際に注意点は、

point8_45分かけ放題と通話定額30/60の重複契約はできない

ということです。mineoで通話料を気にせず契約するには、通話定額がかけ放題を選ばなくてはいけないということです。どちらがお得なのでしょうか?

mineo(マイネオ)の通話定額30/60とは

mineoの「通話定額30/60」というのは、毎月決まった定額料金を支払うことで通常の通話料よりもとっても割安で電話がかけられるmineo(マイネオ)特有のオプションのことです。

プランは2種類あり、30分/月以内のライトユーザー向けの「通話定額30」と、比較的よく電話をする60分/月以内のミドルからヘービーユーザー向けの「通話定額60」です。

mineo通話定額
通話定額30 840円(税抜)
通話定額60 1,680円(税抜)

mienoでの通話料は20円/30秒なので、合計30分間の電話をした場合、通常であれば1,200円/30分の料金がかかります。

しかし通話定額30オプションに加入すれば、840円/30分の通話定額なので、最大360円もおトクになるということです。

ここで考えておきたいのは、最低どれだけの通話をすれば元が取れるのか?ということです。

この通話定額30に加入した場合、21分以上の通話をすれば元が取れて、それ以下なら損をしてしまうということです。

sec01_img30

通話定額60ならお得になる幅は広く、通常2,400円/60分かかるところがオプションに加入すれば1,680円/60分となり最大720円おトクになります。

先ほどと同じように最低どれだけの通話をすれば元が取れるのか?と考えると、

この通話定額60に加入した場合、42分以上の通話をすれば元が取れて、それ以下なら損をしてしまいます。

sec01_img60

かけ放題がお得な場合、通話定額がお得な場合

かけ放題か通話定額を選ぶ際にポイントになるのは自分はどういった通話をする傾向にあるのかを把握することです。

point8_41回の通話が長い場合
point8_4短い通話を頻繁にする場合

1回の通話が長い場合には通話定額、短い通話を頻繁にする場合にはかけ放題がおすすめです。

ただ通話定額の欠点としては申し込んだ通話定額の契約時間を超過した場合には、10円/30秒ではなく通常の20円/30秒の通話料がかかるということです。

mineo(マイネオ)だけじゃない!かけ放題のある格安SIMはこれ!

かけ放題とは、月々のオプション料金を支払うことで決められた時間以内での通話がし放題というものです。

mineo(マイネオ)以外にもかけ放題サービスを提供している格安SIMはたくさんあります。

・楽天モバイル
・IIJ mio
・OCNモバイルONE
・BIGLOBE SIM
・FREETEL SIM
・DTI SIM
・もしもシークス
・UQモバイル
・U-mobile
・b-mobile
・NifMo
・イオンモバイル

などです。一般的には3分〜5分が主流で中にはYmobileのような10分以内のかけ放題というものもあります。

通話がし放題といってもその中でも電話の種類が特に大切です。

point8_4通常型
point8_4プレフィックス型
point8_4IP電話

通常型は私たちが普段使う電話回線を利用した電話です。

プレフィックス型は電話回線を利用するのですが、相手の電話番号の先頭に特定の数字をいれることで発信を行うというものです。

IP電話とはインターネット回線を使った電話となるので、通話品質が通常型やプレフィックス型より劣る上に090番号(090/080/070)ではなく、050番号での通知となります。

mineoでんわはアプリを使ったプレフィックス型と考えられるので、通話品質も番号の通知心配ありません。

josei

人気のmineoにかけ放題が出てさらに人気に!

今までmineo(マイネオ)の欠点は通話かけ放題がないことだといわれてきました。

楽天モバイルでは楽天でんわが人気ですが、今回mineoがmineoでんわの提供をはじめてことで欠点がなくなったともいわれています。

auプラン・ドコモプランとも申し込めるマルチキャリアですし、通話かけ放題がでたことでさらにmineo(マイネオ)の人気が出ることは間違いなしだと思います!

arrow32-001mineo(マイネオ)の一番おトクなお申し込みはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。