【裏技!?】未成年が楽天モバイルを契約する方法があった!?

%e6%a5%bd%e5%a4%a9%e3%83%a2%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%ab%e6%9c%aa%e6%88%90%e5%b9%b4

格安SIM(格安スマホ)でシェアNo.1の楽天モバイルですが、未成年の契約はできるのでしょうか?

未成年と一口に言っても、お申込みに必要なクレジットカードの作ることのできる18歳や19歳の未成年、デビットカードを作ることができる15歳以上の未成年と様々です。

高校生中学生でも楽天モバイルは契約することができるのでしょうか?

結論からいってしまうと、20歳未満の未成年の楽天モバイルの契約はできません。

もし20歳未満の未成年の方が楽天モバイルを利用しようと思うと、親御さんの名義で申し込んだSIMカードや端末セットを使う必要があります。これはデータSIMでも通話SIMでも同様です。

josei

未成年が契約できる格安SIMはないの?

残念ながら楽天モバイルを未成年者の名義で申し込むことはできません。しかし、未成年の方が格安SIM(格安スマホ)を諦める必要はありません。

mineo(マイネオ)という格安SIM(格安スマホ)であれば未成年者でも申し込むことが可能です。

IIJmio、OCNモバイル、DMMモバイル、b-mobile、NifMo(二フモ)などの格安SIMもありますが、未成年者では契約ができません。

未成年者が格安SIMで契約するには、mineo(マイネオ)が圧倒的に多く人気となっています。

arrow32-001未成年者がmineo(マイネオ)を契約する方法(参考記事)
arrow32-001未成年者がmineoを一番おトクに申込むにはコチラ(公式サイト)

どうして楽天モバイルでは未成年者は契約できないの?

楽天のサービスでは、楽天銀行や楽天カードや楽天市場などがあってそれぞれ未成年者の利用は可能です。

ではどうして楽天モバイルだけは契約できないのでしょうか?

それは楽天モバイルだけでなくその他の格安SIM会社の問題で、未成年者を契約するには手続きは複雑で、手間がかかるということが正直なところのようです。

格安SIMのような携帯電話などで使うSIMカードでは、未成年者が申し込みをしてきた場合には保護者の同意があることを確認する義務があります。これは未成年者が犯罪に巻き込まれないように法律で決められていることです。

これは楽天モバイルのような格安SIM会社にとっては手間が掛かる作業である上に、未成年者が保護者に本当に同意を取ったかどうかはわかりません。嘘の同意を取ってきた場合にはトラブルにもなってしまいます。

それなら多くの格安SIM会社では始めから未成年では契約できないようにしておこうということになっているわけです。

 では、未成年の方は楽天モバイルでは申し込みを諦めるしかないのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。

条件付きで楽天モバイルで未成年者が契約できる?

楽天モバイルでは未成年の方が全く利用できないというわけではなく、未成年者の名義で申し込むことができないというだけです。

どうして未成年者の名義で申し込むことができないのかというと、楽天モバイルでは支払い方法がクレジットカードとデビットカード(楽天銀行デビット・スルガデビット)が原則となっていて、申し込み者の名義とクレジットカードの名義が一致していないと審査に通りません。

例えば、申し込み名義が未成年の息子さんで、クレジットカードがお父さんの名義のものだとしたら確実に審査は通りません。というより、申し込みができません。

そこで、利用するのは未成年の息子さんだけど、申し込み名義とクレジットカード名義をお父さんのものにしてしまえば未成年の方でも利用することは可能です。

これはキャリアでも同じことなのですが、多くの人は勘違いして「なんだ楽天モバイルは未成年は使っちゃいけないのか」と思ってしまいがちなのですがそうではありません。

ただ単に申し込み名義人として申し込めないということです。

josei

親御さんに許可をもらって申込みましょう!

間違っても、親御さんのクレジットカードを勝手に使って免許証などを勝手にアップロードして楽天モバイルで契約することはやめてくださいね。

親御さんに許可をもらって申し込むようにしてくださいね。

「スマートフォン代は自分で払いなさい」と言われている場合であれば、未成年は楽天もモバイルが申し込めないことを伝えて、支払いは現金で渡すようにするのがいいのではないでしょうか。

そうすればキャリアで使うよりも、ぐっと安くなりますしアルバイトの収入がメインになる未成年の方にはとっても助かるのではないでしょうか?

arrow32-001楽天モバイルの一番お得な申込みはコチラ

では、どうしても未成年の方が格安SIMを、申し込み名義人になって支払いも自分で行いたい場合はどうしたらいいのでしょうか?

未成年が自分名義で格安SIMを契約する方法

冒頭でも紹介しましたが、未成年者の方が自分名義で格安SIMを申し込むのであれば、mineo(マイネオ)なら可能です。

mineo(マイネオ)は楽天モバイルと同じドコモ回線を使えるプランと、au回線を使えるプランがある日本初のマルチキャリアです。

シェアでは楽天モバイルには劣るものの、関西電力のケイ・オプティコムが運営する信頼のできる格安SIM会社です。

どうしても楽天モバイルにこだわりのない、未成年者であればmineo(マイネオ)で契約するのも選択肢としておすすめです。

arrow32-001未成年者がmineo(マイネオ)を契約する方法(参考記事)
arrow32-001未成年者がmineoを一番おトクに申込むにはコチラ(公式サイト)

josei

まとめ:楽天モバイルでは未成年者は、本人申込みは諦めるか親御さんに申込んでもらうかの2択

では最後にまとめになりますが、楽天モバイルで未成年者は自分名義で申し込むことはできません。

楽天モバイルでの契約を諦めるか、申し込み名義と支払い名義を親御さんにしてもらって使わせてもらうしかありません。

20歳を超えたら名義を変更して自分名義にすることもできるので、親御さんに頼んでみるのもいいかもしれません。

にしてもそれぞれ事情はあると思いますので、納得のいく可能な格安SIM会社で契約してくださいね。

arrow32-001楽天モバイルの一番お得な申込みはコチラ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。