UQmobile(UQモバイル)でのガラケーに関しての全詳細!利用も乗り換えもOK?スマホと2台持ちでも大丈夫!

uq%e3%83%a2%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%82%ac%e3%83%a9%e3%82%b1%e3%83%bc

ガラケーには余計な機能がついていない上に通話料さえ気にすれば安く使えるので、意外と重宝している人が多くて、格安SIMでも使えたら便利だな〜と思うのですが、UQmobile(UQモバイル)では一定の条件をクリアしていたら利用できるのです。

またガラケーからスマホに乗り換えるときにUQmobile(UQモバイル)に契約を変えられるのかも気になるところですがこれももちろんOKです。!

あとはスマホとガラケーの2台持ちだとUQmobile(UQモバイル)だとどれぐらいお得に使えるのかも気になって、ガラケーとUQモバイルに関する疑問は尽きないのですが、全部大丈夫でメリット多いんです!

josei

UQmobile(UQモバイル)でのガラケーに関する全ての疑問を解き明かしましょう!

UQモバイルのような格安SIMであればスマートフォンでののりかえが主流のために、あまりガラケーに関しての情報が出回ってしません。

point8_4UQmobileでガラケーは使えるの?

point8_4ガラケーからUQmobileにスマホに乗り換える時の注意点

point8_4UQmobileでスマホとガラケーの2台持ちはオススメ?

を中心に紹介をしていきたいと思います。

arrow32-001UQmobileの一番おトクな詳細はこちら

UQmobile(UQモバイル)で購入できるガラケーの詳細

UQモバイルから以前はガラケーの販売はなかったのですが、端末セットとしての販売が現在ではあります。

ガラケーとはいわゆるパカパカケータイのことで、折りたたみ式の携帯電話です。

ドコモやauやソフトバンクのガラケーは主に3G回線という通信方式を利用しているのものが多いので、4G LTEしか使えないUQモバイルでは以前はガラケーの販売はありませんでした。

しかし、4G LTE回線で利用できるガラケー(ガラホ)が増えてきている背景からUQモバイルのような格安SIMでもガラケーの販売がされるようになってきています。

そういった背景はともかくとして、UQモバイルでもガラケーが使えるのはうれしいことですよね。

購入できるガラケー端末は次のものになります。

point8_4DIGNO Phone

特徴としては防水・防塵・耐衝撃なので、水にも、汚れれにも、万が一落とした際の衝撃にも強いということです。

ガラケーはスマートフォンよりも、もともと壊れにくく作られているのですが、防水などの機能はないよりはあったほうが絶対にいいですよね。

その他の特徴としては、

・メインカメラ800万画素
・おサイフケータイ対応
・テザリング利用可能

などです。バッテリー容量は1,500mAhとなっているので、充電はある程度長持ちするということになっています。

料金は次のようになっています。

これは端末料金込みでおしゃべりプランまたはぴったりプランで申し込んだ場合の料金となっています。

端末料金込みというのは、端末アシストといういわゆる端末の購入代金の分割払いみたいなのですが、それとマンスリー割というものが相殺されて実質端末料金はかからないとうことになっています。

おしゃべりプランやぴったりプランには、ガラケーでは利用することが多くなる通話定額が含まれているためガラケーでの申込みではおすすめです。

arrow32-001おしゃべりプラン・ぴったりプランの詳細

josei

UQモバイルでガラケー持つなら月額1,980円〜(端末込み)でOK!

ご覧の通り、UQモバイルでガラケーを購入して持つ場合には月々のお支払いが1,980円〜利用可能となっていて、しかもこの中には端末料金も含まれての料金となっています。

ただし14ヶ月目以降はそれぞれのプラン料金に1,000円加算されることになっているので注意が必要です。

こういったことを踏まえて、UQモバイルでガラケーを購入して持ちたい場合は上記の端末で利用が可能となっています。

arrow32-001UQmobileの一番おトクな詳細はこちら

合わせて読みたい記事
arrow32-001Ymobile(ワイモバイル)のガラケーはとってもおススメ!

UQmobile(UQモバイル)でauのガラケーを使う条件とは?

UQmobileでは公式的に動作確認端末として、auのガラケーが利用できることになっています。

ガラケーといっても正式には「ガラホ」という分類になっている機種での利用が可能です。

「ガラホ」とは従来型の携帯電話(ガラケーやケータイもしくはフィーチャーフォン)のような外観と使用感になっている反面、OSにはAndroidを採用していることから“ガラケーのようなスマートフォン(スマホ)”という意味で「ガラホ」と呼ばれています。

見た目や機能はほぼガラケーと思っていただいて結構です。


point8_4AQUOS K SHF32を利用

UQmobileでは公式的に動作確認が認められているのが、AQUOS K SHF32の利用です。

UQmobileでこのガラケーを使う場合、音声通話プランとなるので選択できるプランは以下の4つです。

ぴったりプラン 1,980円/月〜
たっぷりプラン 2,980円/月〜
データ高速+
音声通話プラン
1,680円/月
データ無制限+
音声通話プラン
2,680円/月

※ぴったりプランとたっぷりプランを申し込みの場合は2017年2月22日以降にはおしゃべりプランに自動的に移行します。

arrow32-001UQmobileのプランの確認はこちら

UQmobileでのAQUOS K SHF32の動作確認状況

SIM種別 マルチ(nano)
データ通信  ◯
通話  ◯
SMS  ◯
メール  ×
テザリング  ◯

OSバージョン→ Android4.4.4

aquos-k-shf32

AQUOS K SHF32のスペック

カラー アンバー/クリアホワイト/ボルドー
サイズ
(幅 × 高さ × 厚さ)
約51×113×16.9mm
(最厚部 約17.4mm)
重量 約128g(電池パック含む)
バッテリー 1,410mAh
充電時時間 約110分
連続通話時間 約660分
連続待受時間 約430時間(4G LTE)
au ICカード種類 au Nano IC Card 04
メモリ 内蔵 ROM約8GB/RAM約1GB

外部 microSD/microSDHC(最大32GB)

対応通信規格 4G LTE
最大通信速度 受信150Mbps/送信25Mbps
ディスプレイ 約3.4インチ(QHD TFT液晶)
カメラ 約1,310万画素 CMOS
防水

josei

AQUOS K SHF32のガラケーを持っているのであればUQmobileが確実!

AQUOS K SHF32を持っていて格安SIMで利用をしたい場合はUQmobileが確実です。

また、AQUOS K SHF32を持っていなくてガラケーを格安SIMで運用したい場合であれば、Amazonなどで中古端末を購入するのがオススメです。

わざわざauでAQUOS K SHF32を買うと2年契約の縛りがついてしまいますからね。

中古端末の購入の場合は、なるべく取引件数が多く、評価の高い店舗から購入するようにしてくださいね。

評価の高い店舗では良品である確率が高いので端末購入の際に失敗しないコツです。

ともあれUQmobileであれば無料通話や通話定額のプランもあるので、ガラケーを使ってよく電話をする人にもぴったりではないでしょうか。

スマホが普及しているからといってガラケーの需要はまだまだ高く格安SIMでの運用は賢い選択ですよね。

arrow32-001一番おトクなUQmobileのお申込みはこちら

UQmobileでガラケーからスマホに乗り換える時の注意点

今までガラケーを使ってきてこれからスマートフォンを使いたい人で、UQモバイルに乗り換えたい場合の注意点です、

今までガラケーだけの利用であればスマホデビューということになりますので、格安SIMを始めて使う人であれば心配もあるでしょうし、知りたいことも山積みだと思います。

しかしポイントさえ押さえてしまえば、キャリア(auやドコモやソフトバンク)のスマホを使うメリットないんじゃないかっていうぐらいお得に使えるので是非読んでみてくださいね。

通話料には気をつけて

UQモバイルのような格安SIMの弱点は、通話料に気を付かないと高くなってしまうということです。

通常の国内通話で20円/30秒がかかります。

キャリアのガラケーを使っていた場合、通話定額や家族間通話無料などの料金プランに加入されていることが多いと思いますので注意が必要です。

UQmobileではぴったりプラン・たっぷりプラン・おしゃべりプランでは無料通話や通話定額がついているのでそちらでの申し込みも検討してみるといいと思います。

またアプリを使った通話料節約方法もあるので要チェックです。

arrow32-001UQモバイルの通話料を安くする方法はこちら(参考記事)

キャリアメールがそのまま使えない

UQモバイルでは独自メールアドレスとして×××@uqmobile.jpのメールアドレスが提供され割り当てられます。(月200円の有料オプション)

しかし今までauやdocomoでソフトバンクで使用していた〜@ezweb.ne.jpや〜@docomo.ne.jpや〜@softbank.ne.jpは使うことができなくなることになります。

もちろん契約会社を変えるということなので当たり前のことなのですが、それを知らずに乗り換えてしまったら大変なので事前の理解が必要です。

でも今までのメールアドレスの変更の時と同様に、変更の旨を伝えるメールを送りさえすればいいのでそこまで深く考える必要はないと思います。

またスマホではLINEやSMSでの連絡を取り合うことの方が簡単なので多くなると思うので、キャリアメールが使えなくなるという問題は乗り換え当初だけだと思います。

電話帳移行は赤外線対応端末かmicroSDで

ガラケーからスマホへ乗り換える時に障壁にあるのは電話帳の以降ですが、これは赤外線通信microSDにデータを取り込めば問題なく次のスマホでも電話帳をそのまま使うことができます。パソコンでも電話帳の移行方法もあるのですが、おすすめは赤外線での移行です。

しかしスマホによっては赤外線通信ができない場合もあるので、申し込みの際にお使いになる端末での赤外線対応の機種かどうかを調べてから購入されることをオススメします。

赤外線通信が対応でなくてもmicroSDで電話帳データを移し替えればいいので心配はありません。

以上を注意すればキャリアよりも安くでスマホを使えるので料金を安くで使うことが可能です。

ガラケー+スマホの2台持ちもあり

上記で挙げたガラケーでの運用方法ではなく、どうしてもキャリアメールや通話定額が必要だけどスマホも必要だという人はガラケー+スマホの2台持ちもありだと思います。

キャリアのガラケーを2000円ぐらいで持って、UQモバイルのデータ高速プランだと月額980円、データ無制限プランだと1,980円で利用が可能です。

2台持ちなのに合計しても3000円〜4000円の月額料金ということになります。

どんな機種を選ぶかによって月額合計は変わってきますが、できるだけ機種代金の安いガラケーとスマホを選べば2台もっても5000円でおさまるはずです。

キャリアのスマートフォンを利用している場合の平均の月額料金が6500円ですから、2台持ちでこの方法はとってもお得だと思います。

またこの2台持ちをしているユーザーからの評判では、ガラケーで電話をしながらスマホの画面が見ることができたり、用途によって使い分けられることがメリットのようです。

UQモバイルのガラケーに関してのまとめ

josei

ガラケーをうまく活用してお得にUQモバイルを使いましょう!

UQモバイルでは一定の条件をクリアできればガラケーを利用できるし、ガラケーから乗り換えるの楽々簡単ですし、ガラケーとスマホの2台持ちでも安く使えます。

ガラケーは日本独自に進化を続けているので、日本人にはとってもぴったりな携帯電話だと思います。

これからもどれだけスマートフォンが普及しようと10%〜20%の人がガラケーを持ち続けるというデータもあるぐらいまだまだ日本ではガラケーが必要とされています。

それを格安SIMであるUQモバイルで活用できるのはとっても便利ですよね!

arrow32-001UQmobileの一番おトクなお申し込みはこちら



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。